TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

恋愛詩 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    眩しさに耐えられなくて・・・

    昨日は久しぶりの秋晴れでした。ずうっと雨だったから凄く気持ちが良いのだけれど何故か居心地が悪いのです。長い間 暗い空に慣れ過ぎてしまったから蒼穹の眩しさに耐えられないのかも知れません。雨上がり抜ける青空 眩しくて闇を求めて 貴方のもとへ迷いつつ木戸をくぐれば淫ら火が怯える心 包んでくれる縄化粧熱い思い出 捨てるため晒した乳をきつく絞られ闇の淵心震わせ その手を待つの夢にまで見た 面影追って雨上がり...

    風花(かざはな)

    眩しさに耐えられなくて・・・

    読者になる
  • 2位

    悲しき愛

             歌詞 曲 :Hiro4 光が眩しければ眩しいほど影は濃いあなたに捨てられてからこの哀しみの影は濃い 短い日々だけれど深く深く愛されて心の内側に血が滲んでいるいつまで堪えていられるだろう 本当はあなたなんかこの地上にいなかった自分で創りあげた幻だと言いきかす 心の内側に血が滲んでいるいつまで堪えていられるだろう...

    すなふきん7

    悲しき愛

    読者になる
  • 3位

    月の雫

    2020年9月27日未明女優の竹内結子さんがお亡くなりになりました。彼女の心の中で何が起こったのか?私には知る由もありませんが自らの手で、その華やかな舞台の幕を閉じたのです。美しく表舞台で輝いていた光が消えると、裏舞台で這いつくばって生きている自分が余計、惨めに思えて来ます。多くの男性の見世物にされ、玩具として犯されるためだけに生きている私。お客様が、私の中で果てて下さるまで、まるで犬のように丸裸で首輪...

    読者になる
  • 4位

    この空のように綺麗な心を、人はきっと何度絶望に転んでも、心に抱き締め生きてゆくだろう。

    おはようございます😊今日は岩手は、雲がかかり曇っていましたが、昨日はこんな清々しい秋晴れでした。優しい空を見上げていると休んでいたときに皆さんがかけてくださ…

    包み込むような愛を

    この空のように綺麗な心を、人はきっと何度絶望に転んでも、心に抱き締め生きてゆくだろう。

    読者になる
  • 5位

    忘れられない日々

    消えちゃうならそれだけの人って解っているけど

    ナミネ.ヒカリ

    忘れられない日々

    読者になる
  • 6位

    百合の契り4:出逢い

    最近、私、菜摘お姉さまに再会してから、自分が少しだけ明るくなった気がします。そもそも、生まれつき優柔不断でウジウジするタイプ。何かネガティブな出来事が起こると、気持ちが暗くなり立ち直れなくなる面倒な性格なんですが、お姉さまが近くに居ると思うと何故か、安心出来るんです。ところで、先日、あるブロ友様から、何故、私達が姉妹なのかと聞かれました。そう言われてみれば、私達が姉妹になったのは、FC2ブログを始...

    風花(かざはな)

    百合の契り4:出逢い

    読者になる
  • 7位

    遮光

    音楽を聴いてリフレッシュする人多数いると思う光を浴びるとなんか疲れる感じがする光を遮断すると落ち着きを感じるにほんブログ村

    読者になる
  • 8位

    悪口を悪口と思わない

    愛は人の悪を思わないこれは鍛錬すると何を言われても平気になる神の霊が私に宿っているし決して悪口を否定してないのになんとも思わないヨハネです

    ヨハネ

    悪口を悪口と思わない

    読者になる
  • 9位

    中秋の夜空を見上げて.

    中秋の夜空を見上げて 星と月が 夜の主役の様に ボクとキミは この恋の主役 中秋の夜空を見上げて 藍色の優しい闇の中で 胸にある言葉を 紐解き合えば まだ若いススキの穂が 月風に煽られ 揺れている 静かな夜長 月の下 二人きり… ぎこちなく 触れた 指先も恥ずかしくて… 言葉もどかしくも 安らぐひと時 今…キミが隣に座っている そのことが…今の僕には幸せすぎて… 肌寒い風が運ぶ 秋の気配 黄昏て

    藍 詩 (アオシ)

    中秋の夜空を見上げて.

    読者になる
  • 10位

    好きだから

    なんだろうね?愛ってボクに出来る事ってキミが喜んでくれる事ってキミが笑顔になれるならボクは何でもするどんな事でも無理だと言わない逃げないし立ち向かうボクが命を…

    まぁ

    好きだから

    読者になる

続きを見る

  • ともだちのうた(日記・詩・歌)

    ともだちのうた(日記・詩・歌)

    友達のことを書いたらトラックバック☆ 幼馴染、クラスメイト、親友、友達との思い出、久しぶりに会った友達、友達に捧げる詩、友達のことを歌ってみた、友達の似顔絵、など。 何でもこーい!!

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • PureHeart〜心のままに

    PureHeart〜心のままに

    心に眠っている想いを言葉にしてみませんか? 恋愛詩を書かれている方、あなたの心の声を聞かせてくださいね トラバお待ちしてます☆彡

    テーマ投稿数 141件

    参加メンバー 14人

  • 15の夜〜17歳の地図〜尾崎豊

    15の夜〜17歳の地図〜尾崎豊

    尾崎豊という詩人が歌った歌 青春〜思春期〜恋?愛?真実を求めて! 若者よ!歌え!叫べ!

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • こころの言葉

    こころの言葉

    思いを言葉に 今、伝えたいこと 心から湧きだす思い達 あなたの詩(ウタ)をきかせてください

    テーマ投稿数 3,490件

    参加メンバー 134人

  • 素直な気持ちをブログに・・・

    素直な気持ちをブログに・・・

    素直な気持ちをブログに書こう! 誰にも言えないことや、誰かに伝えたいことなどがあったら参加してください!

    テーマ投稿数 63件

    参加メンバー 15人

  • 恋心詩集

    恋心詩集

    相手に綴った想いの詩、ふと浮かんだ詩、誰かに見てもらいたい詩、共感しあえるような詩をトラバしていきませんか☆

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 9人

  • Beijo de amor 〜愛のキス

    Beijo de amor 〜愛のキス

    Beijo de amor(ベイジョ ジ アモール)好きな人に自然にしてしまう行為です。恋人・家族・友達・はたまた世界のどこかにいる人などへの様々な愛に向けて、キスの代わりに言葉を綴りましょう。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • いとしい地球よ

    いとしい地球よ

    五行歌を3日に1回ずつ、日本語と英語とフランス語で発表してます。世界の五行歌について語り合いましょう!

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 1人

  • 冠句

    冠句

    元禄六年初興行以来の歴史をもつ日本の伝統短文芸、冠句。 数少ないはずの冠句の仲間が集う場を持ちたいとトラコミュを作りました。 冠句以外の五七五文芸も歓迎です。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 1人

  • 詩の三ツ星の部屋

    詩の三ツ星の部屋

    傑作と思える詩の集まりにしたい。 ゆえに安易なトラックバックはご遠慮願います。 また、その作品に対する感想、批評も参加なされた方は積極的にお願いします。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 遮光

    音楽を聴いてリフレッシュする人多数いると思う光を浴びるとなんか疲れる感じがする光を遮断すると落ち着きを感じるにほんブログ村

    ジョニー しゃにむにGO
    読者になる
  • 詩文集(134)――【ヴィヴァルディ】 森の陽射しに、小鳥がいっぱい

     Hans von Schrötter (1891-1965)         黒の騎士 わたしは黙して試合場を去る、 わたしはすべての勝利の名を持して、 露…

    ギトン ギトンのパヴィリオン
    読者になる
  • 悪口を悪口と思わない

    愛は人の悪を思わないこれは鍛錬すると何を言われても平気になる神の霊が私に宿っているし決して悪口を否定してないのになんとも思わないヨハネです

    ヨハネ ハレルヤと笑ってみようよ JAPAN
    読者になる
  • 中秋の夜空を見上げて.

    中秋の夜空を見上げて 星と月が 夜の主役の様に ボクとキミは この恋の主役 中秋の夜空を見上げて 藍色の優しい闇の中で 胸にある言葉を 紐解き合えば まだ若いススキの穂が 月風に煽られ 揺れている 静かな夜長 月の下 二人きり… ぎこちなく 触れた 指先も恥ずかしくて… 言葉もどかしくも 安らぐひと時 今…キミが隣に座っている そのことが…今の僕には幸せすぎて… 肌寒い風が運ぶ 秋の気配 黄昏て

    藍 詩 (アオシ) 心の交差点
    読者になる
  • [352]励まれき…

    励まれき肩は未だ痛けれどされども大事は無かりし今は「仕事はできた。まだ痛いけれど、もう大丈夫。」  ※[350]足痺れ…※[351]寝覚めての…

    sion-manabu ひとり万葉集~君と雨と歌とギター~
    読者になる

続きを見る

続きを見る