TOPICS

写真俳句 新着記事

1件〜50件

  • ポインセチア

    路地裏の似合わぬ家やポインセチア季鳥こんにちは。俳句と鳥見二足の草鞋はなかなか難しいと考えるこの頃です。鳥見にいけば俳句がおろそかになるこの頃でも両方辞める事はできないし・・・さて「NHK俳句」の先週の録画見ていたらなんと稲垣吾郎さんが出ていてびっくり嬉しくなりました。吾郎さん俳句向いてるよ。私もポインセチアで詠んでみました。皆さん残りの時間が良い時間を過ごされますように。ポインセチア

    KIKKO

    LUCKY PHOT

    読者になる
  • 面白い雲

    これも漏斗雲だろうか!こちらは東の空黒雲が放射状に広がっていたのが平らになっていって12月13日16:4016:42全体は16:46少し前は黒い線のような雲は無かったけど16:4717:00西の空の黒雲も広がっていって東の空のねじれた雲も同じころ消えていった。多分二度と見られないと思うどちらもはっきり写せなかったのが残念!面白い雲

    まろう

    風は南から

    読者になる
  • 漏斗雲

    12日13日16:04黒雲が・・16:38用事を急いで済ませている間に16:52漏斗雲だと思う!16:5316:54漏斗雲

    まろう

    風は南から

    読者になる
  • 土黒くいよいよ青し葱太る ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 女番長よき妻となり軒氷柱  大木あ

    女番長よき妻となり軒氷柱大木あまり世間にはよくある話だ。派手好みで男まさりで、その上に何事につけても反抗的ときている。将来ロクなものにはならないと、近所でも折り紙つきの娘が、結婚と同時にぴたりと大人しくなってしまった。噂では、人が変わったように「いい奥さん」になっているという。作者も、娘の過去は知っているので気がかりだった。で、ある日、たまたまその娘の嫁ぎ先の家の前を通りかかると、小さな軒先に氷柱(つらら)がさがっていた。もちろん何の変哲もない氷柱なのだが、その変哲の無さが娘の「よき妻」ぶりを象徴していると思われたのである。ホッとした気分の作者は、そこで微笑を浮かべたかもしれない。よくある話には違いないが、軒先のただの氷柱に「平凡であることの幸福」を見た作者の感受性は、さすがに柔らかく素晴らしいと思えた。『雲の...女番長よき妻となり軒氷柱大木あ

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 白世界

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 山眠る

       林道を開きました。...

    しばちゃん

    俳句 竹林の里

    読者になる
  • パッチワーク/枯葉

    <パッチワーク/枯葉>おはよう地球。今年は例年になく紅葉が遅く長く楽しめているようだ。したがって鮮やかな紅葉の中で枯葉の舞うステキな風景にも巡り合える。これは家のすぐ近くの保育園の金網。けやきの枯葉が風に運ばれ楽しい模様になっている。パッチワーク/枯葉

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • フォト俳句 No.315

    二人来て二人躱ししラガーかな   良蕉 ふたりきて ふたりかわしし らがーかな季語:ラガー(冬)被写体:2羽のキンクロハジロ良蕉:    ラグビーw杯の日本代表選手の皆さんの凱旋のニュースを見、またあの熱戦が脳裏に蘇りました。  私も今一度お礼を言いたい

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • “開戦日“は季語?!12/15’19

    ■傷痕にうすき瘡蓋  開戦日 …… きずあとにうすきあさぶた  かいさんび  No.1667   ……◆“真珠湾攻撃“の真実?!?   最近…こんなタイトルのドキュメント番組が増えたように思う。◆今まで公表されることのなかった資料が発見されたり、口を閉ざしていた人達が口

    Hiro

    Hike de 俳句

    読者になる
  • 独り尻取り俳句・二十五句目

     室の花の『な』■長起きの癖の付きたる師走かな季語/師走(しわす)・冬師走は12月のこと。長起きとは、夜更かしのことです。特別番組が目白押しのテレビ、つい遅く…

    杉本とらを

    杉本とらをの『写メ句るる!』

    読者になる
  • 毎月15日はコマちゃんの日

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • シクラメン!!!

    ​​(私も巫女さんの画像をお借りしました)​ ​買ってきたシクラメン毎年咲かせるのは むづかしい らしいな カギは夏場の管理にあるらしくて 我が家も努力したんやけど​ 4年目の今年は 今 花3つ蕾3つやねん

    風子

    風子の575 あるがままに

    読者になる
  • フォト旅日記zqk1401『 大任桜街道 イルミネーション 01 』

    ★ 。・。・ ゜ ★ フォト旅日記 ★ ゜・。・。 ★ ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。 にほんブログ村 ★ ありがとうございます。  大任桜街道 イルミネーション 01 201

    青柳仁

    一日一感動

    読者になる
  • 無理はいけない

    自づから友離れ行く冬紅葉ひよどり一平(おのずからともはなれゆくふゆもみじ)・・・・・・・昨日は頑張った一日であった。昼の十二時に友人と会う手筈になっていた。その前に六義園の紅葉を撮りたいと思った。予想通り紅葉は見ごろを過ぎかかっていた。二、三日ほど遅かった感じだ。園内を駆けるように廻った。幸いに、綺麗な紅葉が残っていてくれた。・・・・・・・一通り撮り終わってから、新宿へ。十二時に友人とカラオケの約束があった。案の定、調子は良くなかった。そんな流れで、イッパイ呑んだ。早めに切り上げた筈だが、それでも呑み過ぎてしまった。無理はいけない

    ひよどり

    到るところ青山

    読者になる
  • もつと軽くもつと軽くと枯蓮  藺草慶子

    もつと軽くもつと軽くと枯蓮藺草慶子緑あふれる蓮の葉、高貴で香しい蓮の花の時期を通り過ぎ、蓮の骨ともいわれる枯蓮は、耐えがたい哀れを詠むのが倣いである。ところが掲句は一転して、蓮は枯れることで軽くなろうとしているのだと見る。日にさらされ尽くした蓮は、風に触れ合う音さえも軽やかである。それはまるで植物としての使命を終えたのちに訪れる幸福な時間にも思われる。黄金色に輝く杖となった蓮の「もっともっと」のつぶやきは、日のぬくみとともに作者の胸の奥にも静かに広がっていることだろう。『櫻翳』(2015)所収。(土肥あき子)【枯蓮】かれはす◇「枯はちす」◇「蓮枯る」◇「蓮の骨」枯れ果てた蓮の姿。冬になると、葉柄が腐って葉身を支えきれずに折れたように垂れ下がる。夏場の爽やかで華やかな姿はすっかり影をひそめ、水面にうなだれて広がる...もつと軽くもつと軽くと枯蓮藺草慶子

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 山茶花 fu

    ​ なきもせぬむしをころせばさざんか  風子​ 椿や山茶花にはよく虫が湧く たくさんの毛虫は天敵 殺生は好きではないが こまめに見てて退治しないと きれいな花を咲かせてはくれない

    風子

    風子の575 あるがままに

    読者になる
  • 雪下の山

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 大根

       今はプラスチック容器です。...

    しばちゃん

    俳句 竹林の里

    読者になる
  • アラベスク/冬衣

    <アラベスク/冬衣>鉄柱にとても芸術的な唐草模様が。夏の青い葉が絡み合った姿とは似ても似つかぬ冬枯れの姿である。枯れてはいるけれどまるでポールダンスを踊っているような。この丸い実は3mmほどの金色をした小さな実で小鳥も食べないが薬効があるそうだ。名前を「屁糞カズラ」という何とも生々しい名前で生葉をもむととても臭い。アラベスク/冬衣

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • 昨日の散歩 S川周辺 No.24

    (12月9日の続きである。)S川周辺の方達と色々話をしながら歩き、最終地点のK地点に近付いて来た。桜の木の葉は殆ど落ちたが、まだ幾枚かは残っている。陽が当たって、やや赤く透けたサクラの葉を、裏側から撮る!いい! 非常にいい!さていよいよ最終地点のK地点に

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • 丹頂

    *   たんちょうの さとわにまいて おりにけり

    まさひろ

    昌弘フォト俳句

    読者になる
  • 鯛焼

     ■鯛焼の目利きに一目置かれけり  (中八)鯛焼きが冬の季語っていうのも驚くけど、鯛焼きに天然と養殖があるのも驚きです!養殖はいっぺんに6匹以上焼けるやつで、…

    杉本とらを

    杉本とらをの『写メ句るる!』

    読者になる
  • 大根引

    大根引く傍の畑に箒草 大根を引き抜きに市民農園へ行ったが、傍の畑には まだ箒草(コキア)が燃えていた。 ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 冬桜

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • 『 老ゆえの目あり耳あり寒の月 』フォトTAO575zqk0603

    ★ ゜・。・。 ★ フォトTAO575 ★ 。・。・ ゜ ★ ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。 にほんブログ村 ★ ありがとうございます。 ★ フォトTAO575zqk0603 ――♪♪

    青柳仁

    一日一感動

    読者になる
  • 鴨鍋

    桃香

    桃香の写真俳句ブログ

    読者になる
  • 落ち葉 fu

    ​ いりひうけあかるくくらきおちばかな  風子​

    風子

    風子の575 あるがままに

    読者になる
  • 月冴ゆる

    *   つきさゆる どうのいらかの そりふかく

    まさひろ

    昌弘フォト俳句

    読者になる
  • 銀杏落葉

       黄金の世界です。...

    しばちゃん

    俳句 竹林の里

    読者になる
  • 一面の白

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 山里冬へ

    <山里冬へ>私市(きさいち)は京阪私市線の終点で山間に有る小さな駅である。辺りはまだ田んぼが点在しており、刈り入れのすんだ田んぼはひこばえが青い葉を伸ばしていて、その向こうに柿や蜜柑のなった樹が見える。冬へまっしぐらのこの山里は眠ったようなのどかな風景である。山里冬へ

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • フォト俳句 No.314

    ひと言の妙に残るや冬深む   良蕉 ひとことの みょうにのこるや ふゆふかむ季語:冬深む(冬)被写体:2羽のカルガモ良蕉:    「相手の言った一言が妙に心に残る」という事が、時にあります。  その原因が「相手の真意」にあるのか…? 「自分の中」にあるの

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • 食卓に里芋が…12/13’19

    ■芋も食ひ  一茶のごとき半世紀 ……  いももくい  いっさのごときはんせいき  No.1666 ……◆もともと“芋”の類いは、あまり好きではないのだけれど。◆ムロン、“好き嫌い“で生きて行ける訳でもなく…。◆寅さんの大好きな“イモの煮っ転がし”もイモの天婦羅も

    Hiro

    Hike de 俳句

    読者になる
  • 季語の座「稲」

    しゅっぽんの バスいまいねのくにをいで ☆季語の座「稲」 秀作☆

    雪うさぎ

    Gallery天狼星

    読者になる
  • 梅酒

    ほんのりと梅酒が香る夜更けかな

    さとる

    現在(いま)の足音

    読者になる
  • 満月

    満月や信号待ちで月見する

    さとる

    現在(いま)の足音

    読者になる
  • 独り尻取り俳句・二十四句目

     置炬燵の『つ』■恙無き伯母の暮らしよ室の花季語/室の花(むろのはな)・冬温室で育てて咲かせた花のこと。何事もない平和で静かな生活に、心を癒してくれる花が必要…

    杉本とらを

    杉本とらをの『写メ句るる!』

    読者になる
  • 葉牡丹

    色付けば花壇笑うや葉の牡丹 ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 日向ぼこ

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • 何も言わない

    枯れ枝となりて今さら何も言はずひよどり一平(かれえだとなりていまさらなにもいわず)・・・・・・・今さら何を言っても始まらない。・・・・・・・当分死なない。カメラを背負って何処かへ行こう!何も言わない

    ひよどり

    到るところ青山

    読者になる
  • 『 雪の道忍ぶ心を運びかぬ 』瘋癲老仁妄句142-01hry04

    ★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★ ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。 にほんブログ村 ★ ありがとうございます。  ★ 瘋癲老仁妄詩142-01hry04 ――☆★

    青柳仁

    一日一感動

    読者になる
  • フォト遊行期游泳575『 笑い合う顔色々に去年今年 』zvk0501

    ★゜・。・。★遊行期游泳575★。・。・゜★★パチンと、ランキングにご協力くださいね。写真俳句ランキング★ありがとうございます。★フォト遊行期游泳575zvk0501――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――笑い合う顔色々に去年今年――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――★★★遊行期游泳575zvk0501『笑い合う顔色々に去年今年』へどうぞ!!!★★★にほんブログ村★゜・。・。★青柳仁リンク★。・。・゜★★★★『極北の光哀しみの果てを観る』瘋癲老仁妄詩142-06へどうぞ!!!★★★★★★『安穏の終の棲家や草の霜』★写真俳句847へどうぞ!!!★★★★゜・。・。★そのまんま575で交心★。・。・゜★俳句・短歌ランキングフォト遊行期游泳575『笑い合う顔色々に去年今年』zvk0501

    好奇心全開!!林住期を遊ぶ

    読者になる
  • 冬ざれの奈良

    ふゆざれのことやしんしょうともされて冬ざれの奈良を神戸から来た友人に案内した奈良公園一帯なので私には見慣れた光景。。。紅葉も盛りではないしでも、一つ一つに...

    mickey

    想うこと時々俳句

    読者になる