TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

写真俳句 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    花盛りの丘04/07′20

    ■花の丘  老若男女まぶしくて       …………  く  No.17   …………◆〓客観的事実から出発!!   丁寧な観察、独自の視点・切り口!!◆〓おトボケ・おかしみ、甘い叙情+寂しい滑稽…喜劇・笑い話!?!!!◆〓⇒〓自由自在・諧謔自嘲・軽妙洒脱・滑稽冗句⇒自然法爾

    Hiro

    Hike de 俳句

    読者になる
  • 2位

    フォト俳句 No.361

    緊急事態宣言出るらし春日向   良蕉 きんきゅうじたいせんげん でるらし はるひなた季語:春日向(春)被写体:日向ぼっこをするネコ良蕉;   新型コロナウィルスが蔓延し…   ついに、緊急事態宣言が出されるらしいですね。(もう出ましたか?)   大変な事

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • 3位

    桃香

    桃香の写真俳句ブログ

    読者になる
  • 4位

    キューピーのお目々が欲しや春眠し

    春眠し「眠りの精」の心地よさ春眠や起きてまた寝て繰り返す春眠や靴下いつしか片っぽ春眠を誘ふ老医の耳の皴今日は朝の目覚めは悪くはなかったのに。ご飯を食べ過ぎたのがいけなかった。急に眠気に襲われて、海老蔵が目ん玉むいて見栄を切るように必死に踏ん張ったのだが、耐えきれずに横になってしまった。キューピーのお目々が欲しや春眠し

    春ともし

    ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新

    読者になる
  • 5位

    おめでとう!!

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • 6位

    一期一会/花いかだ

    <一期一会/花いかだ>散り急ぐさくら舞う花吹雪。何をそう急ぐのかどこへ行こうとしているのか水面を流れる花びらはまだ淡いピンクの色を残し離合集散をくりかえしくりかえし短い一生を終えようとしている。一期一会/花いかだ

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • 7位

    ひとひらを見返るうなじ夕桜

    夕桜かさなり合ひし影にほふ空を透く薄むらさきや夕桜夕桜ひとひらのごと白き月湯上りの髪まだ濡れて夕桜桜の頃は無情な強風がよく吹くのに、今年はまだ強い風が吹かない。もう満開を過ぎて散り始めているのだけど、花吹雪を見ていない。はらはらと散ってるだけ。川には花筏が大きく長くなり始めている。ひとひらを見返るうなじ夕桜

    春ともし

    ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新

    読者になる
  • 8位

    桜餅

    茶が先か迷い手が出る桜餅浮かれたつ心抑えて桜餅桜餅3つ食べたら君が来る聞かぬふり夢中で食べる桜餅名店の列に並びて桜餅季鳥下書きして投稿したつもりでいました。緊急事態宣言大変ですが頑張りましょう。今日のス―パ―ム―ンに祈りました。桜餅

    KIKKO

    LUCKY PHOT

    読者になる
  • 9位

    「前向きに生きていますか」桜咲く

    ひっそりとした校庭に桜咲く学び舎に生徒は見えず桜咲くこの写真を撮った日はまだ春休みということもあったのですが。でも、普段は休みの日でも校庭でスポーツをしてる生徒たちを見ます。やはり、コロナ風邪で使用を禁止されてたのでしょう。それでも昨日は入学式で新学期を迎えたようですね。見に行ってませんが、ニュースで。都会の学校はどうなのか知りません。まだ休校のところもあるのでしょうか。意外とやっかいなウイルスのようで、四月になってもまだ衰えを見せません。日々、外出する時はマスクをきちんとして用心するしかありません。感染していない人かもしれないけど、近くで咳をしたらソク、息を止めています。そしてそのまま急いで逃げるようにその場を離れています。もう必死です。同じように、サッと離れて行く人を見ました。無頓着な人たちもいます。まるで...「前向きに生きていますか」桜咲く

    春ともし

    ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新

    読者になる
  • 10位

    昨日の散歩 稲荷山周辺 No.189

    (先日4月4日の事である。)本日は稲荷山に来た。今季、漂鳥ではあるが、ルリビタキのオスやトラツグミに会えたので、また今回も同じ辺りに居るかも知れないと考えたからである。しかし、もう移動してしまっただろうなぁー。そして、まだ、今年は会えていない冬の鳥もいる

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • 11位

    稚児百合

    ​ ちごゆりの うつむくやまじひるのあめ 裏山で何年かぶりに稚児百合に出会いました。思わず駆け寄ってしまった♪丈も低く、花も小さいのでうっかり見落としがちですが、とても可愛らしくて大好きです。​

    雪うさぎ

    Gallery天狼星

    読者になる
  • 12位

    木蓮と空・・・by空倶楽部

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • 13位

    黄桜/鬱金桜

    <黄桜/鬱金桜>黄桜といっても日本酒の黄桜ではない「鬱金:うこん」という黄色の桜厳密にいうとうすーい黄色にすこーしだけ黄緑を足した微妙な色。桜もたくさん種類の有る中で黄色はこの「鬱金桜」だけなんだそうな。この色も咲き始めから満開の頃までで、散るころにはピンクに変化。八重桜の変種で観賞用の栽培種。日本酒の名前もこの桜からだそうな。黄桜/鬱金桜

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • 14位

    ぬかづけばわれも善女や仏生会 杉田久女

    ぬかづけばわれも善女や仏生会杉田久女釈迦は慈悲と博愛に満ちている求めるものには与え悔いるものには救い改めるものには許す近くにぬかづく者は全て釈迦の弟子であるぬかづくだけで自分の心が洗われるそんな気がするこれも既に釈迦の功徳の表れだ作者は救われている(小林たけし)【仏生会】ぶっしょうえ(ブツシヤウヱ)◇「灌仏会」(かんぶつえ)◇「誕生会」(たんじょうえ)◇「浴仏会」(よくぶつえ)4月8日(地方によっては5月8日)に釈尊の降誕を祝福して行う法会。花御堂を作り、水盤に誕生仏の像を安置し、参詣者は小柄杓で甘茶を釈尊像の頭上にそそぐ。灌仏会・降誕会・浴仏会・竜華会などとも言い、花御堂は摩耶夫人が無憂樹の下で釈迦を生んだという伝説の藍毘尼林に型取ったもの。灌仏会。例句作者みづうみのこまかきひかり仏生会鷲谷七菜子藪に日のしば...ぬかづけばわれも善女や仏生会杉田久女

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 15位

    チューリップ

    チューリップ花の精棲む花畑 ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 16位

    明け近い空

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 17位

    レタス

    レタス「持っていき」レタス差し出す農夫の手山程のレタスを前にどうしましょうレタス裂く恋の終わりの音がして指先にまとわる水の萵苣洗ふシャキシャキと弾むレタスの恋の音季鳥おはようございます。なんだか眠れない夜。うとうとしたら夫のトイレいくつか音で目が覚めスマホ触るから又寝付けなくなる後1時間10分もしたらお弁当つけらなきゃ一時間でも寝る💤😭💤ことに集中します。レタス

    KIKKO

    LUCKY PHOT

    読者になる
  • 18位

    行く春

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 19位

    スーパームーン

    <スーパームーン>4/8は月が地球に最も近寄る日で約35万km、最も遠のく日は40万kmその差が5万kmもある。したがって見かけの大きさも大きくなりこの日の月は「スーパームーン」と呼ばれている。ブロ友さんに満月の夜お財布をヒラヒラさせるとお金が貯まると聞いた。スーパームーンの夜はその効果も大きいのだろうか。スーパームーン

    白桂

    詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ

    読者になる
  • 20位

    花疲れ

    頑張って咲きほこって花疲れ温泉にどっぷり浸かる花疲れ酒の街ほろ酔い気分の花疲れアルバムを開いて閉じて花疲れ女子ロッカ―噂話咲いて花疲れ季鳥①中6になるんだなぁ推敲だなぁ。今日のス―パ―ム―ンは残念ながらなから雲って見えない。最近環境の変化で疲れやすい。夜9時頃になるとめちゃくちゃ眠い😪💤💤やることさっさとしてねよう。花疲れ

    KIKKO

    LUCKY PHOT

    読者になる
  • 21位

    ゾンビ

     ■ウイルスは見えないゾンビ怖き春とうとう、緊急事態宣言が出されました。この先、どうなることやら?不安でたまらない俺です。  

    杉本とらを

    杉本とらをの『写メ句るる!』

    読者になる
  • 22位

    アロマ消毒ジェル☆

    つりかわもてすりももたずにがつはつまたまたいただき物シリーズです!!!終息どころかますますひどくなってきたコロナ騒動そんなときにこんな貴重なものをいただい...

    mickey

    想うこと時々俳句

    読者になる
  • 23位

    花蘇芳

    何時の間に枝を覆いて花蘇芳 ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 24位

    春は何処

    skyscene

    my ふぉと work

    読者になる
  • 25位

    花曇

    桃香

    桃香の写真俳句ブログ

    読者になる
  • 26位

    横浜レトロ

    2月のクルーズ船乗客隔離に始まったコロナウイルス禍はその後拡大を続け、4月7日、ついに安倍首相から緊急事態宣言が発令されました。 不要不急のイベントはすべて中…

    織人

    写真俳句工房 織人

    読者になる
  • 27位

    『 ここ楽土井中隠りに風光る 』遊行期游泳575ysw1907

    *🍀* ゚゚・。。♣。。・゚゚ 🍀 遊行期游泳575 🍀 ゚゚・。。♣。。・゚゚ *🍀* ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。にほんブログ村★ ありがとうございます。 *🍀* 遊行期游泳575ysw190

    青柳仁

    一日一感動

    読者になる
  • 28位

    遠目にも黄金柾直ぐ判り 柾(まさき)の中でも、この黄金柾の黄金は兎角目に付く。 柾の花は夏の季語ですが、若芽はどうなのか? ←「写真俳句」をクリック下さい>

    iSAMU

    四季の森空間/新写真俳句

    読者になる
  • 29位

    独り尻取り俳句・七十九句目

     テレワークの『く』■九時から五時在宅勤務春籠前回に続いて、春の季語になりそうな勝手に作った季語『春籠(はるごもり)』次は春籠の『り』 

    杉本とらを

    杉本とらをの『写メ句るる!』

    読者になる
  • 30位

    春満月 fu

    ​ かりそめのなごみやはるのはなとつき  風子​ 今夜は満月 しかもスーパームーン 昨夜に続き今夜もひときわ大きく美しい月を 近くの古刹賢明寺の夜桜とともに 堪能させてもらった 大都市圏にコロナ対

    風子

    風子の575 あるがままに

    読者になる
  • 31位

    総会屋

    政治家も裏金もらえば総会屋

    さとる

    現在(いま)の足音

    読者になる
  • 32位

    桜時

    百年の大屋根光る桜時桜時

    まろう

    風は南から

    読者になる
  • 33位

    桃の花

    *  えみうかぶじぞうぼさつやもものはな

    まさひろ

    昌弘フォト俳句

    読者になる
  • 34位

    蕗の花咲く fu

    ​ ふきのとうひとめしのんではなさけり  風子​ 狭庭の片隅の蕗の群れ 蕗の薹は大概摘んで食したつもりだったが 運良く逃れて潜んでいたやつ 折も折り この時期 これ見よがしというのも遠慮したのか 否か

    風子

    風子の575 あるがままに

    読者になる
  • 35位

    夕暮れ

    コロナ風邪街が静かに暮れていく

    さとる

    現在(いま)の足音

    読者になる
  • 36位

    みんな夢拾って捨てる桜貝 鷲田環

    みんな夢拾って捨てる桜貝鷲田環来し方に捨てたたくさんの夢涙して捨てた夢新しい夢の誘惑その夢を追いかけるのも人生か捨てても湧き上がる夢への渇望「さくら貝」拾いはするがいずれは捨てる(小林たけし)【桜貝】さくらがい(・・ガヒ)◇「花貝」◇「紅貝」ニッコウガイ科の二枚貝。貝殻は薄くやや長方形、淡紅色で美しく、殻長約3センチ。日本各地の内湾に産し、貝細工などに使われる。古くより和歌に詠まれて、詩歌と馴染みの深い貝である。貝類は春を産卵とするものが多く、そのときが美味なので春の季題となっているが、桜貝の場合は食用でなく、色彩が桜の花の色をしていて、春らしいので、昔から春の季に定められた。さくら貝ひと粒海を負うかたち五島瑛巳ひく波の跡美しや桜貝松本たかしポケットに片道切符と桜貝山本節子(水明・天街)引出しの中にも渚桜貝小檜...みんな夢拾って捨てる桜貝鷲田環

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる
  • 37位

    『 風さえも愛おしきかな桜散る 』遊行俳句で交心yzv0504

    ★ ゚゚..・♣・..゚゚ ★ 遊行俳句で交心 ★ ゚゚..・♣・..゚゚ ★  ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。 にほんブログ村 ★ ありがとうございます。 ★ 遊行俳句で交心yzv050

    青柳仁

    一日一感動

    読者になる
  • 38位

    ウシガエルはどうなった!? No.153

    ウッシーが やはり今年も 現れた!!(4月4日の続きである。)さらに、A川に沿った道をB橋に向かって歩いた。あっ!あの見慣れた植物が今年もまた出て来た。これは、たぶんナガミヒナゲシだな。いや、ナガミヒナゲシに間違いない。あの…「生態系被害防止外来生物」・

    八田真田八

    八田真田八わーるど

    読者になる
  • 39位

    たらの芽

    ブログ

    笑子

    笑子のフォト俳句ブログ

    読者になる
  • 40位

    余生という重しをつけて花筏 川崎益太郎

    余生という重しをつけて花筏川崎益太郎さくら時の喧騒も一瞬で枝には早きも葉の芽が見える川面には花の塵が夥しい花筏とはよくも言ったものだ作者はじっと長い時間その筏えお眺めている老いた我が身の余生を水面の流れにつっくりと任せている花の塵に準えているそのあまりにも緩い流れは重しを曳いているようだ(小林たけし)【落花】らっか(ラククワ)◇「花散る」◇「散る花」◇「散る桜」◇「花吹雪」◇「桜吹雪」◇「飛花」(ひか)◇「花屑」◇「花の塵」◇「花筏」桜花が散り落ちること。桜は散り際が美しい。桜の咲く頃はとかく強い季節風の吹くことが多く、咲き誇った花も一陣の風に潔く散る。昔から桜は散り際を賞美されることが多かった。例句作者ビルの影映れる上の花筏岡田初音人生は急がぬことよ花筏池康彦大観の生々流転花筏上野草魚子満潮の河口に解きし花筏...余生という重しをつけて花筏川崎益太郎

    小林たけし

    竹とんぼ

    読者になる