TOPICS
  • 生長の家の  講習会とその後  

    聖歌にて昼餉は遅く午後のこと順調に済み頂き物よ弁当3個と菓子会場のプログラムでは順調にあとの片付け協力したり会場の外15:12。ロビーでの出会いはみんな仲良しのハグのしあいで歓迎したよ有意義な1日を、ありがとうございました。生長の家の講習会とその後

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • たまには

    おひる おそとで いただきましょか こちら こめのはな 糀 ってかいて こめのはな うちのすぐちかくに おこめの 麺 なんですよ すばらしく ていねいに つくってあります おこめの めんですから ラーメンでなく フォーですね とりの あぶらも てつだって のどごしの よいこと ざいりょう すべて 地産地消 座長も まんぞく あっぱれな いっぱい こちらの 坦々風ピリ辛も いいですねえ 晩は コースメニュー なんですね 糀の おりょうり みたいですよ こんど また きてみましょ よそで いただくと しげきと ヒント いっぱい あって それも たまーに だからかな するすると のどをながれる りゅ…

    読者になる
  • 【寒し】早朝の寒風に耐え抜く・・熊野神社本殿前で《白狐》に遭遇!/新俳句入門

    寒風の続けざまなり祭りあと(新宿副都心)まほろば最新作即興今日は朝6時前に出発し、新宿副都心の高層ビル街の寒々とした突風をモロに受けながら出勤しました。業務中に小トラブルも起きましたが、何とか所期の目的を達成することが出来ました。早朝の凄まじい【寒さ】を潜り抜けたことに同情してくれた担当社員が、1時間早く終了してくれました。帰りには予定通り、中央公園の人工の滝の前でマイナスイオンを浴びました。その前に熊野神社に参拝しましたが、近所の犬の散歩の人が真っ白な大型犬を本殿前に座らせ写真を撮っていました。その神々しさはまさに【白狐】と見紛う神犬のようでした。ついでに都庁ビルの展望台に外人観光客に混じって登って来ました。南西の方角に富士山の頂上部分がクッキリと見られたのは幸運でした。新宿の繁華街は反対側の東口にあるのです...【寒し】早朝の寒風に耐え抜く・・熊野神社本殿前で《白狐》に遭遇!/新俳句入門

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

    読者になる
  • 生長の家の講習会で  

    友と行く講習会で参加して聖歌隊にも出演多忙インターネットを使って、三重・奈良の12会場で、同時開催会場・受付開始ぞくぞくと集結クラフト品の展示広範囲同時上映体験の話も友からシンミリ響くスロープでバリアフリー化ありがたい障碍者とか高齢者・謝意聖歌隊昼前にみな控室集合し歌仕上げの稽古本番は昼餉の直後部員たち終わるまで食お預けとなるハーモニーよろしく響き指揮者の聴衆たちの拍手盛大終了後に、控室にて昼餉。生長の家の講習会で

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • 潮路句会

    令和元年12月15日(日)潮路句会定例会日時:令和元年12月14日(土)13時~場所:大手コミュニテイ・」センター兼題:1)冬日、2)藪柑子、3)当季雑詠令和元年最後の俳句会です。大会議室、小会議室共に使用中、年末となり、連日各サークルや町内会等の打上げが行われて居り、この日も二つのグループが、忘年会(大会議室)小会議室は12時丁度に終り後片付けの真っ最中、、、、。急き立てる様で申し訳ないが、我々は1時からの予約済み、、、。急いで片付けられました。机の配置替え、短冊、披講用紙、清記用紙、短冊等を配布し、茶の準備をする。投句を終え、、、、来年度の行事日程、新年会(1月11日)、吟行等のお知らせの後、主催より今年1年のねぎらいがあり句会が始まる。藪柑子実の一つだに隠し得ず玲子潮路抄檻の鷹もつとも高き枝掴む玲子田終ひ...潮路句会

    遊民ヤギ爺

    遊民ヤギ爺

    読者になる
  • 曇りのち晴れ

    12月15日(日) 晴れ イルミネーション町はサンタの住む夜空 柔らかく白菜煮えて宴盛ん(白菜)

    読者になる
  • 今日の一句

    作品集は左下の作品集とブログから入って下さい。<br>日記には小説、俳句、映画、舞台、読書、など…。そして、枕草子。

    池窪弘務

             創作日記&作品集&枕草子

    読者になる
  • 女番長よき妻となり軒氷柱  大木あ

    女番長よき妻となり軒氷柱大木あまり世間にはよくある話だ。派手好みで男まさりで、その上に何事につけても反抗的ときている。将来ロクなものにはならないと、近所でも折り紙つきの娘が、結婚と同時にぴたりと大人しくなってしまった。噂では、人が変わったように「いい奥さん」になっているという。作者も、娘の過去は知っているので気がかりだった。で、ある日、たまたまその娘の嫁ぎ先の家の前を通りかかると、小さな軒先に氷柱(つらら)がさがっていた。もちろん何の変哲もない氷柱なのだが、その変哲の無さが娘の「よき妻」ぶりを象徴していると思われたのである。ホッとした気分の作者は、そこで微笑を浮かべたかもしれない。よくある話には違いないが、軒先のただの氷柱に「平凡であることの幸福」を見た作者の感受性は、さすがに柔らかく素晴らしいと思えた。『雲の...女番長よき妻となり軒氷柱大木あ

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 冬を詠む(4)

      句集「風紋」からにほんブログ村...

    読者になる
  • 販売フォーム "仮” 設置しました

    ありがたいことに、「地震と歌と生活と」、注文いただいております。少し、利便性をあげようと思いまして、注文フォームを作ってみました。屏風と靴 web shop 仮店舗フォームを使って送信されたものを受信後、振込先や在庫状況などを記したメールを送らせていただきます。入

    生田亜々子

    屏風と靴

    読者になる
  • 助けてとプラ片の声 冬の川

    12/14(土)酒匂川清掃ボランティア活動 台風19号で大量の流木とゴミが河川敷に堆積しています ...

    チト

    ひびく

    読者になる
  • 653 大根の白きを見れば食べたいな

    2019年12月15日 美山に行って、玉ねぎの苗に追い肥をしてきました。苗を買ったホームセンターに掲示してあった、玉ねぎの育て方をスマホで写真に撮ってある...

    岡野俳句

    岡野直樹の俳句ブログ

    読者になる
  • 賀状に添える句

    ジョグとウォークで バーチャル 日本一周に挑戦中。俳句で日常を詠っています。

    甘ん

    どん足日記

    読者になる
  • 山眠る

       林道を開きました。...

    しばちゃん

    俳句 竹林の里

    読者になる
  • 夜勤おやつ ブルボンプチ えびせん

    夜勤でのストレス発散目的でおやつを食べるようにしています今回はこれ、「ブルボンプチ えびせん」です 封を開ければ香ばしい甲殻類を炒った香りがします食べれば塩分…

    介護のかえる

    介護士のジャングル生活でお金がありません!

    読者になる
  • 太陰暦:霜月十九日 lunar calender Simotuki 19 day

    imatitukisayonakakaranoshutugyoniteasanityuutenkagayakihanatu居待ち月さ夜中からの出御にて朝に中天輝き放つ22:07居待ち月6:48の居待ち月6:48の東天昇天はもうすぐなれど見えないと残念ながら冬至に向かうおはようございます。天皇陛下のますますご清栄を祈ります。世界平和と国民の安寧を祈ります。サザンカツバキ太陰暦:霜月十九日lunarcalenderSimotuki19day

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

    読者になる
  • 討ち入り

    昨日、2月14日は討ち入りの日。そして、麻布俳句教室の句会の開催日でした。吟行地は小石川後楽園。句会の様子とメンバーの句は後日、レポートします。さて、赤穂浪士の討ち入り。旧暦の12月14日ですから、新暦ならば2月になりますが、新暦でも12月14日には「あ

    麻布俳句教室

    麻布俳句教室

    読者になる
  • アピール

     テニスラケット型ペンダント。 小さな真珠がボール。テニス好きをアピールぢゃ。...

    hisohiso

    猫まち

    読者になる
  • かくちから

    くれの ごあいさつが ぞくぞくと ありがとうございます ありがたく いただきます なにを おくろう なにに しよう かんがえるのは たのしいもの だけど けっきょく おんなじ 明太子に なっちゃうのかなあ 年賀状も じゅんびする じきに なりました コッチめ てがきの 年賀状 なにかこう かんがえるのは たのしいもの だけど けっきょく おんなじ パターンに なっちゃうのかなあ それでも おくり おくられる おもいやり おもいやる しわす だからこそ ゆっくりと じっくりと さいわいが とどきますよに としのくれ ↓どれか一つをクリックいただくとうれしいです。 ↑いつもありがとうございます。

    読者になる
  • “開戦日“は季語?!12/15’19

    ■傷痕にうすき瘡蓋  開戦日 …… きずあとにうすきあさぶた  かいさんび  No.1667   ……◆“真珠湾攻撃“の真実?!?   最近…こんなタイトルのドキュメント番組が増えたように思う。◆今まで公表されることのなかった資料が発見されたり、口を閉ざしていた人達が口

    Hiro

    Hike de 俳句

    読者になる
  • 手袋

    手袋の手を取れば頬赤かりきスタートは9時半である。しかしお客さんは早くからやってくる。近くに住むお母さんが二人の娘さんを連れて9時前にやって来た。会場内をワァーと元気よく走り回っていきなり私の前の椅子に腰掛けた。「ママ、これやりたい」それに応えるように、お母さんが「もう、こちら、よろしいですか?」と聞いてくる。<お母さん、私ではなく向こうにいる人がプロですから向こうの人に頼んでください。私の先生です...

    日向亮司

    ひこばえ

    読者になる
  • いたたまれずに九品仏界隈ポタ

    ひとり、養生が続いた。完治というわけでは無いが、いたたまれずに走り出た。目指すは九品仏界隈。紅葉探索もひとりおいてきぼり状態にあった。今回の道順に沿って載せる。溝の口から大山街道を走ると多摩沿線道路との交差点に出る。ここから、多摩川にかかる二子橋を渡る。

    chaoちゃん

    天晴鈍ぞ孤の日めくり令和

    読者になる
  • 【大師走】今日を乗り切り《師走》の句量産へ・・今夜カラオケバトル世紀の決戦!/新俳句入門

    アメとムチ飛び交う師走をひとりで生き抜くまほろば最新作即興今朝はもう起きています。都心での7時半からの業務にもうすぐ向かいます。その前に缶ビールを1本グイッと空け、これから入浴します。出発予定は5時45分頃です。気温は日中12度とのこと。風さえなければマアマアの【冬暖か】な一日になりそうです。終了後はその近辺を少し歩いて【一人吟行】を実施するつもりです。帰宅後の夜には、大好きなTHEカラオケバトルU-18【年間チャンピオン決定戦】が待っています。その注目度は俳句などの比ではありません。今日はまさにアメとムチの競演です。頑張りたいと思います。・・・《続く》【大師走】今日を乗り切り《師走》の句量産へ・・今夜カラオケバトル世紀の決戦!/新俳句入門

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

    読者になる
  • まちひろ音楽祭打ち合わせ12月

     週初めの火曜日(12月10日)、クラシティ3Fの市民交流センターで「まちひろ音楽祭」実行委員会がありました。 まずは、11月23日(土・祝)に開催された「ま…

    shisyun

    空想俳人日記

    読者になる
  • 公衆電話

     ガチャに公衆電話があったので、やってみた。  みんなケータイ使うので、公衆電話はありえないだろう。そんな公衆電話、懐かしい。  出たのは、なんだ一番新しい公…

    shisyun

    空想俳人日記

    読者になる
  • 栗 (令和元年12月21~22日掲載分)

    ◎ 栗 (令和元年十二月二十一~二十二日掲載分) ● 令和元年十二月二十一日 土曜日  ○ 十月日々折々 その二十一 栗 《今回の自選代表句と自句自解》 旅先で栗の木見つけ栗拾い  秋の旅。正丸峠を正丸トンネルを潜って通り抜けた。より山間に入ったことになる。トンネルを抜けると、程なく「道の駅果樹公園あしがくぼ」に着いた。道の駅の駐車場から施設の方へ歩いて行くと、駐車場の崖の下に栗の…

    飯島 治蝶

    飯島治蝶の俳句ブログ(毎日更新・上位ランキング中)

    読者になる
  • シンビジウムと12月のバラ

    かかり付けの医院の玄関に、シンビジウムの花が見事に咲いています。この医院は、患者様のお気持ちが少しでも和むように、駐車場から玄関に至るまでバラや他の花々が咲き、楽しめるように気遣いをされています。シンビジウムの花期は11月~5月です。用途は切り花、鉢植えです。殖やし方は株分けです。花言葉は「激情」と紹介されています。私はシンビジウムの咲いたイメージから「広がる愛」の花言葉にしたいです。今日はシンビジウムと12月のバラを紹介致します。かかり付け医院の鉢植えの「シンビジウム」バラの愛好家の美しい「バラ」-下の写真はバラの花を盗む不届き者が居るので忠告書です-シンビジウムと12月のバラ

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

    読者になる
  • 寒夕焼

    寒夕焼鬼の戻らぬかくれんぼ 「物語るよりは、一句を読み手にあずけるぐらいが良い。 言葉を小さくつかうのではなく大きくつかう、既成の物語から 言葉を解放して、そして新たに一句を構築していくということ。 そこでは説明しない勇気、それも必要である。」 揚句、この言葉の通りというわ...

    たいぞう

    今日も俳句日和

    読者になる
  • 聖書のイザヤ書:耳の聞こえない人たち、目が見えない人たち、とは誰のことですか?

    神エホバは、イザヤを通して、ご自分の民の歩む道を整え、ご自分の民を見捨てないことを言明されました。さらに偶像礼拝者は恥をかくことも明らかにされました(イザヤ42:16、17)。神エホバの教え・ご意志を守り行なう忠実性と従順の重要性をイザヤを通して明らかにして来られました。それは、今日も同じです。神エホバの選んだ僕・イエス・キリストは死に至るまでもみ父エホバに忠実で従順でした(フイリピ2:5~8)。しかし、神エホバの契約下にあったイスラエル人は、不忠実な僕となりました。霊的な意味で耳があっても聞こえない人たち、目がっても見えない人たちとなったことを明らかにされました。そのような不忠実な人たちに、神エホバはイザヤを通して次のように言われました。「耳の聞こえない人たち、聞きなさい。目が見えない人たち、よく見なさい。目...聖書のイザヤ書:耳の聞こえない人たち、目が見えない人たち、とは誰のことですか?

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

    読者になる
  • 大当たり、小当たり

    およしさん、ふぁいとお!! 191214 『 白鳥の声持ち帰る夕間暮れ  およし 』

    およし

    風を感じて 光を感じて

    読者になる
  • 2019年12月15日日曜日

    僕の好きな俳句を紹介します。|2019年12月15日日曜日|僕の好きな俳句

    山内聡

    僕の好きな俳句

    読者になる
  • 白菜

    [画像] 白菜に立姿とふありにけり [画像]にほんブログ村 [画像] アブラナ科の一・二年生葉菜。 [画像] 中国北部原産。 明治初期に日本に渡来し、品種改良を経て明治末年頃 に栽培技術が確…

    819maker

    俳句の風景

    読者になる
  • SIMカード。

    虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 柚子湯

    painting by サンデーKU    孫と入る柚子湯の由来など聞かせ   土屋 覚 この時期になると必ずこの句を思いだす。5年前に亡くなった「あだち野」の前・同人会長の句だ。 某国の大使館に勤務していたお嬢さんが、アフリカ系の男性と結婚したために、古い風習の残る

    十志夫

    俳句と主夫の間で(2)♬

    読者になる
  • 遠火事のサイレンに犬吠えはじむ

    yuhki

    風と光の散歩道、有希編

    読者になる
  • 介護士俳句を一句 季語「焚火」

    夏井いつき先生の「365日季語手帖」を使って俳句を作る修行を行います   夏井いつきの365日季語手帖 2019年版 / 夏井いつき 【本】 …

    介護のかえる

    介護士のジャングル生活でお金がありません!

    読者になる
  • 【真美女】私にいま必要なもの・・こんな人ともっと早く出逢っていたなら/俳句ファンタジー(5)

    私にいま必要なもののすべて冬の街まほろば最新作即興夕暮時の散歩コースである駅前公園は、いつからか私のまぼろしの庭のようなものになっている。時折、そこにはこの世のものとは思えない奇遇が訪れる。近所の主婦Tさんとの遭遇がそれである。彼女は小型犬2頭をいつも連れている。そのうちの1頭はもう眼が見えず、歩かせることなくいつも抱きかかえている。もう1頭はまだまだ元気で、彼女の足元で照れ臭そうに佇んでいる。・・・《続く》【真美女】私にいま必要なもの・・こんな人ともっと早く出逢っていたなら/俳句ファンタジー(5)

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

    読者になる
  • 遠石八幡宮で「御煤納」。「煤払い、煤逃げ」の俳句

    煤払い、一挙にやるか、ちょびちょびやるか?それが問題だ??🤔🧹銭湯や煤湯といふを忘れをり石川桂郎煤逃げのままに戻らぬ男かな前田貴美子煤逃の揚げまんぢゆうの列につく根橋宏次1年の汚れすっきり 遠石八幡宮で「御煤納」 https://t.co/KVioMEPIwW @YouTubeさんから— 俳人1号 (@haijin1gou) December 14, 2019 12月13日。煤払いの日。(俳句&カレンダー)●俳句に関するニュース、役立つ情報を知りたい方は、チャンネル...

    俳人1号

    俳人1号のHAIKU*俳句

    読者になる
  • Born to Run!! #12 キロ6分の身体

    春ランに向けて元気に練習中 筋肉量43に到達まぁ、でも家庭用の体組成計なんてあんまり当てにならないけどねw 今日のラン&トレーニング今日のランニングキロ6分1…

    介護のかえる

    介護士のジャングル生活でお金がありません!

    読者になる
  • 暖房

    『ナガサキ』 スーザン・サザード著 宇治川康江訳 著者は若い日に留学生として来日。修学旅行で長崎を訪れ初めて原爆の被害ということを知ったと言う。その後たまたま被爆者の谷口稜曄氏のアメリカ講演ツアーの通訳を引き受けることになり彼をはじめとする被爆者たちの戦後に深い関心を抱くようになった。 この本は彼女のそういう動機から始まり谷口氏や他の四人の被爆当時の状況や戦後の苦しみを縦軸に当時の日米の政府の動き・社会状況などを同次元的に書き進めた壮大な歴史書である。 さて最初から五分の一ほど被爆当日の描写まで読み進めてきたのだが何とも重苦しい。大きなため息をつきながら読んでいたら「今はそんなのを読むのは止め…

    octpus

    かかみの歳時記

    読者になる
  • なんとタンノイ

    こんな スピーカー おいてる おうち はじめて これはもう かんぜんに 楽器ですねえ 生音至上主義の コッチめですが 録音のさいげん ってよさが この耳にさえ 音に つつまれる ここちよさ まどのそと いちめん 玄界灘 ずうっと ここに すわってたい レコードの コレクションも はんぱじゃあない いちんち いちまい きいても まあ十年は CDあわせりゃ なおのこと ゆめのような ひととき でした ま たまには こんな セレブリティな きぶんも おだやかに よせてはかえし ふゆのうみ ↓どれか一つをクリックいただくとうれしいです。 ↑いつもありがとうございます。

    読者になる
  • 俳句 蕪村

     エッセイ    きくの露うけて硯のいのちかな               与謝蕪村 きくの露を集めて墨をすったとはおもわれないが なんとなく 寿ぎを思わせる…

    どくだみ

    俳句であそぼ

    読者になる
  • 倉吉農高、シクラメン出荷の準備中。シクラメンの俳句

    日本の農業、若者頑張れ!!飾窓の牛肉とシクラメンと種田山頭火燃ゆるてふ白のあるなりシクラメン芳野年茂恵紅の微笑むやうにシクラメン岡野ひろ子鮮やか500鉢 倉吉農高、シクラメン出荷準備大忙し 日本海新聞 https://t.co/VlbFeY3sdo @YouTubeさんから— 俳人1号 (@haijin1gou) December 14, 2019 ●俳句に関するニュース、役立つ情報を知りたい方は、チャンネル登録をお願いしますね♪→俳人1号のYouTubeチャンネル...

    俳人1号

    俳人1号のHAIKU*俳句

    読者になる
  • 帰り花

    ♬この道 土手は♬自転車を並べて学校へ行った道♬雲雀が鳴いて 芒も揺れた♬あの子が休むと淋しゅうてならぬ♬その日は学校が遠かった 遠かった川土手を歩...

    金太郎

    句集「西瓜の種」

    読者になる
  • 再会

    ものすごく久しぶりに某氏とお会いした。10年、いや13年ぶりくらいだろうか。  本当はもっと長いことお話しなどする予定だったが、母の調子が悪いので、ランチのみで。俳句の話やら共通の知人の話やら、楽しい時間を過ごしてきた。以前より、ものごしが柔らかくなられたような。ワタシは……(オバさんになったなあ)と思われたかもしれん(笑)その方が行ってらっしゃる東京の某句会の俳句など拝見。おおー 皆さん攻めている、面...

    hisohiso

    猫まち

    読者になる
  • お気に入りは〜

    クリスマスシーズンになると出てくるお気に入りのCD「ハワイアンクリスマス」これが乗りが良くて飽きがこない。さて、今日は小さなツリーを新調した。昨日のライヴのMCで、月日が矢のように過ぎるのは、加齢による「好奇心」「感動」などが薄れているからということ(チコちゃんに叱られるより)子どもの頃の「期待感」とかも薄れていく今日このごろ、せめてクリスマスのわくわく感を..。冬の夜の語らい夢を馳せながら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。いつも応援ありがとうございます!ブログをお持ちでないかたはいつものようにコメント欄にてお返事いたしております。ブログをお持ちの方は必ず訪問して応...お気に入りは〜

    ryo

    ryo's my room

    読者になる
  • 聴き惚れるネ!・・・♪(京急品川駅ホーム)

    1年に何回通るだろう。京急品川駅のホームは、羽田空港から東海道新幹線に乗り継ぐ時、必ず通る場所である。行く時はあまり気にしないが、帰りの新幹線品川駅から京急品川駅へ向かい、そこから羽田空港行きの電車に乗る時、京急品川駅のホームの混雑は大変なことになっている

    豆作

    北の(来たの?)獣医師

    読者になる
  • 雪催(ゆきもよい)

        ふるさとの斯くも懐かし雪催        (ふるさとのかくもなつかし ゆきもよい)    ゆつくりとこれからのこと雪催 /むく        (ゆっくりとこれからのこと ゆきもよい) 寒い大陸から来たんだね、カシラダカ (2019.11.30 山中湖村:山梨県南都留郡) 遁走曲 雪もよいにはセロのフーガが鳴る。 例のニ短調のではない、もっと懐かしい …賢治の不器用なセロ弾きが弾く わびしい楽曲。 わた...

    むく

    渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜

    読者になる
  • もつと軽くもつと軽くと枯蓮  藺草慶子

    もつと軽くもつと軽くと枯蓮藺草慶子緑あふれる蓮の葉、高貴で香しい蓮の花の時期を通り過ぎ、蓮の骨ともいわれる枯蓮は、耐えがたい哀れを詠むのが倣いである。ところが掲句は一転して、蓮は枯れることで軽くなろうとしているのだと見る。日にさらされ尽くした蓮は、風に触れ合う音さえも軽やかである。それはまるで植物としての使命を終えたのちに訪れる幸福な時間にも思われる。黄金色に輝く杖となった蓮の「もっともっと」のつぶやきは、日のぬくみとともに作者の胸の奥にも静かに広がっていることだろう。『櫻翳』(2015)所収。(土肥あき子)【枯蓮】かれはす◇「枯はちす」◇「蓮枯る」◇「蓮の骨」枯れ果てた蓮の姿。冬になると、葉柄が腐って葉身を支えきれずに折れたように垂れ下がる。夏場の爽やかで華やかな姿はすっかり影をひそめ、水面にうなだれて広がる...もつと軽くもつと軽くと枯蓮藺草慶子

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 俳句 草田男

      あたゝかき十一月もすみにけり             中村草田男 今年の秋は急に寒さを覚える年になった。 その秋も終わりはや師走もなかばになりました。 あ…

    どくだみ

    俳句であそぼ

    読者になる