俳句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/14 09:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
taizouさん
  • 情報提供おでん 一句佳日taizouさんのプロフィール
  • 世渡りの下手な男とおでん酒 季語「おでん」の傍題「おでん酒」他に「おでん屋」など おでんの季節になってきた。おでんは酒との相性がいい、 良すぎて、おでん屋のイメージは飲み屋になってしまった。 家族連れや、女性が気楽に寄れる食べ物屋になっていない。 飲んべえとしては、何か後ろめたいような気持ちになる・・ 木々抜ける風に音ありおでんの灯

2位
メタ蛙さん
  • 情報提供猫の俳句と写真のコラボ「俳句ねこ」 俳句好きの俳句情報メタ蛙さんのプロフィール
  • 俳句ねこ [ 沖 昌之 ]価格:1512円(税込、送料無料) (2018/12/13時点)楽天で購入内容紹介四季折々の自然の中に暮らす自由気ままねこたちその表情を見事に活写した猫写真と俳句のコラボ!【内容紹介】●春/夏/秋/冬・新年の歳時記にそった4部構成。●倉阪鬼一郎書き下ろし他、小林一茶、寺山修司ほか、ねこ俳句の名句を40句収録。●季語の解説のほか、類句を紹介するなど俳句入門の役割も。引用:AmazonAmazon***俳句ねこ (単行

3位
まほろば俳句日記さん
4位 日向亮司さん
  • 情報提供毛布 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 船酔ひに掛けし毛布のいと古しカズ君がトイレに行くというので娘も付いて行ったが、そこで見たのはキャビンで寝ている5人の姿だった。娘「みんなダウンしてた」私「あのミニスカートと薄着じゃ、寒くて釣りどころじゃないだろうからなぁ」娘「酔っちゃったんだろうね」私「あまり近くばかり見ていると、こっちも酔っちゃうから気を付けないとね。遠く水平線の方を見るようにしよう」娘「私もさっきグッと来ちゃったわよ。よくカズ
5位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供鍋焼きうどん 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成30年12月12日(水)鍋焼 : 鍋焼饂飩本来は土鍋に鶏肉・魚介類・芹・慈姑(くわい)を入れ醤油や味噌仕立てで煮ながら食べるもの(別名:芹焼)亦、鍋の縁に土手の様に味噌を塗り、溶け出す味噌の味で食べるのが土手鍋。味噌が少し焦げて香ばしい。昨今は土鍋で饂飩に葱や椎茸、蒲鉾等を入れ煮たてた「鍋焼き饂飩」が一般的である。鍋焼き饂飩うどんを椎茸、蒲鉾、葱、卵、天婦羅等と一緒に土鍋でじっくり煮込み熱いと
6位 オカブさん
  • 情報提供冷たし 昼のガスパール・オカブ日記オカブさんのプロフィール
  • 先週、三茶の行きつけのレストラン『きゃんどる』で頂いた駿河産のシラスを丼にした。シラスは極上品。彩と味を添えるためにイクラを載せて。そのほかサラダ他、こまごましたおかず。全部、かーたんが作ってくれた。普段はこのような食生活をしている。というか、これは家では超豪華版の晩御飯。美味かった。普段はもっと質素なものを食べている。冷たしや硝子の窓にふと触れて   素閑薬飲むコップも冷たき病室や   素閑鉄門
7位 hinotoriさん
  • 情報提供雪女 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  •   冬(天文):雪女・雪女郎・雪鬼・雪坊主・雪の精・雪男雪女は伝説に現れる雪の精のことで、氷のような手足をし、容貌の美しい女だとされる。豪雪地帯の人々の雪に対する恐れを形にした季語であろうから、温暖な大分に住む私が詠むのはひかえるべきかも知れない。でも、雪の日に助手席に掛けた美しい?妻を乗せて関崎岬の九十九折を運転したときの一句なのです。にほんブログ村
8位 オカブさん
  • 情報提供手袋 昼のガスパール・オカブ日記オカブさんのプロフィール
  • 「オカブ」というHNでブログを書いている。オカブの姓はある世界的メーカーと同じなのだが、その製品のスーパーカブが好きなのである。そこでカブを拝借してオカブと名乗った。自分では決して買い求めたいとは思わないが、今や銀行員が乗り、新聞配達が乗り、植木屋が乗り、あらゆる階層が利用する社会的インフラと言ってもよかろう。その前身の「バタバタ」は戦後の、まだ碌に部品の無い頃に作られ、燃料タンクには湯たんぽを使っ
9位 taizouさん
  • 情報提供日向ぼこ 一句佳日taizouさんのプロフィール
  • 日向ぼこ余生ゆつくり裏返し 原句は、日向ぼこ余生ゆつくり裏返す 私の先生の先生に見ていただく機会があり「裏返す」を 「裏返し」に添削をしていただいた。お分かりだろうか、 この1文字の添削で、句全体がゆったりとして、余韻まで 生れたように思う。「日溜まりで暖まりながら、来し方を 振り返る平穏な時間。中七、下五の表現がいいと思う。 思い出は「ゆっくり」と裏返したい。」 おしやべりも無口も孤独
10位 yuhkiさん
  • 情報提供カフェインと革手袋とモデルガン 風と光の散歩道、有希編yuhkiさんのプロフィール
  • 夏頃、鼻水とくしゃみがひどくて寒暖差?と思っていたら、その後わりと落ち着きました。ところが10月くらいからまたひどくなってきて、朝目が覚めると、くしゅんくしゅん、鼻かみー。それで耳鼻科へ行ったら、アレルギー性の鼻炎だそうです。ステロイド入の点鼻薬を処方されて、とりあえず様子見。原因はおそらくハウスダスト。昨年まで、生まれてこの方、アレルギーなんて経験なかったのに。この年でアレルギー発症とは・・・。 
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 前北かおるさん
  • 情報提供夏潮池袋句会。 俳諧師 前北かおる前北かおるさんのプロフィール
  •  今日は、夏潮池袋句会がありました。飲み疲れで、忘年会に参加できず残念でした。  足跡の束の間のこる霙かな※今月5回目、今年97回目。
12位 なでしこBLOGさん
  • 情報提供太陰暦:霜月七日 lunar calender Simotuki Nanoka = 7 day なでしこBLOGなでしこBLOGさんのプロフィール
  • おはようと   陽光に顔  向けて手を  合わせて見れば  心に響く       今朝の東天 。6:51  。        7:55   。       レンギョウ   。  レンギョウは  枝と茎と根  枯れたかと  見えるが違う   次の準備よ    おはようございます。世界の平和と日本の安寧を祈ります  。     
13位 819makerさん
  • 情報提供枯葉 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]池を見るデッキに枯葉吹かれをり[画像]にほんブログ村 [画像] 草木の枯れた葉をいう。[画像]枝や茎についている葉と地上に落ちた葉の双方とも指す。地に落ちた葉は時間が経つとかさかさに乾き、文字通り枯葉になる。[画像]枯れたまま樹上に残っているものもある。[画像]池を見るデッキに枯葉が落ちていて、風に吹かれていた。[画像]枯葉舞ふ古き社に参拝し[画像]にほんブログ村 [画像]
14位 凉さん
  • 情報提供落葉/紅葉/水仙/年の暮/年忘れ 今日も楽しく、感謝して凉さんのプロフィール
  •         メタセコイア水面敷き積む落葉かな 身ほとりの紅葉見納近づきぬ   沼べりの水仙蕾膨らみぬ 「災」と書く漢字一文字年の暮         今年の漢字は災害続発を反映「災」に決定        来年は穏やかな年になって欲しいです。       Hちゃんが車で迎えに来てくれました。まだまだ安心の運転です。      高校時代の友人達3人と木曽路で
15位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供     屋島寺への遍路道 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •      もうすぐ、近くにある四国村の水仙が盛りになるであろう。マンションにはに、一階の家を除いては庭がない。我が家も南側と西側にある狭いベランダに鉢植えの花を置くしか自然に接することはできぬ。少し、落ち着くと、四国村の年間パスポートを買い、自分に庭のごとく毎日、散策に出かけようと思っている。自分の家の庭だと心の奧で思っている。古い四国地方の古民家を移築し、山あり谷あり、郷愁を感じるこの上のない場
16位 819makerさん
  • 情報提供水鳥 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]水鳥の周りの水面輝けり[画像]にほんブログ村 [画像] 鴨、雁、白鳥、鳰、百合鷗、鴛鴦など、冬に水上にいる鳥を総称していう。[画像]水鳥が冬季とされるのは、海や川や湖沼で、冬に一番多く見られるからという。[画像]鴨や白鳥に定期的に餌を与える人もいる。[画像]水鳥がいる所は昼の日差しに水面がきらきらと輝ていた。[画像]水鳥の動かずにをり城の濠[画像]にほんブログ村 [画像]
17位 日向亮司さん
  • 情報提供冬空 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 冬空へひよいとトラギスよく釣れる船は八景島の横を抜けて千葉の富津沖へと向かった。波は穏やかだが、物凄いスピードで走るのでどこかに掴まっていないと飛ばされそうである。座っているだけでも力が入る。時折襲ってくる波しぶきに背を向けて足を踏ん張ったりしながら景色を眺めていた。「スゲェ〜、船がジャンプしてる。波が追い掛けて来る〜。速ェ〜」乗り物好きのカズ君が疾走する船に乗ったのだから大興奮である。しかし初め
18位 ネコヤナギさん
  • 情報提供冬の句 A Cup of 俳句ネコヤナギさんのプロフィール
  • 冬の句  本日の1曲/Larry Carlton Crying hands寒昴たれも誰かのただひとり      照井翠荒星のはなれ離れの故山かな    恩田 侑布子男来て出口を訊けり大枯野    恩田 侑布子足音の石となりゆく寒さかな     山崎百花凍蝶に五百羅漢の膝ひとつ    山崎百花冬の月となりの席が空いている     田中朋子雪催いすぐに視線を逸らされる    田中朋子踏み出して原点となる霜柱     秋尾  敏寒
19位 taizouさん
  • 情報提供寒茜 一句佳日taizouさんのプロフィール
  • 帰る子の影の手をふる寒茜 季語は「冬夕焼」の傍題で「寒茜」。「寒夕焼」など 「逆転の発想の面白さ。子どもが手を振れば、その影が 手を振るのは当り前。影のほうが手を振るので、それに 合わせて人間の子も手を振るのです。真赤な寒の夕日を 背景に、物悲しさがいよいよ募っていきます。深刻では ないけれど、滋味にあふれた句。」句評でした・・ 母ゆきし黄泉覗きたし寒茜  山田光風
20位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供落葉掻き 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成30年12月10日(月)落葉掻き町内では、毎月公園の草取りを中心に清掃を行っている。11月に入ると、樹木が紅葉して落葉が降り積もるようになる。風に乗りご近所の庭先や駐車場迄舞落ちる。数年前より、土木事務所に早めの樹木の剪定をお願いして来たが、今年は市の予算がないとの事、、、、。町内公園愛護会のメンバー総出で「落葉掻き」を行った。凡そ1時間半、公園は見違える程に、、、、ゴミ回収袋(大45L用)3
21位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供ドアの補修工事 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成30年12月11日(火)集会所出入口ドアの補修工事週末、町内集会所出入口ドアの補修工事を行った。現在、ドアを正面に見て左開きのドアが付いている。そのすぐ左手に下駄箱が在り、雨天の時ドアを開け靴を下駄箱に入れるにはドアが邪魔となる。庇は在るものの出入りの際とても不便であり、苦情が多い、、。ドアの補修を業者に依頼する。ドアの取替はドア枠から替える必要がありかなりの出費となる。「このドア上面ガラス張
22位 たらちゃんさん
  • 情報提供タラちゃん6回忌 たらちゃんの20年たらちゃんさんのプロフィール
  • 忘れ得ず抱きしときの温もりを小春日は猫にせがまれ庭いじりぬくぬくと眠る姿のいとおしや日向ぼこ君の視線を感じつつタラが消えてから6年がたった。毎朝、水をかえるたびに話しかけるし、家中に写真が飾ってあるので、まだ一緒にいるような気がする。タラちゃんは庭が大好きだった。庭に出ようとせがみだすと、なかなか諦めない。タラの要求を満たしてからでないと何事も落ち着いてできなかった。実は庭にいると野良猫に襲われる
23位 octpusさん
  • 情報提供賀状書く かかみの歳時記octpusさんのプロフィール
  •  押し迫らないうちにできることからやろうと賀状を書く。毎年は「筆ぐるめ」で作っていたが今さら古いパソコンを起動するのも面倒だと思っていたらTが郵政省の「年賀状キッド」を入れてくれた。去年はうまくいかなくて結局あきらめたのだが、今年はなんとか印刷までこぎつけた。「筆ぐるめ」に比べるとやや無骨だが(これはわたしのパソコンのフォントが乏しいため)使い勝手は悪くなかった。年賀状の卒業ということも色々言われ
24位 十志夫さん
  • 情報提供新作7句 俳句と主夫の間で(2)♬十志夫さんのプロフィール
  • 「俳壇」(本阿弥書店)から新作7句の原稿依頼があった。「俳壇ワイド作品集」という連載企画で、毎号、各社の俳句賞の受賞者に加えて、結社の主宰や編集長ら、7〜8名が句をせている。今回は「編集長枠」での依頼ということだ。「俳壇」は定期購読をしていないし、特に...
25位 牟礼鯨さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 hisohisoさん
  • 情報提供名刺管理アプリ 猫まちhisohisoさんのプロフィール
  • 今日、Aさんが大量の名刺を無料の名刺管理アプリを使ってデータ化していた。同時に10枚の名刺を読み込んで瞬時にデータ化できるらしい。「えーっ 何これー すごい便利! 賢い!」「何でこんなことできるのか、分からない!」「どういう仕組みなんやろねえ」「しかも無料ってすごくないですか?!」たぶん、生まれて初めて写真機を見た明治の人ってこんな感じだったかも。Aさんも私も、ほとんど 「これは南蛮人の魔法かー?」
27位 メイメイ八木の釣り&生活苦(句)さん
  • 情報提供楽しく生きて死ぬぞ-989 メイメイ八木の釣り&生活苦(句)メイメイ八木の釣り&生活苦(句)さんのプロフィール
  •         罪はない  風に揺られて  食卓へ                       冬の風   洗濯物にも   主張有る      人のあか  水に流して   繰り返す      吊り下がり 風に泳いで   身を清め      こだわると 干されたパンツ 裏事情      さっぱりと 綺麗になって  また宮へ         メイ首相  採決ドタキャン アイルランド      マクロン
28位 甘んさん
  • 情報提供おでん で一句 どん足日記甘んさんのプロフィール
  • 〓 快晴 3.5℃ (最高予想 12℃) <今朝の体重> 65.8kg (対前日増減 ±0.0kg ) <ウォーキング&ジョギング> 昨日の 歩数計 5,833歩  11月合計 45km ☆バーチャル「日本一周」 12975  累積 6,856m/8,955km (日本一周の 77%)  御殿場市に到着、河口湖への途上。→ 今 ここ [地図]   今朝の血圧(朝食前)、脈拍 計測できなかった 〓(今月の血圧グラフ)昨日はタオルグリップ、アキレス腱トントを1セット
29位 としひらさん
  • 情報提供2018 No.51 グローバルポエマーとしひらさんのプロフィール
  • 黍嵐遅延の後に超特急unforeseen delays---the typhoon which tumbles millet flies like a super express 把黍子砍倒的暴風延宕日期之後,特快般地奔馳peden soupwur---melimel me letelet dopas duwehte kisa
30位 そして老人は眠りにつく 俳句とエッセイさん
  • 情報提供冬の猫 そして老人は眠りにつく 俳句とエッセイそして老人は眠りにつく 俳句とエッセイさんのプロフィール
  • 今日も外は寒かった。今日は宗像まで行ってきた。帰ってきて着替える前に猫の処まで行ってきた。待てど暮らせど来ないので、猫を探して何処で眠っているのか散策した。市民に開放してある農地があって所々に小屋がしつらえてある。その一角に雨を凌げるところがあった。多分そこで夜や雨を凌いでいるのかと思う。餌は豊富に貰って太ってはいるが何しろ冬の猫は可哀そうだ。私はほとんどカリカリしか持っていかない。餌を与えていた
31位 メタ蛙さん
  • 情報提供産経新聞・俳壇。2018年12月13日。 俳句好きの俳句情報メタ蛙さんのプロフィール
  • 産経新聞・俳壇。2018年12月13日。宮坂静生選戦争などすまじ焼藷買ふ少女山がすぐかぶさつて来る大根引植付を終へて股引(ももひき)出しにけり太平洋昏れて銀杏の散りやまずをろち消え神楽太鼓の果てにけり寺井谷子選良く生きて父母に会ひたし冬銀河里山の小さな顔の兎かな試歩に出てポインセチアを買ひにけり狸驚く我も驚く善き日かな重ね角そろふ雑巾一葉忌★楽天市場・宮坂静生★★Amazon・宮坂静生★★楽天市場・寺井谷子★★
32位 Hiroさん
  • 情報提供氏神様でひと休み*12/13′18 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■葉牡丹の氏神様でひと休み ………… はぼたんのうじがみさまでひとやすみ No.1359 …………◆地域の祭りや「氏神様」など、子供の頃は縁のない暮らしだったが…。◆この地に住んで、約30年。地域の行事や防災・子ども会の活動などに関わり、子ども達を育ててきた。そんな中で、ここを会場に行われた催し物も多かった…。◆そんなことで、いつの間にか「氏神様」にも親しみを覚え…散歩の途中、ここに寄ってベン
33位 廃空さん
34位 Hiroさん
  • 情報提供俳人協会“俳句大賞”12/14′18 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■おでん鍋 一兵卒の丸眼鏡 ………… おでんなべ いちへいそつのまるめがね No.1360 …………◆意味不明の句になってしまいましたが…。俳人協会から〈第25回 俳句大賞・準賞決まる〉の記事が載った“新聞”が届いた。◆“大賞”は、掛井広通氏〔くぢら〕の〈紙漉の水の表を使ひけり〉が選ばれ、“準賞”には、村上尚子氏〔白魚火〕の〈白鳥と同じ光の中にをり〉と、片方みち子氏〔秀・樹氷〕の〈えご散るやき
35位 前北かおるさん
36位 青柳仁さん
  • 情報提供フォト575zrm1706『 山茶花の宿に立ち寄り忍ぶ友 』 良寛さんと遊ぶ青柳仁さんのプロフィール
  • ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★★ 筑紫風575交心zrm1706――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪―― 山茶花の宿に立ち寄り忍ぶ友――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。にほんブログ村★ ありがとうございます。★★★ 筑紫風575交心zrm1706『 山茶花の宿に立ち寄り忍ぶ友 』 へどうぞ!
37位 青柳仁さん
  • 情報提供『 わが恋は一条の未知雪女 』物真似575冬zrk1305 良寛さんと遊ぶ青柳仁さんのプロフィール
  • ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575冬zrk13 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★★ 物真似575冬zrk1305――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪―― わが恋は一条の未知雪女――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。にほんブログ村★ ありがとうございます。01 嗚呼嗚呼と鬼女のあと行く雪の森02 見る夢は薄野ばかり去年今年03 
38位 横丁の隠居高三郎さん
  • 情報提供レノン忌(再掲) 高三郎の「俳句で遊ぶ」横丁の隠居高三郎さんのプロフィール
  •       開戦忌もレノン忌も忘れ去りぬ      ベッドイン独り善がりのレノンの忌      レノン忌の夕日が沈む真珠湾      Yah ! Yah ! Yah ! 一騎加勢のレノンの忌      思い切り坊主頭のレノンの忌      レノン忌の帽子の中のピンフかな      レノン忌の少し傾いだ地平線                   https://poem.blogmura.com/haiku/ 
39位 空見さん
40位 hisohisoさん
  • 情報提供猫バカ 猫まちhisohisoさんのプロフィール
  • 上から見たところも……    その猫が上を見上げたところも……   どこからどう見ても猫は可愛い(結論)……これを猫バカというのでしょうね(自覚)
41位 taizouさん
  • 情報提供十二月 一句佳日taizouさんのプロフィール
  • 気ままといふ退屈な日々十二月 季語は「十二月」。1年最後の月である。この月に 済ませなければいけないことも多く、気ぜわしさが 重なっている季語。ただ、あわただしいことと取り 合わせると、失敗の句になることが多い。 師走も、私たちぐらいの世帯になると、悠々とした もの。あれもこれもと忙しかった頃がなつかしい・・ なだらかにため息落ちる十二月 今川峻宗
42位 819makerさん
  • 情報提供浮寝鳥 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]浮寝鳥見てゐて眠くなりにけり[画像]にほんブログ村 [画像] 水に浮いたまま眠っている水鳥をいう。[画像]雁や鴨などが水上で羽に貌を埋めて寝ている姿をよく見かける。[画像]水鳥の羽毛は密生しており、油脂選から出る脂をくちばしで羽毛の表面に塗り、防水のはたらきとする。[画像]池に鴨がみな眠って浮いていた。その鴨を見ていて、こちらも眠くなってしまった。[画像]日を受けて幽かに流れ浮寝鳥[画像]にほんブログ村 [画
43位 日向亮司さん
  • 情報提供冬の海 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 火を焚いてその真向かひに冬の海11月18日(日)、朝はドタバタである。娘とカズ君は6時に起きてきた。天気予報を確認すると<曇り、波の高さ0.5メートル>と変わっていた。「晴れから曇りに変わっている。海上は寒いかも知れない。波はほとんどないので大丈夫だけど厚着はしていこう」あれこれとやっているうちに時間が過ぎていき、家を出たのが6時40分になっていた。車を走らせて5分ほどしたところで道具の話になった。私「あれっ
44位 オカブさん
  • 情報提供十二月 昼のガスパール・オカブ日記オカブさんのプロフィール
  • 今年の2月にパリに行ってきたが、そこでまず感じたのは街の汚さだった。これまで何度もパリに行ったが、こんなに雑然とした街並みは見たことがない。裏通りに入れば、まさにゴミ捨て場のような様相である。これは人心が荒廃しているな、と思った。そこで、今回のフランス全土の暴動である。原因はマクロン政権の失政というよりも、ここ数年ヨーロッパ全土を覆う閉塞感が市民の忍耐の限界を超えたことだと思う。これはドイツで極右
45位 麻布俳句教室さん
  • 情報提供卯浪集10月特選句 麻布俳句教室麻布俳句教室さんのプロフィール
  • 昨日は、卯浪年間賞の特選にキヨ子さんの句が選ばれたビッグニュースをお伝えしました。さて、今日は、卯浪集の10月の特選句に選ばれた麻布俳句教室のメンバーの句をご紹介します。今回からは選んでくださった講師の先生のお名前も記したいと思います。【小川みゆき選】団栗を握らぬはうの手をつなぎ一剣ひとしれず花となりたる吾亦紅林ひとみ【日置正樹選】団栗を握らぬはうの手をつなぎ一剣【平井裕子選】風音の高まりきたる雨
46位 hinotoriさん
  • 情報提供弁天島水位観測所 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  • 母を訪ねたら留守であったので、近くの大分河畔を散歩した。弁天大橋の袂にある弁天島水位観測所とある施設の標識のイラストが目にとまった。弁天という地名ではなく、標識には「弁天島」と記されていた。その昔、この辺りは島であったのかもしれない。にほんブログ村
47位 むくさん
  • 情報提供冬花火 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
  •     火のあればすなはち囲む冬花火        (ひのあればすなわちかこむ ふゆはなび)    もの足りぬほどなるが良き冬花火 /むく        (ものたりぬほどなるがよき ふゆはなび) 電飾祭〜山中湖花の都公園〜 (2018.12.9 山中湖:山梨県) 天地創造 (The Creation)by Kahlil Gibran (1883.1.6 ? 1931.4.10)訳・渡邊むく神は自らの命を一つ分けて、美しい女を創られ、その命に、あらゆる麗しさ
48位 819makerさん
  • 情報提供冬木 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]東京の水瓶に立つ冬木かな[画像]にほんブログ村 [画像]影絵めく冬木夕暮ともなりて[画像]にほんブログ村 [画像]</a
49位 hinotoriさん
  • 情報提供 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  • 鴨はカモ科の鳥のうち比較的小型の水鳥の総称。河海・湖沼に生息。世界に約70種。日本では晩秋初冬に渡ってきて冬の訪れを告げる。マガモ・コガモ・ヨシガモ・トモエガモなど。にほんブログ村
50位 Hiroさん
  • 情報提供“湧”12月号が届いた12/10′18 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■束の間の日影あざやか 白障子 ………… つかのまのひかげあざやか しろしょうじ No.1356 …………◆冬の日が傾く、午後4時頃。◆「白障子」に、庭木や蔓の「影」が「あざやか」に映し出された。〈束の間の影を映して 白障子〉①〈束の間を影のあざやか 白障子〉②〈束の間の日影うつろふ 白障子〉③◆ほんの一瞬のことだったけれど…「束の間」、外と内〜明と暗〜の境界を感じたことだった。【俳人の一句
更新時刻:18/12/14 09:30現在