短歌 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/21 18:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
月のひかりさん
  • 情報提供ハンカチーフ(^^♪ 月のひかりの部屋月のひかりさんのプロフィール
  •   此のところ、冬にしては暖かい日が続いている。。   風邪やインフルエンザが流行っているので充分気を付けたい。↓短篇小説ランキングfc2の応援もよろしく!  ★新しい短篇小説 「赤い十字架(完)」...

2位
ふじこさん
  • 情報提供路地の山茶花 あなたに寄り添う心の短歌ふじこさんのプロフィール
  • 時来れば いづれ散りぬる さだめとて 春を待つのか 路地の山茶花ときくれば いづれちるぬる さだめとて はるをまつのか ろじのさざんか時が過ぎればいずれ散ってしまう命と知りながらも、それでも路地の山茶花は春を待つのでしょうか。ひらり、ひらりと、一枚一枚はなびらが落ちていく。椿のように、花ごと落ちるでもなく、桜のように、とめどなく散るようでもなく。ただそっと、その衣を一枚ずつはがすように、山茶花は花びらを散

3位
sunkyuさん
  • 情報提供● 100歳まで生きる? つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽsunkyuさんのプロフィール
  • ♪ 霊長を拒否する吾の不整脈一世紀など生きたくもなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 政府の人口推計によれば、2015年に50歳だった人の1割は100歳まで生き、「’07年生まれの半数が107歳まで生きる」...
4位 なごやのじじさん
5位 なごやのじじさん
6位 月のひかりさん
  • 情報提供はちみつゆず(^^♪ 月のひかりの部屋月のひかりさんのプロフィール
  •   此のところ、殊の外寒い日が続いている。。   風邪など引かぬよう充分気を付けたい。↓短篇小説ランキングfc2の応援もよろしく!  ★新しい短篇小説 「赤い十字架(完)」 を7月18日午前7時40分頃FC...
7位 なごやのじじさん
8位 ふじこさん
  • 情報提供津軽百首(あばのけの汁) あなたに寄り添う心の短歌ふじこさんのプロフィール
  • 下燃ゆる 炭を返すは 囲炉裏の間 ぐつぐつ湯立つ あばのけの汁したもゆる すみをかえすは いろりのま ぐつぐつゆだつ あばのけのしる下燃えの炭をひっくり返すと、おばあさん特製のけの汁がぐつぐつと煮立ってくる。田舎ならではのお話だと思うのですが、奥津軽に行けばいくほど、未だに「本家」「分家」という概念が色濃く残っています。私たちの世代までくると、そこまでのしがらみはなくなりますが、幼き頃はそれこそ、冠婚葬祭
9位 ぱぴこさん
  • 情報提供どうみても今日はきれいな日曜日 うわのそらぱぴこさんのプロフィール
  •  暑くても寒くても休日のたび「公園いきたい!」ばかり言う子どもたちのため、今日は長女の自転車と次女の三輪車を車に積んで、広い公園へ行きました。公道ではなかなか思い切り自転車を漕げないけれど、この公園内にはサイクリングに最適のコースがあるので、長女は心ゆくまで漕いでいました。次女もなんとか付いていこうとするのですが、三輪車ではまるでついていけず、悔しそうな寂しそうな羨ましそうな、なんとも言えない表情
10位 北山(ほくざん)さん
  • 情報提供歌誌「冬雷」2018年  1月号 私の心に残った歌 その4 北山の歌雑記北山(ほくざん)さんのプロフィール
  • 前回に引き続き歌誌「冬雷」1月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)家庭科で息子が作りたるエプロンの出できて眺む大きな縫ひ目東京 鈴 木 やよいかつて家庭科の授業で息子が作ったエプロンを見つけた作者。そして大きな縫ひ目に目を留めた。作者は少年当時の息子の姿を思い起
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 とにさん
  • 情報提供星の輝く夜 短い歌の日記とにさんのプロフィール
  • ドビュッシーの「星の輝く夜」を歌ってくれる人が見つかりました。この楽譜を手に入れてかれこれ8年がたちますが、なかなか出遭えなかったのです。ソプラノで、フランス語の発音が出来て、そしてなによりも私のピアノ伴奏で歌ってもいいよ、と言ってくれる人に。「星の輝く夜」はメロディも歌詞もドビュッシーの音楽にしてはシンプルかもしれません(ドビュッシー18歳の作品だそう)。でももう戻らない過去の美しい星の夜を夢見て
12位 とにさん
  • 情報提供気分上々 短い歌の日記とにさんのプロフィール
  • 君のため初めて作る春巻きよ気分上々また作るよね大沢幸子(冬雷 2017年11月号)彼のために春巻きに挑戦して、それが思いのほかおいしくできて、彼も喜んでくれて、もう最高の気分でしょう。「きぶんじょうじょう」の軽やかな響きが生きていると思います。読むほうも楽しい、さわやかな歌。結婚前に私が初めて作った料理は何だったのかはもう覚えていませんが、一度ナスのしぎ焼きを作ったことがあって、それが見事な生焼け状態で
13位 阿波の局さん
  • 情報提供1月17日(水)のつぶやき 阿波の局のブログ阿波の局さんのプロフィール
  • 【綾野剛】1/16(火)??1月26日 綾野さんのお誕生日まであと10日??#綾野剛 pic.twitter.com/9mjfqpomQU― 綾野剛 NEWS ?? (@Antaeus_ayn) 2018年1月16日 - 07:00首のラインや肩先がキレイだったり、目の色が美しかったり、ビジュアルとしてももちろんカッコイイのだけれど、綾野剛の魅力は人間力ですね。男としての色香が漂っている。(写真家・蜷川実花)[2012] pic.twitter.com/3Iv9dAvWbL― 綾野剛bot (@go_ayano_bot) 20
14位 ローズコーンさん
15位 新サスケさん
16位 sunkyuさん
17位 コウノ コウさん
  • 情報提供今日の一首一句 コウノ コウの短歌&俳句ざんまいコウノ コウさんのプロフィール
  • <2018年1月17日>        * 山茶花の 花盛り過ぐ 帰途の径ダックスフントの ラムに逢ひけり *    * 山茶花は 散るもあり 睦月の半ば *      
18位 言の葉花壇さん
  • 情報提供1月16日(火)のつぶやき 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
  • #凍り渡れる……★☆ 佐保川に 凍り渡れる 薄氷の 薄き心を わが思はなくに: 大原櫻井真人 :━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #万葉集 第二十巻より■□■― 言の葉花壇 (@kotonohakadan) 2018年1月16日 - 09:25
19位 ふじこさん
  • 情報提供春待つ椿 あなたに寄り添う心の短歌ふじこさんのプロフィール
  • 咲き誇る 雪気の中の 寒椿 今か今かと 春を待ちわぶさきほこる ゆきげのなかの かんつばき いまかいまかと はるをまちわぶ雪が降りそうな寒さの中で咲き誇る寒椿。冬にそぐわぬ鮮やかな色で、春を呼び込もうとしているのでしょう。今日はとても寒い。まるで雪でも降りそうな気配。そんな寒さの中でも、寒椿は色鮮やかに咲き誇っています。鉛色の空、凍てついた風、まだ春遠い景色。まるで、自らの華やかさで、春を呼びこもうとして
20位 新サスケさん
  • 情報提供今日の2首(9−22)わが案じしが 新サスケと短歌と詩新サスケさんのプロフィール
  •  昨日に続き、歌稿プリントより、2首をアップします。今日で「今日の2首」(9)シリーズの仕舞いです。 明日より「今日の2首」(10)シリーズが始まります。11月半ば〜12月半ばに詠んだ作品です。久々のバレーボールの運動に  身を痛めるかわが案じしが秋冷えの朝にシャワーを浴びおえて  パソコンに向く着膨れながら写真ACより、「ウィンタースポーツ」のイラスト1枚。
21位 トチヤさん
  • 情報提供「かげろう」 花々に贈る短歌集トチヤさんのプロフィール
  • 「それぞれの送るかたちは違えどもずしんと響く情けの重み」今日は「まだいるよ」〜って感じで、お菓子持参で卓球覗きに行きました。ある頃からおやつ禁止になっていたけど、今日は私の為に1時間とって茶話会になりました。友は昨日わざわざデパートに並んで、豪華グルメのフルーツプリンを買って来てくれ、あまぁ〜いしばしの別れとなりました。(何回送別会するの?)あんまり美味しくて写真撮るの忘れました(;'∀')「鉢植え
22位 かまくらdeたんか   鹿取 未放さん
  • 情報提供ブログ版 馬場あき子の外国詠389(中欧) かまくらdeたんか   鹿取 未放かまくらdeたんか   鹿取 未放さんのプロフィール
  •  ブログ版馬場あき子の外国詠53(2012年6月実施)    【中欧を行く 虹】『世紀』(2001年刊)105頁〜   参加者:N・I、崎尾廣子、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放   レポーター:藤本満須子(急遽代理のため書面のみの参加)   司会とまとめ:鹿取未放389 放牧のかほ白き牛観光のわれをあやしみ長く鳴きたり      (レポート) 放牧されている牛が観光客のわたしを見てまるであや
23位 rh1さん
24位 夢見るおばさんさん
  • 情報提供どんど焼き◇お寺の境内の神事 火の鳥が見えたらきっと幸せ   初越のこみち から夢見るおばさんさんのプロフィール
  • 初越のこみちにようこそ◇ 出会いたるをご加護と言えば偶然という人がいてそれぞれの界 ◇ あるとき、炎や雲が仏像に見えたと言ったらある人に「そのように見える人は、すでにそのご加護を受けられる世界にいる。幸せなことです。」と言われました。沼田のどんど焼き中継です。飛び立った鳥 見えますか !見えたら楽しいですね手をあわせると ほっとするようなガオーっときこえてきたような・・・美人のだいだらぼっち朝日が
更新時刻:18/01/21 18:30現在