俳句 新着記事

?
  • 冬の湖畔

     「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 昨日の続きのl写真です。 「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 晴れた日、日の出から二時間ほどは冬霧のショータイム。 「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 池にも氷が張っていましたが、湖も岸辺は薄氷が。 「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 寒いですが、お気に入りの場所、お気に入...

    むく

    渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜

  • 紙漉き

    紙漉き -

    日向亮司

    ひこばえ

  • 【中村佳穂】

    中村佳穂26歳京都在住。今は21世紀、インターネット全盛で人間衰退歯止め無し。チョットだけ立ち止まり耳をそばだててみる。・・・《続く》中村佳穂『きっとね!』https://youtu.be/DGmQRSUuKFY?list=RDDGmQRSUuKFY&t=135【中村佳穂】

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

  • 手塚治虫生誕90年記念

     実は何を隠そう、いや隠してはおりませんが、昨年2018年11月3日は、漫画の神様と言われる手塚治虫さんの生誕90年だったんですね。実は、この神様、私の人生に…

    shisyun

    空想俳人日記

  • 【大寒】東京下町12度快晴の凄み・・人間ぽっち!浅草の亡者と一緒に成仏する*中村佳穂付/俳句再出発(日記)

    大寒の人間ぽっち青もどるまほろば最新作即興昨日の日曜は12度はあり、よく晴れていました。前日の絶望を抱えたまま駅前のドラッグストアに缶ビールを買いに出て、いつもの改修中の公園に寄りました。常連のお年寄りの中で一番フツーの母子プラス犬2頭が来ていました。金曜の浅草【亡者送り】の様子を伝え、しばらくして帰宅しました。それから首都圏の知人からの電話に備え、二度寝に入りました。再び起き上がったのは夜8時くらい、知人と電話で和解し・・というより和解させられ、その後はTVの市原悦子特集や関ジャニの、3人のプロデューサーによる2018年の最も印象的だったPOPベスト10を観ました。ここまで来て、やっと完全に人生の原状回復が出来た感じでした。やはり、金曜の浅草初観音(亡者送り)がとてつもなく効いていたようです。何か憑き物が失せ...【大寒】東京下町12度快晴の凄み・・人間ぽっち!浅草の亡者と一緒に成仏する*中村佳穂付/俳句再出発(日記)

    まほろば俳句日記

    まほろば俳句日記

  • 仲冬 (平成31年1月27~28日掲載分)

    ◎ 仲冬 (平成三十一年一月二十七〜二十八日掲載分)

    飯島 治蝶

    飯島治蝶の俳句ブログ(毎日更新・上位ランキング中)

  • 久女忌

    沸々とグラタン焼くる久女の忌 季語は「久女忌」。1月21日は、杉田久女の忌日。杉田久女は、 高浜虚子に師事。長谷川かな女、竹下しづの女とともに、近代 俳句における最初期の女性俳人で、格調の高さと華やかさのある 句で知られた。家庭内の不和、師である虚子との確執など、その 悲劇...

    taizou

    一句佳日

  • 平成最後の早苗新年句会

    今日は大寒?朝から小雨が降っていましたが意外と暖かいので、大寒を忘れていました。夜は確か俳句カレンダーには満月と書いてあったっけ。大寒の大々(だいだい)とした月よかな一茶恒例の早苗新年句会が今日でしたので、朝から仲間5人と新幹線で広島へ出かけました。新山口に戻ったのが夕方5時半過ぎ。〝まだこんなに明るいわ。日脚が伸びたって感じよく分かるわね~〟などと言いながら、ふと見上げるとキレイな満月が…。まさに上の一茶の句のごとしでした。ところで広島は、これも例年のことですが、今日は全国都道府県対抗男子駅伝の開催日、おまけに大学入試センター試験の二日目。やはりそのせいもあるのでしょうが、駅や駅前のホテルに向かう道など、人であふれていました。〝やっぱり都会やね~〟と納得しながら会場のホテルへ。10時過ぎ開始、午前の部は講演と...平成最後の早苗新年句会

    ちわきの俳句の部屋

    ちわきの俳句の部屋

  • 大寒

    [画像] 大寒の夕日大きや湖の上 [画像]にほんブログ村 [画像] 二十四節気の一つ。 太陽の黄経が三〇〇度に達するとき。 [画像] 陽暦一月二十日頃に当たる。 [画像] 一年中で寒さが最も厳…

    819maker

    俳句の風景

  • 藪柑子

    [画像] 山道の足元にあり藪柑子 [画像]にほんブログ村 [画像] ヤブコウジ科の常緑低木。 [画像] 山地の木陰に地下茎を伸ばして群生し、冬、光沢のある葉 の間に丸い小さな赤い実をつける…

    819maker

    俳句の風景

  • 木枯らしの髪振り乱し窓を打つ

       

    河童

    行き当たりばったりの百姓見習い

  • 「辺野古移設問題」について、賛成・反対の“単純二元論”で語るべきではない

    スタンドの記憶 (@stand161) | Twitter 先に、結論から述べることとする。 件の「辺野古移設問題」について、私の立場は――“移設はやむを得ない”である。 賛成か反対かではなく「やむを得ない」と書いた、この“微妙な感覚”をご理解いただけるだろうか。 私は現在、沖縄本島中部の職場に勤めている。出勤時、小中学校の前をよく通るのだが、そこから車で数分ばかり移動すると、大通り沿いに普天間基地の鉄網が広がっている。鉄網の前を、通学の小中学生達が行き来する。我が県では、朝の日常的な光景だ。 毎朝のことなので、感覚がマヒしてしまうのだが……冷静に考えると、かなり危険であることは言うまでもない…

    stand16

    スタンドの記憶

  • 明日は月曜日

    明日月曜日になっちゃうねあらあら忙しそうだなあ息子も嘆いています土曜日喉の痛みを訴えた息子と定期受診の私は一緒にクリニックへ最近息子か口の周囲が突然膨らむと言…

    もなか

    もなかの雑記帳

  • 1月 オケラの実

    キク科のアザミに似た植物、オケラの実です。 ふわふわの綿毛が暖かそうです、一文無しでも。

    アシタカ

    アシタカ 花の写真俳句

  • ふなばしメグスパ。

    虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

  • わが名より美しき耳目よ雪兎

    今シーズン2度目の風邪を引きました・・こんなこと今までなかったんだけどね、歳かな・・・風邪なので今日は会社を休みますあ、一句出来た・・ そんな訳で俳句ポスト3…

    けんG

    クレストゲート

  • 2019/01/20

    どんど祭浜とんど雨の祝詞となりにけりおぜんざいの炊き出しとお餅を竹につるし、焼いてたべて家内安全を祈る行事です。皆さんの地方では、このような行事がありますか?

    澄子

    俳句

  • 楽しそう冬木立のなか鳥遊ぶ

    心に届く俳句を作りたいと思っています。

    かわせみ

    笑うかわせみ〜俳句手帳〜

  • 佐藤鬼房/目を落とすとは死ぬことぞ雪兎

    雪兎いのち透けゆく途中なる/青萄佐藤鬼房/目を落とすとは死ぬことぞ雪兎

    空見

    空見日和

  • 新年祭の会食会 

    言祝ぐとあとは食事の準備にてノーミート食注文食べる余興に酔いしれる。されど、アルコールは一切なし。余り食各自が器パックにて持ち返り許可ニッコリ笑顔私も、自分の空パックに少し詰めました。新年祭の会食会

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

  • 新年祭で  

    練成のあとすぐに有る行事とは新年祭で準備万端1月1日の歌。聖歌隊のメンバー。皇紀2679年言祝ぐ。厳かにしかも調和を祝う歌平和が世界巡る年へと(戦争の無い世界になることを。)新年祭で

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

  • 俳句会

    月1回の句会を3句会に在籍しています。今日はその1つの句会に出ました。ここではゆったりと句を味わいながら楽しむことが出来て、やはり俳句は良いな〜と実感できました。高圧的な先輩方々がいる句会はやはり止めて、じっくりと句を楽しめる句会のみにしようと決めました。「歌とお茶」の会では7曲が出そろい、ピアノ伴奏の練習も楽しんでいます。というか苦しんでいる(笑)でも好きなことです。カレーの翌日はカレードリアにします。美味!床暖房昔は竃に眠る猫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ブログをお持ちでないかたはいつものようにコメント欄にてお返事いたしております。ブログをお持ちの方は必ず訪問して応援とコメントさせていただきます。コメントの反映は承認制とさせていただきましたが今後とも応援...俳句会

    ryo

    ryo's my room

  • ネコヤナギ

    A Cup of 俳句

  • 千両の実

    平成31年1月20日(日)仙蓼:千両、せんりょう、実千両今日は大寒の日、一年で最も寒い時期、、、今年は北国を除き比較的暖かな日が続き、穏やかな朝を迎える、、、、ご近所の庭の「千両」の赤い実が朝方の雨に濡れ一層、耀いて見える。冬枯れの庭の緑の葉の上に、ほんの少しの粒が光っていた、、、。仙蓼(千両)センリョウ科の常緑小低木、高さは60~80cm普通は「万両」に対し「千両」と書く事が多い。葉は対生し、卵状楕円形で、葉の縁にギザギザが在る。夏、黄緑色の細かな花を穂状に咲かせる。中には黄色の花もある。正月用の切花として人気が在り、花屋等でも万両より好く目にする。今日の1句日照雨来て仙蓼の実の零れけりヤギ爺千両の実

    遊民ヤギ爺

    遊民ヤギ爺

  • 伊勢短期練成3日目(20日) 

    夜明け前4時前まではばく睡しバッチリ目覚めスッキリ気分みんなで、寝具の片付け。感謝行で、キレイに掃除。朝餉。朝食を食べながら、オシャベリも元気のうちよ。笑いの行。大笑い健康のためアハハハハ運命の神喜んで来る講話とか済んで感想文を書く時間もあって短歌で書いた(チンタラ長い文は、マッピラ御免よ。)充実の感動のウズ感涙も祈りから来る本質なりと伊勢短期練成3日目(20日)

    なでしこBLOG

    なでしこBLOG

  • 大寒

    腹が立つことが多い。対象は家の中の些細なことから、世相・社会、国際情勢等ありとあらゆることに腹を立てる。自分でも余程アドレナリンが出やすいものだと思う。腹の立て方もいろいろだ。無暗矢鱈と当たり散らしたり、相手のいる場合、時には腹を立てているとはいえ、論理的に諄々と意見したり腹の立て方も定まらない。しかし周りは多少、迷惑である。特に家族は被害を被っている。申し訳の無い事だ。行きつけの蕎麦屋が家の近くにある。なんの変哲もない街の蕎麦屋だ。その店の壁に色紙が飾ってある。それに「腹」という字が横に寝せて書いてある。一種の人生訓だ。この蕎麦屋に行くにつけて反省してくる。しかし腹の立つときには腹が立つ。自分でも気持ちの良いものではない。つくずく損な性分だと思う。大寒や出がけに選ぶ靴の色素閑大寒や日向に座る猫二匹素閑大寒や無...大寒

    オカブ

    昼のガスパール・オカブ日記

  • 新元号

    新元号に使う文字、予想では「安」や「和」「永」が人気らしい。とりあえず、イニシャルがM・T・S・H以外の、分かりやすい文字。全然話題にはあがっていないけれど、個人的には「光」なんてどうかなと思うのだけど。  とっても猫背...

    hisohiso

    猫まち

  • 祝・特選×3!

    佳織さんが特選×3の快挙達成しました。

    麻布俳句教室

    麻布俳句教室

  • 何処へ行く中国共産党

    木枯らしや背中の痛み爪を切る花木柳太どうもよく分からないのが中国だ。というか中国共産党だ。中国人が韓国に中国とアメリカのどちらに付くのか曖昧だ、などと云う何を言ってやがるかと思っていたがどうもそうでもないらしい。ヨーロッパの衰退は久しい気がする。次はアメリカの衰退がどうなるかという事か昨日のNHKスペシャルを観たが思ったより中国はしたたかだアメリカの特にベンチャー企業は国を意識していないように思う。投資がもらえれば中国からでもいいと発言する。私は中国が発展して世界の覇者になってもいいと思う。ただし今のままでは空恐ろしい、共産主義のまま何処に行くのか。信仰の自由のはく奪、言論の弾圧、覇権主義、法は有ってないも同然民主主義はなおざりにされ、秩序は無きものとなる。不動産バブルがはじけると言ってもなかなかそれが無い。中...何処へ行く中国共産党

    そして老人は眠りにつく 俳句とエッセイ

    そして老人は眠りにつく 俳句とエッセイ

  • 曇りのち晴れ

    1月20日(日) 晴れ 陽の影を垣の狭間に雪中花 [画像] ポンカンの皮剥き易く昼餉後(ポンカン)

  • 全国男子駅伝

    ジョグとウォークで バーチャル 日本一周に挑戦中。俳句で日常を詠っています。

    甘ん

    どん足日記

  • 凍滝/大寒&~源氏物語の和歌の世界を楽しむ~

                   写真はネットより借用          大寒の水で目覚の顔洗ふ          凍滝の白き岩壁輝かせ          凍滝や一面白き世界なり         袋田の日差し明るき滝凍てる           ...

    今日も楽しく、感謝して

  • 今日の一首一句

    コウノ コウ

    コウノ コウの短歌&俳句ざんまい

  • 日脚

    けふも妻は新年会とか日脚伸ぶ風来丸

    風来丸

    風来丸の俳句&写真プログ

  • 大寒

    7時のNHKニュースで、今日は大寒と聞いた。二十四節季の一つ、陰暦一二月の中、陽暦では一月二〇日頃。一年で最も寒い時期である。寝床の枕が頭を離れて手探り、ままよと起床して妻に「おはよう」と言った。 にほんブログ村...

  • 近辺の散歩01/20′19

    ■大根畑  いつまで散歩できるやら               …………  だいこばた  いつまでさんぽできるやら  No.1396  …………◆この時期…我が家の近辺の畑では「大根」が栽培されているのをよく見かける。◆この2、3日、何度躓いたりよろめいたりしたことか?【

    Hiro

    Hike de 俳句

  • 楽しく生きて死ぬぞ-1007

    冬の風マスクの中の覚え顔あごマスク列を崩さず通学路ランニング寒さ気にせぬ赤い頬モチの実やまあにいやかく赤が良し天気予報メダカにそっとコモかぶせ早いなー昨年ブログのぞき見す←クリック楽しく生きて死ぬぞ-1007

    メイメイ八木の釣り&生活苦(句)

    メイメイ八木の釣り&生活苦(句)

  • 寒暁

     「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 「パノラマ台」で夜明けの紅富士を観た後は湖畔へ。 「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 水辺は寒い。 毛糸の帽子、マフラー、手袋、防寒用のジャケットとオーバーズボンを穿いて…と完全武装。 「山中湖交流プラザきらら」 (2019.1.10 山中湖:山梨県) 枯れ葦と冬霧と。 木道は真っ白に強霜(こわじも)に覆われて。 「山中湖交流...

    むく

    渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜

  • 岡崎市南公園遊園地

    初春に初心に帰る遊園地 岡崎市南公園には遊園地があります。碧南の明石公園みたいな遊園地です。そのことを2019年の元旦に訪れて知りました。でも、その日はお休み…

    shisyun

    空想俳人日記

  • ゆきサロン「AMIと歌おう!童謡・懐メロ」ありがとうございました

     週初めの月曜日(1月14日)は成人の日で祝日でしたね。そして、AMIは、岡崎市の悠紀の里で、今年お初ゆきサロン「AMIと歌おう!童謡・懐メロ」コンサートでし…

    shisyun

    空想俳人日記

  • 冬に咲いている西洋タンポポと日本水仙

    近くの犬との散歩道辺には、春の西洋タンポポの花が咲いています。西洋タンポポは関東タンポポと同様に食用に最適だそうですが、食用にしたした経験はありません。山野草図鑑では花期は3月~9月と紹介されています。今日は冬に咲いている西洋タンポポと日本水仙を紹介致します。道辺に咲いている「西洋タンポポ」道辺に咲いている「日本水仙」冬に咲いている西洋タンポポと日本水仙

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

  • 聖書の教え:あなたは「喜び」を説明することが出来ますか?

    私たち人間は神エホバによって男性も女性も「神の像(かたち)に創造されていますので、喜びを抱くことや他の人に喜びを与えることのできる能力が備えられています(創世記1:26,27)。皆様方は、今日も喜びの多い1日だったでしょうか。では「喜び(Joy)」とは何でしょうか。少し聖書から調べてみたいと思います。「喜び」とは、良いものを得ること、あるいは期待することによって引き起こされる感情です。また、幸福である状態、歓喜です。聖書中で喜びや歓喜、歓び、喜んでいる状態を表わすのに用いられてヘブライ語とギリシャ語の言葉は、喜びの様々な段階や度合いを表わします。関係している幾つかの動詞は内面的な喜びの感情と外面に現れる喜びを表し、「喜ぶ、歓喜する、喜びの叫びを上げる、喜び踊る」などの様々な意味を持っています。1.エホバ神:神エ...聖書の教え:あなたは「喜び」を説明することが出来ますか?

    JWみやさん

    神の王国の良いたより

  • 冬の湖

    タラの写真を整理しているうちに写真に興味をもち、カメラを持って歩くうちに俳句を作りたくなりました。

    たらちゃん

    たらちゃんの20年

  • 何だ、バカヤロウ!

    自称自由律俳句(季語無し)などなどです。

    くわがたお

    もろもろ

  • なんとなく

    自称自由律俳句(季語無し)などなどです。

    くわがたお

    もろもろ

  • だけど 職場

    自称自由律俳句(季語無し)などなどです。

    くわがたお

    もろもろ

  • スヌードできた

    スヌード編み終わりました日曜日はのんびり過ごそう

    もなか

    もなかの雑記帳

  • ジャスミンティー

    寝床にて読書のお供はジャスミンティー

    さとる

    現在(いま)の足音

  • 週末

    働いてプールで〆るよ一週間

    さとる

    現在(いま)の足音

  • 神田川

    着ぶくれし男の歌ふ神田川 「すり減った石鹸が、手の中でカタカタと鳴る。道路橋から 黒い流れを見下ろす神田川。着膨れた男のどっぷりの昭和の シーン。川面には冬月光が似合いそう。」 揚句への評 南こうせつとかぐや姫の「神田川」は、この川の畔に暮らす カップルの物語だ。その何も怖...

    taizou

    一句佳日