TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

俳句 新着記事

NEW POST
help
  • アジサイの花と白色ムクゲ♪

    庭のアジサイの花も盛りを過ぎようとしています。アジサイの花色は同じさし木で大きく育っていますが、花の色が色々あります。アジサイの花は日本固有の花だそうです。花期は6月~8月です。殖やし方はさし木です。用途は庭木、鉢植え、切りです。花言葉は「冷たいあなた」と紹介されています。今日はアジサイの花と白色ムクゲを紹介致します。庭に咲いている「アジサイの花」庭に咲いている小雨の中の「アジサイの花」-アリが花芯に集まって来ています-アジサイの花と白色ムクゲ♪

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

    読者になる
  • 睡蓮

    睡蓮睡蓮の遠ざかりても刻明に睡蓮を見てよりこころ決まりをり数ある睡蓮の句の中でも、とりわけ好きな句がある。睡蓮の水に二時の日三時の日 後藤比奈夫睡蓮と言う花は、幻想的とよく言われるけれども、何か明晰な透明感もあって、特に白睡蓮は見た者の心のもやもやした芥を一瞬にして払ってくれるような、清涼な雰囲気を持っている。比奈夫の句は、睡蓮の浮かんでいる水に午後二時の日差しがあり、そしてまた午後三時の日差しま...

    ネコヤナギ

    A Cup of 俳句

    読者になる
  • 聖書のイザヤ書:その時、あなたは見て、顔を輝かせ、胸が高鳴って喜びに満ちる♪

    偉大な創造者エホバ神は、ご自分の預言者イザヤを用い、「女」、つまりイスラエルの首都エルサレムに、目を上げて周囲を見なさい、皆があつまり、あなたのもとにやって来る、と告げられました(イザヤ60:4)。このイザヤの預言は20世紀になり、「大群衆」が世界中から集まり、著しい成就を見ました。イエスの教えに基づく神の王国の良い便りの宣明の業による増加は、歓びをもたらしました(マタイ24:14)。イザヤは引き続き次のように記しています。「その時、あなたは見て、顔を輝かせ、胸が高鳴って喜びに満ちる。海の富があなたのもとに向かい、国々の資産があなたのもとに来るからだ」(イザヤ60:5)。特に1920年代~1930年代に行われた油注がれたクリスチャンたちを集め入れる業により、地上の神エホバの組織は大きな幸福に包まれました。とはい...聖書のイザヤ書:その時、あなたは見て、顔を輝かせ、胸が高鳴って喜びに満ちる♪

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

    読者になる
  • 本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2020年7月号

      惜しむべき春としもなく過ぎゆくよ 「春惜しむ」が季題で春。何か良くないことが起こった春だったのでしょう。それでも、時がものを解決するように過ぎ去っていくことだと感慨を深くしているのです。虚子に「時ものを解決するや春を待つ」の俳句がありますが、これは冬の間にややこしい出来事があったことになります。掲出句の場合は、謳歌すべき春を不本意に過ごし、それがようやくという気持ちを詠っています。いずれにして...

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 暮しの悲喜こもごも

    夕食に簡単レシピイタリアン野菜と卵美味しく食べた昼下がり小止みの街にブラリブラ稲穂がチラリ見え隠れする15:46下校の児童豪雨とかまだまだ続く中部では避難生活いかほど耐えるコロナと豪雨、共にきえることを望む暮しの悲喜こもごも

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • 蓮2

    [画像] 古代蓮 雲割れて朝日差したる蓮(はちす)かな [画像]にほんブログ村 [画像] ハス科の多年生水草。 [画像] 朝六時過ぎに家を出て、行田市の古代蓮の里を訪れた。 [画像] 既に多く…

    819maker

    俳句の風景

    読者になる
  • 梅雨のスキマに散歩🌂3

    キンシバイ(金枝梅)ノリウツギ(糊空木)アワモリショウマ(泡盛升麻)カワトンボの仲間↑オカトラノオ↓梅雨のスキマに散歩🌂3

    青萄

    空見日和

    読者になる
  • 疲れました! 雨の吟行

    今日も、よく降りました。まだまだ、夜も降る予報黄色い花は、「ウイキョウ」ハーブのフェンネルと同じらしいです。漢方の匂いがします。今日は朝から、雨の中吟行へ・・・はぁくじけずに、嫌にならずに、休まずに参加し続けていれば、きっと上手になるはず!見たものでさっと良い句に出来るようになる。そう信じて、皆勤賞で参加中です。が・・・今日も、自分が嫌いになっての帰宅です。これは、吟行の帰りに見つけた「ホテイアオイ」池にびっしり。どんなにびっしりかって?過ぎたるは及ばざるがごとし・・・多すぎて気持ち悪いワもう!って口が悪いですね(笑)八つ当たり。さきほど、携帯写真のメモリーを開いて見たのですが、これ、すごいですね。知りませんでした。勝手に写真がファイリングされています。旅行の場所別。そして、「モフモフのお友達」てファイルが出来...疲れました!雨の吟行

    ことり

    目指せ! シンプルライフ60代

    読者になる
  • 【蓮の花】26度小雨の涼しさも梅雨明けは・・結社ネット句会に殴り込み!0点必至の一言絶句を投句/新俳句入門

    新型コロナと旧型言語の終焉梅雨の青さ強まるまほろば最新作即興今日は昨日日曜の夕刻からの上野行きの疲れもあり、一日室内で本業の資料を捲るなどをして無為に過ごしました。何か変わったことがあるとすれば、結社ネット句会の締切日だということぐらいでした。実は私も無季自由律の【一言絶句】を応募しています。前回は通常句で3句中1句に1点入ったわけでしたが、この1点が結社のナンバー4(主宰の有名女流から数えて)のベテラン女流だった点が唯一特筆すべきところでした。この一言絶句3句は季感は十分あるものの、季語が無かったり、逆に季語はあっても季感は無いというものばかりです。共通するのは自由律であることです。どれも数年前に当ブログにアップしたものです。ほぼ100%0点ですが、万が一誰か1点入れば面白いことになります。さて、これからこの...【蓮の花】26度小雨の涼しさも梅雨明けは・・結社ネット句会に殴り込み!0点必至の一言絶句を投句/新俳句入門

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

    読者になる
  • 新聞ニュースから

    このたびの集中豪雨終息にほど遠いかな犠牲は遺憾①飯田市の犠牲者地図で示す②神社の神木の杉が根こそぎに。樹齢1200年の杉が、根こそぎに仮想では広葉樹ならこんなにもひどくはならぬ枝が折れると(根っこが土中にしっかり張り巡らされて、枝が折れるだけにとどまるはず。)針葉樹落葉樹との比較して雲泥の差あり根の強さの差こういうことも出来る:災害マップ地域の人たちの情報発信で可能人工のプラゴミの犠牲止むをえませんネ!新聞ニュースから

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • 久々のお散歩

    天気曇のち小雨気温も低く、雨も大丈夫そうなので久々にカメラを持って散歩に出た。公園の花壇の花も、かなり変わっていた。千日紅がメインの花に。いつものジニア(百日草)は、今年は白が咲き始めていた。名前の解らない花。新しいスマホのカメラには、撮った写真の花の名を教えてくれる機能が付いている。そこを見ると、アンゲロニア、という名らしい。ややこしい横文字は覚えられない。最近見かけるけれど、名前に興味はなかった。池には、もう蒲の穂とミソハギが。ミソハギは盆花でもあるので、普通は8月になると咲く。池の上にはツバメが増えてなんとなく夏の終わりの気配、でも、まだ梅雨明けの気配もない。さて、カルガモの親子は・・もう飛び立つ日が近いくらいに育っていた。これは先に産まれた方で、あとから産まれた方は、4羽育っているはずだ。前回来たときに...久々のお散歩

    KUMI

    KUMIの句日記

    読者になる
  • 荒梅雨

    『名画読本 日本画編』 赤瀬川 原平著 ちょっと前NHKの「日曜美術館」で「蔵出し日本画十五選」というのをやっていた。(このところはその世界編である)BS日テレの「ぶらぶら美術館」でも山下さんの「死ぬまでに見ておきたい日本画十選」というのもあり、同じような企画だなあと思う。恐らくコロナで新しい収録が出来ずそういうことになったのだろう。そんなこんなで日本画を通して鑑賞する機会があったのでTの書棚からこの本を拝借してくる。 テレビの企画ではNHKは古代の装飾古墳から始まり、日テレは平安末期の絵巻物からだった。両者に共通して選ばれていたのは等伯と雪舟と若冲であり、等伯と雪舟は赤瀬川さんのこの本にも登…

    octpus

    かかみの歳時記

    読者になる
  • ばんのよういをしていたら

    げんかんドアの ひらく おと おやあ だれか きましたか すぐに しまって けはいも きえて ははあん しんせき いつもの キュウリ おてて ふきふき いってみたれば でんきりょうきん りょうしゅうしょ なんで これ ポストでなく げんかんに ううむ こんなこと はじめて ひょっとして あめふりなので きをきかして おとしよりの おうちなもので きをきかして ありがたいっちゃあ ありがたい にしても ひとこえ かけて ほしいもの すこーし こわいっちゃあ こわい ポストで いいですから ポストで ふりつづき りゃうしゅうしょさへ あまやどり どれか一つをクリックいただくとうれしいです。 ↑いつ…

    読者になる
  • 脚 気

    令和2年7月13日(月)脚気:かっけ(夏の季語)ビタミンB1の欠乏症、肢のむくみや手足の痺れ等の症状がある。末梢神経を冒して下肢の倦怠、知覚麻痺、右心肥大,浮腫を来し、甚だしい場合は心不全により死亡することもある。白米を主食とする地方に多発した。江戸時代に「江戸わづらい」と言って多発した。この頃からきちんと精米された白米を食べる様になり、米糠(ぬか)や麦に含まれるB1が不足した。武士等の身分の高い人に多く、庶民の間に患者は少なかった様である。白米が美味しく、オカズを余り採らなかった事も要因している。明治時代にも続き、この時代に「国民病」と言われ、年間2万人もの死者が出たため、「伝染病」と診断した医者も居た様である。B1不足の原因には、「疲れやすい、イライラする、気分がすぐれない等ストレスによるもの、飲酒過多(お...脚気

    遊民ヤギ爺

    遊民ヤギ爺

    読者になる
  • サーバルキャット「うつぼ」、ようやく捕獲16日ぶり

    gooニュースhttps://news.goo.ne.jp/article/asahi/region/ASN7F470LN7FUTPB00Bサーバルキャット初めて聞く名前です。豹にソックリですね。ネコ科の動物も多種類ですね。でも、大きさからして、豹と同じであれば、ペットとするのは、いかがなことでしょう。元いた国の元の場所に野生でいるのが良いのでは?日本人は、珍しければ、すぐペットにする人が多いようですが・・・・・。ちょっと考えものですね。飼い主が世話を出来ないときは、どうするつもりでしょうね。サーバルキャット「うつぼ」、ようやく捕獲16日ぶり

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • 兼題は〝梅雨晴〟と〝梅雨明〟

    昨日は雨も一休みかもと、朝の雲が垂れ下がった空を見ていたらやっぱりだんだんと明るくなってきました。じゃあ、洗濯しなくっちゃと始めたのはよかったんですが、やっぱりダメ。ひどくはないのですが昼過ぎからパラパラと…結局お風呂場に干して、電気の深夜料金で乾かすことにしましたが、今朝の様子ではまあまあかな。でも、厚手のものやジーンズは洗いませんでしたものね…。まだ体験したことのないものの一つ。最近やたらと見かけるのが〝コインランドリー〟。聞くところによると布団や毛布などの大物も洗えて、大型乾燥機でフワッと気持ちよく乾くという。一度試したいと思いつつ…。こんなに増えるということは需要があるということでしょうからね。ところで、このところ大雨洪水注意報やその被害などに気を取られていたら、なんとコロナの感染者が東京ではうなぎ登り...兼題は〝梅雨晴〟と〝梅雨明〟

    ちわきの俳句の部屋

    ちわきの俳句の部屋

    読者になる
  • 全く...

    全くいつまで降れば気が済むの?!と言いたいほどよく降る雨だ。今日は、文芸誌「照葉樹二期」通巻29号の、推敲校正をして過ごした。年2回、春と秋の発行しているが今まで1度も遅れたことがないのは結構自慢だ。秋の原稿が出揃った。(いつも応援ありがとうございます)向日葵の空にくちづけするがごと全く...

    ryo

    ryo's my room

    読者になる
  • 3羽の雀 じゃれあう背中 梅雨弾く

    3羽の雀 じゃれあう背中 梅雨弾く

    あおじそ

    あおじその俳句メモ

    読者になる
  • 古雛

    葉音

    葉音ののんびり俳句

    読者になる
  • 休刊日

    〓 雨 21℃ (最高気温予想 25℃) 《今朝の体重》 63.8kg (対前日増減 −0.3kg 〓 ) 《バーチャル「日本一周」ウォーキング》  昨日の歩数計 4,240歩 7月合計 19km  累積 8,659km/8,955km (到達率 97%) ゴールまで 296km  四国中央市に到着、観音寺市への途上。→ …

    甘ん

    どん足日記

    読者になる
  • 曇りのち晴れ

    7月13日(月) 曇り 水草の葉っぱまあるく波の無く 焼酎を薄に入れて三杯目(焼酎)

    読者になる
  • いづくにも虹のかけらを拾ひ得ず 山口誓子

    いづくにも虹のかけらを拾ひ得ず山口誓子作者の求める虹の欠片はなんだろう幼年期の夢青年期の野望来し方に真剣に取り組めば取り組む程求めるものは昇華して遠くなりがちそれでもその欠片を拾った実感が欲しい拾ったことはないが求めることは止め理子と花井(小林たけし)【虹】にじ◇「朝虹」◇「夕虹」◇「二重虹」(ふたえにじ)夏、夕立の後などに特に多く見られることから夏の季語とする。大気中に浮遊している水滴によって太陽光が分散されて生じるもので常に太陽の反対側に見られる。まれにその外側に色の配列が逆の副虹が見えることがある。俗に朝虹は雨、夕虹は晴れと言われる。例句作者虹消えてまた虹立つも阿蘇らしや猿渡青雨佐渡までは届かぬ出雲崎の虹宇都木水晶花夕虹へ妻坑帽を捧げ干す工藤求基虹立つや母の手いつも濡れてゐて石川笙児行けどゆけど大虹のした...いづくにも虹のかけらを拾ひ得ず山口誓子

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 里の句会

    今日の一句里の句会

    明治郎と仲間達

    明治郎と仲間達

    読者になる
  • 睡蓮

       ...

    しばちゃん

    俳句 竹林の里

    読者になる
  • 児をおいて大人が先に水遊び

    梅雨晴間ツーリング 4    昨日は丹沢の登山口、大倉の水無川へ行ってきました 澄んだ冷た...

    チト

    ひびく

    読者になる
  • 安居

    「仁義礼智信忠孝悌」安居駐車場に戻ってすぐに「伏姫籠穴」に向かった。車で5分ほどの場所だが300メートル以上もある1本道を通らなければならない。対向車と出会おうものならどちらも逃げ場がないということになってしまう。<端と端に信号機でも付けてもらいたいような道だなぁ>と思いながら走り抜けた。立派な門が建っていた。<凄い門だなぁ。洞窟1つにこれだけのお金を掛けたんだ。当時の八犬伝の人気とはどれだけのものだっ...

    日向亮司

    ひこばえ

    読者になる
  • すぱあっと

    やっちまいました まいばん おふろの しゅうかんは あたま そりそり ひげ そりそり おかおって あんがい でこぼこ あるもんで おけけって あっちむき こっちむきで すすっと おわる わけじゃない コッチめの がんめん いちばんの なんかん おくちの わきに でっかい ほくろ とっしゅつして いるだけに ゆだんしてたら ざくっとね ざっくり こいつぁ まいった ちが とまんない そのむかし レスラー キラートーアカマタ かんむりめいは 流血大王 さしずめ コッチめ 流血小王 とほほ さくばん なんだか うれしくて ちょうしに のったら こんなこと いましめは やつぱりいずこ つゆのよひ どれ…

    読者になる
  • 【青葉木菟】のことなど

    鳥のことになった。鳥を撮るのは難しい。望遠を構える人たちを見るも、ただただ感心するだけ。その動きに動体視力がついていけない。ましてや、望遠の先を操るのは手慣れた人たちのすごワザである。野鳥図鑑はあるが、実物を目にして名は…。2016年末に岩手の庭でとらえたの

    chaoちゃん

    天晴鈍ぞ孤の日めくり令和

    読者になる
  • 丈山苑「秋月語りの会」打ち合わせ

     先週の木曜日(7月9日)の午後、来る9月6日(日)18:00から安城市の丈山苑で開催する「秋月語りの会」の打ち合わせを、語りの石川さん、オカリナの橘さんと、…

    shisyun

    空想俳人日記

    読者になる
  • 日本懐かし即席めん大全

     前に、「日本懐かし10円ゲーム大全」紹介したよね。同じシリーズの即席めんだよ。日本懐かし即席めん大全だよ。 やっぱ、チキンラーメンは凄いし。カップヌードルも…

    shisyun

    空想俳人日記

    読者になる
  • 茂り(令和2年7月18~19日掲載分)

    ◎ 茂り(令和二年七月十八~十九日掲載分) ● 令和二年七月十八日 土曜日  ○ 五月日々折々 その二十三 茂り 《今回の自選代表句と自句自解》 江戸川の川辺の木立に葉の茂り   五月晴れの江戸川。江戸川と「ふれあい松戸川」との間の木立の葉が青々と茂っている。若葉も美しい。 (五月中旬 江戸川松戸フラワーラインのポピーの花畑④) 江戸川の木立に茂る葉緑なり 江戸川の川辺の木立に葉…

    飯島 治蝶

    飯島治蝶の俳句ブログ(毎日更新・上位ランキング中)

    読者になる
  • 2020年7月13日月曜日

    僕の好きな俳句を紹介します。|2020年7月13日月曜日|僕の好きな俳句

    山内聡

    僕の好きな俳句

    読者になる
  • 脳が疲れてる

    一昨日あたりから (あ、自分ちょっとマズイ状態だな) と気づいた。脳がすごく疲弊している気がする。夜もちゃんと眠れない――のは、珍しいことではないが、それにしても眠れない。苛々する。特に理由もなく泣きたくなる。ものすごく食べたくなったり、逆に何も食べたくなくなったりする。……今度の連休のときは俳句を完全に忘れて、気分転換しよう。こういうとき、そばに猫がいてくれたりすると全然違うような気がするのだけど!...

    hisohiso

    猫まち

    読者になる
  • 梅雨晴2

    [画像] 梅雨晴の古墳の階を上りけり [画像]にほんブログ村 [画像] 梅雨が続いて、その合間に少しの間晴れることをいう。 [画像] 埼玉県行田市のさきたま古墳群を訪れた。 [画像] この古墳…

    819maker

    俳句の風景

    読者になる
  • 梅雨の雷

    金太郎

    句集「西瓜の種」

    読者になる
  • 黄釣舟(きつりふね)

        黄釣舟どの一輪も傘を差し /むく        (きつりふね どのいちりんもかさをさし) キツリフネ (2019.06.29 山中湖村:山梨県)  ツリフネソウ キツリフネはツリフネソウの近縁種と分類されている。 私が観察してきた限り、キツリフネと赤いツリフネソウは、それぞれ離れた場所に群咲いていることが多いというのが印象のだが、どうだろう。 もちろん例外もあるが。 キツリフネもツリフネソウもうつむ...

    むく

    渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜

    読者になる
  • 梅雨ぐもり

    もういいだろうと思っても、少し間をおいて降ってくる日が続いています。九州一帯の豪雨がもたらす被害は目を覆う惨状を呈しています。少しの合間をみて、久しぶりに大分河畔へ出てみました。水位は河川敷の散歩道まで上がった痕跡が見られましたが、この辺りは川幅が広いので被害はさほどの感でした。 Thankにほんブログ村...

    読者になる
  • アンスリュウムの花と我が家の「ボタンちゃん」♪

    昨年の5月に入院した時に、鉢植えの「アンスリュウムの花」をお見舞いに頂きました。立派な鉢植えなので大切にし、食堂の出窓に置いて世話をしています。生育環境は暖かい場所を好みます。花期は6月~9月です。殖やし方は株分けです。用途は切り花、鉢植えです。花言葉は「尽くす愛」と紹介されています。今日はアンスリュウムの花と我が家の「ボタンちゃん」を紹介致します。鉢植えの「アンスリュウムの花」私の命を助けた、我が家の「ボタンちゃん」-雨が降っていると超のんびりの姿で、何の悩みもない様子でじっとして過ごしています-アンスリュウムの花と我が家の「ボタンちゃん」♪

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

    読者になる
  • 西日さす人知らなくていい秘密

    yuhki

    風と光の散歩道、有希編

    読者になる
  • 2391 ふたまわり違う蛇年天の川

    天の川は秋の季語です。「ふたまわり違う蛇年天の川 直美」(ふたまわりちがうへびどしあまのがわ)〔季語:天の川(秋)〕

    直美

    紀本直美の俳句ブログ

    読者になる
  • 2390 夕薄暑市長が土建屋だった頃

    水害のボランティアされている方に頭が下がります。「夕薄暑市長が土建屋だった頃 直美」(ゆうはくしょしちょうがどけんやだったころ)〔季語:夕薄暑(夏)〕

    直美

    紀本直美の俳句ブログ

    読者になる
  • 2389 夕薄暑市長が土建屋だった頃

    水害のボランティアされている方に頭が下がります。「夕薄暑市長が土建屋だった頃 直美」(ゆうはくしょしちょうがどけんやだったころ)〔季語:夕薄暑(夏)〕

    直美

    紀本直美の俳句ブログ

    読者になる
  •   漆の花

    ダム湖の畔を散策中。眼下にダムを見ながら歩いていて、白い花を見つけた。何度か目にした花であったが、さて何の花?帰って、歳時記を調べると「漆の花」だと。★花漆こまごまと咲き日にけぶる上村占魚★迷ひ来し森の深さに漆咲く阿部ヒロ漆と知らず近づくと漆かぶれになったかも。ダム湖の散策道にはこのような森もある。植林をされた森と思う。木は等間隔で並んでいる。慎ちゃんは、首輪を外して放してやると、この森に駆け込んでしばらく飛び飛びをしながら走っていた思い出がある。栗が青い実を付けている。普通だと今は未だ栗の花の時期だ。青い栗の毬がここでは秋の到来を告げている。栗の花は良く匂う。饐えたような噎せたような人間の生の息づかいを感じる匂いである。毛虫のような、もくもくとした15センチもあるような房の花だ。この花は見慣れて、いて、良く知...漆の花

    何かをすてて 何かをひらおう

    何かをすてて 何かをひらおう

    読者になる
  • 瀞峡の小さな舟

    昨年訪れた瀞ホテルのスケッチ。階段を下ると小さな舟が止まっていました。

    のぼう

    のぼうのお絵描きと俳句日記

    読者になる
  • 梅雨のスキマに散歩🌂2

    ネムの花↓シチダンカ↓ムラサキシキブ↑チドメグサ↓ヤブカンゾウ↓梅雨のスキマに散歩🌂2

    青萄

    空見日和

    読者になる
  • 千葉市動物公園。

     姫君と千葉市動物公園に行ってきましました。来週からチーターとハイエナがお目見えするそうです。...

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 「枝豆の実入りと甘さ自賛せり」

    毎日3〜4時間は畑で草取りをしたり、収穫して毎食野菜を 食べるのが追い付かず漬物にしたり近所にお裾分けしたりす。 最近は枝豆が特に旨いね。 [画像]              [画像] …

    海の子

    メリンダ社長の備忘録

    読者になる
  • アヤメ

     月光に縮れて烏瓜の花 こう天気が良かったなら山へ行けばよかったと反省。雨の関係なく山へ行っていた時期もありますが、もう行けません。 自転車の子を真ん中に雲の…

    大山大介

    俳句とお星様と山歩き

    読者になる
  • ブロガーバトオオン

    いただきました くださったのは 石川の ずずねえさま vvzuzuvv’s diary 日本海 旅してたころに であったような 石川の いいところ おいしいもの たくさん おしえて いただいてます そうぞうの ペン画ですが まちがいなく びまじょであろうと いつも ココロやさしい コメントを ありがとうございます さて かんじんの ブロガーバトン いったい どうやれば うーんと えーと えーとね むりでしたー ごめんなさーい テンプレート かきこみ はりつけ どうやったもんだか さっぱり やりかた こちらに あるんですけど はてなブログのブロガーバトンのまとめ【困ったときにお読みくださいね】 …

    読者になる
  • 布団干す晴れ間短し蝉の声

    「晴れ間だ」 それだけでホッとする。 乾風が気持ちいい。 この暑さなら楽しい。 昨晩、風がひんや...

    鯨波

    濱松獺祭書屋

    読者になる