TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

今日書いた詩 トップ TOP

help
  • 1位
    心の模様

    心の模様

    心の中の一つ一つを整理して、いつか素敵な部屋にしてみたい。

    読者になる
  • 2位
    MONOYOMI YOMIMONO

    MONOYOMI YOMIMONO

    そこらへんにあるもの。記憶。創作。

    読者になる
  • 3位
    monogatari.

    monogatari.

    自由詩や散文詩や定型詩や小話をぽつぽつ書いています。

    読者になる
  • 4位
    川柳 俳句 詩 歌詞 日本+

    川柳 俳句 詩 歌詞 日本+

    川柳 俳句 詩 歌詞 日記 エッセイ 小説 夢 名言 古代文明 日本 世界 政治 宇宙など

    読者になる
  • 5位
    この社会不適合者に祝福を

    この社会不適合者に祝福を

    大学卒業後就職したが、月に一回は寝込む毎日。内科を回るが改善はせず行きついた先は精神科。そこで適応障害と診断され休職。現在3か月の休職を経て奇跡の復職。そんな社会にいまいち溶け込めない人の日記。こんな僕をどうか温かい目で見守ってください。

    読者になる
  • 6位
    おやじブログ

    おやじブログ

    高校卒業後すぐに就職から20年以上!中年社畜サラリーマンです。一日が仕事、スマホゲーム、動画鑑賞で終わる! とりあえず変化のある生活にするために行動しようとする中年おじさんです。今は詩を書くのを日課にしています。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    コロナで自粛ストレス限界!悩み相談所、開いてます

    コロナで自粛、自粛、自粛・・・。 とくに学生さんは長い休校でストレスがたまりにたまっているご様子。 いつもマクドナルドでたむろってる高校生たちも「もう限界!」と言わんばかり。 こういうときこそ悩み相談所が必要です。 今回のゲストカウンセラーは「ステラおば...

    三角友

    MONOYOMI YOMIMONO

    読者になる
  • 2位

    オッポ30

    オッポのブログ

    読者になる
  • 3位

    人知らずの場所

    半分ほど花を落した桜の木の足元で花びらが肩を寄せ合っているやがて雨に濡れ風に散らされ彷徨い人知らずの場所で大地に帰る危うく通り過ぎそうになった店は定休日だった…

    ガミガモ

    君が我が子を抱いた時、君に贈る詩

    読者になる
  • 4位

    うそつき誰かさん2ー2040

    長い手紙長い手紙を書きました涙を流して書きましたあなたに納得してもらえるようにあなたの心に浸みるようにあなたにうまく伝えられたか長い手紙を書きましたほんと...

    読者になる
  • 5位

    無題

    蜜で汚れた身体を洗うようにあなたが舐めるわたしはあたまを掴み一足先に天国へゆく

    すらん

    輪ゴムの跡にご注意を

    読者になる
  • 6位

    うそつき誰かさん2ー2039

    桜の花びら葉桜となって桜の花びらは捨てられ踏まれて消えていくあなたの本に はさまれた桜の花びら 押し花はいつをいつまで咲くのだろう偽りのとき 過ぎる春あて...

    読者になる
  • 7位

    僕は答えが欲しかったが、カウンセラーは話を聞くだけ。消化不良ですわ。

    本日通院日。 僕は週に一回精神科へ出向いている。 このご時世あまり乗り気ではないがこればっかしは避けられない。 週に一回だけだ、我慢しよう。 今日もマスクをはめて病院へ足を運んだ。 待合には3人。 普段通りであった。 僕 […

    ひろと

    この社会不適合者に祝福を

    読者になる

続きを見る

  • 切ない詩

    切ない詩

    悲しくもなく、かといって明るくも楽しくもない。 どこか心に残る切ない詩をお待ちしております。

    テーマ投稿数 2,090件

    参加メンバー 166人

  • 空色

    空色

    ほとんど詩(ポエム)です! 初心者ですがヨロシク!

    テーマ投稿数 1,868件

    参加メンバー 64人

  • 憂鬱ソング

    憂鬱ソング

    ブルーな気分を詩にする方、繋がりましょう。浮かない気分、寂しい気分。そんな気持ちの中にこそ、共感できるものって存在する気がしませんか?

    テーマ投稿数 56件

    参加メンバー 12人

  • オリジナル作詞作曲

    オリジナル作詞作曲

    アマチュアシンガーソングライター・作詞家のみなさんの作品を公開、共有する場です。「歌をつくってみたけどなかなか発表する機会がない」といったみなさんの作品の交流の場となれば良いな、と思います。

    テーマ投稿数 1,190件

    参加メンバー 104人

  • ひとりぼっち

    ひとりぼっち

    なんだかひとりぼっち なぜだかひとりぼっち ひとりが好き ひとりは嫌い 強がりさん さみしんぼさん ひとりぼっちが集まれば ひとりじゃないよ(・∀・)ノ

    テーマ投稿数 460件

    参加メンバー 75人

  • 悲哀詩

    悲哀詩

    悲しみ。  哀しみ。  苦しみ。  痛み。      貴方のあらゆる悲哀を、ここで詩に。  

    テーマ投稿数 842件

    参加メンバー 84人

  • こぼれた感情

    こぼれた感情

    言葉にならない感情を、言葉を使って現そう。

    テーマ投稿数 11,095件

    参加メンバー 493人

  • 小説同盟

    小説同盟

     小説を書いている人々の集まるトラコミュ。  自作の小説(二次創作OK)に関する記事もOKです。  内容に関しては基本的にどのような小説でもOKですが、  以下の最低限の項目だけはお守りいただけるよう、  ご理解ご協力のほどをよろしくお願いいたします。 ・二次創作はその旨の表記を加える。 (タイトルに加える必要はありません) ・18禁作品にはその旨の表記を加える。 (タイトルもしくは一行目等、目に付く場所に)  以上です。  参加者間で積極的に協力し、  よい集まりになるように尽くしましょう。

    テーマ投稿数 19,671件

    参加メンバー 437人

  • !ことばのお題挑戦中!

    !ことばのお題挑戦中!

    詩、小説、散文、短文、短歌など、ことばを扱うお題に挑戦中の方は、どんどんトラックバックしてください!皆で文章の練習が出来れば幸いです☆

    テーマ投稿数 272件

    参加メンバー 25人

  • どどいつ

    どどいつ

    都都逸(どどいつ)とは、もともと芸者さんの余興芸でした。三味線に合わせて唄うのが本来です。 7・7・7・5から構成されるあじな唄、うたってみませんか? (有名などどいつ) ざんぎり頭を叩いてみれば 文明開化の音がする 立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花 三千世界の烏を殺し ぬしと朝寝がしてみたい 信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばが良い 山のあけびは何見てひらく 下の松茸見てひらく

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

続きを見る

  • 日課の詩『愛している』

    『愛している』 『愛している』 言うのは簡単だ 口に出すだけなら 誰でも出来るだろう 口先だけの 『愛している』と 心の想いを伝える 『愛している』とでは 背負う重さが違う 自分のことだけの 『愛している』と 相手を想いどんな時も共に生きる 『愛している』とでは 想いの深さが違う どちらも言葉としては同じ『愛している』 だけど 言葉の想いの重さや深さはまったく違う 僕が君に伝える『愛している』は 君にどう伝わっているかな? これからも一生をかけて伝えていく 『愛している』 書いてみて 愛していると言うだけならとても簡単です! どんな愛しているを伝えていくのか 日々考えながら伝えていきたいと思い…

    oyaji082 おやじブログ
    読者になる
  • オッポ30 オッポのブログ
    読者になる
  • ノートを使い終えて。

    ずっと使っていたノートがもうすぐ終わる。いつぐらいから使い始めたっけ?とふと最初のページからパラパラとめくってみると、初めに記された日付は2019年6月20日だった。あと2ヶ月くらいで1周年だ。約1年で使い切った。そういえばノートを最後まで使い切ったのは初めてのことじゃないだろうか。使っているのはなんの変哲もない飾り気もない百均のノートである。僕はノートが好きだ。色々なメーカーの多種のノートを買ってみるが、最後まで使い切ったことはほとんどない。いつも中途で別のものに鞍替えしてしまう。コレクション状態だ。僕の飽きっぽい性格も原因の1つだろうけど、最大の原因は「書くことに躊躇ってしまうこと」だと思…

    読者になる
  • いちご 苺 イチゴ

    心をこめて、苺を見ながらかきました。大好きなモチーフ。形が少しずつ違うので、よく見て、可愛い苺を選んでいます。

    tomoe-yamaji 山路智恵のアトリエだより
    読者になる
  • 人知らずの場所

    半分ほど花を落した桜の木の足元で花びらが肩を寄せ合っているやがて雨に濡れ風に散らされ彷徨い人知らずの場所で大地に帰る危うく通り過ぎそうになった店は定休日だった…

    ガミガモ 君が我が子を抱いた時、君に贈る詩
    読者になる

続きを見る

続きを見る