TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

純愛詩 トップ

TOP help
  • 1位
    恋詩の世界

    恋詩の世界

    恋詩の界へようこそ きっとあなたの恋が見つかると思います 片思い 失恋 両想い 色々です

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    お知らせ

    小さなしあわせがいつも笑顔で溢れていますように

    yumi ♡

    お知らせ

    読者になる

続きを見る

  • 死詩

    死詩

    魂の社より流れ出る血は罪の証。 死の匂いのする詩、探して居ります。 御気軽にどうぞ。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 16人

  • さみしがりや

    さみしがりや

    さみしがりやなココロ... そんなココロがこぼれ落ちてしまう時。 気軽にトラックバックして下さい。

    テーマ投稿数 138件

    参加メンバー 27人

  • 個性的な詩

    個性的な詩

    個性的な詩、面白い詩、色々集まってくださいな!!

    テーマ投稿数 200件

    参加メンバー 27人

  • 物語詩・耽美詩

    物語詩・耽美詩

    物語性のある、詩、短歌、俳句など詩歌全般。耽美な世界をテーマとしたもの。

    テーマ投稿数 314件

    参加メンバー 42人

  • 孤独・涙・感情

    孤独・涙・感情

    悲しみ 喜び 怒り 復讐 苦しみ 憎しみ 愛しさ 恐怖 それはすべて、ある感情があふれ出て、押え切れなくて涙を流すから。そしてなりより孤独と向き合うからこそ流れる。 孤独・涙・感情を語るものなら、なんでもどうぞ。

    テーマ投稿数 867件

    参加メンバー 131人

  • 自由律俳句

    自由律俳句

    難く考えず自由にお願いします。 ちなみに自由律俳句とは 自由律(じゆうりつ)とは、五七五の定型俳句や五七五七七の定型短歌に対し、音数にとらわれない主張、またはその作品をいう。 俳句では季語にも縛られず、心の動きをそのまま自由に、かつ自然に表現するとする主張もあるが、通常は一句一律、内容に即した律を持つという主張である。これを内在律ともいう。 文語や「〜たり」「〜けり」「〜かな」などの古典的な言葉遣いを避け、現代口語で表現するということも特徴の一つである。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    テーマ投稿数 181件

    参加メンバー 11人

  • いろんな形の恋愛 結婚

    いろんな形の恋愛 結婚

    たくさんの形の恋愛があると想う中、 心の中にはいっぱい言葉に出来ない気持ちがあると そう思います。 ここで、ポエム(詩)でも手紙でも 日記でも 独り言でも、言の葉にしてみませんか?

    テーマ投稿数 6,480件

    参加メンバー 513人

  • 宇宙の童話

    宇宙の童話

    宇宙の夢、宇宙への夢を童話、絵本という形で語ります。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • ☆恋愛詩☆

    ☆恋愛詩☆

    恋愛詩だったらどんなのでもいいよ♪ どんどんトラバしちゃってください!!

    テーマ投稿数 2,452件

    参加メンバー 112人

  • 恋愛のカタチは一つじゃない。

    恋愛のカタチは一つじゃない。

    愛や恋のカタチってひとつじゃないですよね。 相手が年上であれ、年下であれ、同性であれ異性であれ、いや、たとえ人外の者であろうとも。 好きな気持ちに変わりはないはず。 愛するが故に傷つけあったり、反目しあったり、身を捨てても守ろうとしたり、必要以上に我侭になったり。 ここはそんな色々な愛の話、恋の話を書いてる人のコミュです。 恋愛がメインでなくても、「愛」がお話の大事な部分を占めている話なども歓迎します。 色んな愛物語、恋物語をお寄せください。

    テーマ投稿数 931件

    参加メンバー 78人

続きを見る

  • 愛の唄

      君がいてくれたから  わたし強くなれたの    君が教えてくれたの  わたしは弱いんだってこと    だから、いつか言えたらいいな   何かをいつか君に …

    葉月☆夜 愛の唄
    読者になる

続きを見る

  • 白い百合をあなたに

    女の子を好きになっちゃう私。詩でもなく、小説でもない。心のかけら。 官能小説も書いているけれど。純愛な自分もいます。 それだけじゃないけど。いろいろ書いています。 お引越ししました。

    読者になる

続きを見る