俳句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/04/24 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
遊歩さん
  • 情報提供春の幼稚園 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  •    大泣きの児のゐて春の幼稚園「保育園落ちた日本死ね!!!」の書き込みで、待機児童問題が大きく取り扱われるようになった。 私たちが子供の頃、幼稚園というのがあったかどうか全く覚えがないが、 近所の子は皆んな、保育所(園)に通っていた。通っていたというか、預けられていた感じ 多くの家で、お母さんが当たり前みたいに何かしら働いていた時代だった

2位
おたまおばさんさん
  • 情報提供吟行句会 おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 明月院を出て鎌倉駅へ向かいます。特に句会の場所を決めていたわけではないので、句会が出来る場所を探しつつ。外にパラソル付きのテーブルがあるカフェを見つけて句会。(お店の名は失念いたしました、)アイスコーヒーと桜アイスのセットを頼み、まず、アイスを食べきってからの句作です。「涅槃図」と「春の風」を入れて1句詠みました。その時は、「涅槃図」が季語とは知らず・・・。家に帰ってきてから季語と知り、詠み直しま

3位
むくさん
  • 情報提供花果つ(はなはつ) / 花の果(はなのはて) 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
  •     妻と聞くふくろふ花の果てし夜         (つまときくふくろう はなのはてしよる)    ふくろふの二夜は啼かず花の果 /むく         (ふくろうのふたよはなかず はなのはて)残雪 (2017.4.16 西臼塚:静岡県富士宮市) 写真は富士山ですが、ふくろうの声を聞いたのは一昨日の夜、横須賀で。 そんな身近なところで、しかもこんな季節に聞けるとは思ってもいなかったので、まさか、と耳を疑い
4位 819makerさん
  • 情報提供里桜 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]松月暫くを翁見上げて里桜[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] バラ科の落葉高木。[画像]オオシマザクラに由来する桜の園芸品種の総称。[画像]鬱金八重咲きで、花の色が白・黄・紅色など多くの品種がある。[画像]開花期が遅く、ソメイヨシノなどの花が終わった後に咲く。[画像]御衣黄老人が一人で暫く桜を見上げていた。近づいてみると、それは里桜であった。[画像]里桜日差しの強くなつてきぬ[にほんブログ村
5位 おたまおばさんさん
  • 情報提供円覚寺:初蛙(はつかわず) おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 北鎌倉駅からすぐの円覚寺に向かいます。紅葉の新葉が見事でした。立派な山門をくぐります。駅では白い蝶に、山門付近では黄の蝶とリスに出会いました。円覚寺の方丈裏の心字池から蛙の鳴き声が。どこにいるのか、かなり近くで聞こえるのですが姿は見えず・・・。覚めきらぬ者の声なり初蛙   相生垣瓜人おたまの聞いた蛙は、覚めきった鳴き声でしたけど・・・ネ。
6位 ネコヤナギさん
  • 情報提供朧月夜 2017/4 A Cup of 俳句ネコヤナギさんのプロフィール
  • 朧夜の猫の分かれて逃げる道朧夜の湯を踏む音の聞こえをり浴槽に光捩れて朧月朧夜の睡りはすぐに岸離れふと夜空を見上げると、そこに朧月を発見することが多くなった。淡くなった月光と、その周辺を点描のように、様々な色の細かな粒子が取り巻いている。空気中の水蒸気が多くなると、発生しやすくなるらしい。ある夜ベランダに出ると、東の空に出たばかりの月は、最初朧月ではなかった。それはちょうど和菓子の「すあま」のような
7位 ゆりさん
  • 情報提供春の宵 俳句日和ゆりさんのプロフィール
  • ふりそでの 半玉さんと 春の宵隅田川の屋形船にて…夜桜を観に隅田川の屋形船に乗りました。桜もさることながら、半玉さん(年少の芸者さん)あでやかさに、うっとりでした。
8位 ちわきの俳句の部屋さん
  • 情報提供七重八重…のつづきでぇ〜す ちわきの俳句の部屋ちわきの俳句の部屋さんのプロフィール
  •             昨日のつづきでぇ〜す。            太田道灌がにわか雨に遭って、農家の娘から山吹の一枝を差し出された話…            その舞台となった場所として、豊島区神田川の面影橋の近くに石碑があるそうな。            またその近くには「山吹の里」もあると。            ところで、太田道灌(出家する前は資長)は、扇谷上杉家の家宰・太田資清の子で、  
9位 hinotoriさん
  • 情報提供八重桜 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  •   隣家の塀から乗りだしている八重桜Begin to countにほんブログ村
10位 明治大学校友会清瀬地域支部さん
  • 情報提供卯月句会 作品発表 第2弾 清瀬紫紺ネット明治大学校友会清瀬地域支部さんのプロフィール
  •     良子様 提供      カタクリ                 ヒロハノアマナ                    春の野草は素晴らしい     推敲の必要なき句            車椅子轍乱るる春の泥 ( 逍子 作 )           雨止みて吉野の山に桜東風  ( 偉三男 作)           新入生母に教はり定期買う ( 信夫 作)           風薫る鼻もぐ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 おたまおばさんさん
  • 情報提供明月院 おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 円覚寺を出て、次は明月院へ。あじさいで有名なお寺です。あじさいの写真は、この参道で撮られる方が多ですね。その時期なら、さぞかし紫陽花が見事だろうと想像して下さいね。でも、桜に新緑、大満足です。円窓からの景色がすごい。受付のお嬢さんとお話ししましたが、昨年は、紅葉に雪が降りそれはそれは見事だったとか・・・。また違う季節に来ますねとお伝えしました。こちらの辺りで、使いすぎたスマホが悲鳴を上げることに。
12位 ももさん
  • 情報提供春の風邪 ほわ〜っとできる今日の俳句ももさんのプロフィール
  • 風邪ひいた。。。 . 喉が痛い。 変な汗が出る。 暑いんだか、寒いんだか、よくわ...
13位 風来丸さん
14位 凉さん
  • 情報提供花水木/花みずき/筍ご飯/筍煮/行く春& 翔(かける)の会 今日も楽しく、感謝して凉さんのプロフィール
  •        花水木光の道の真っ直ぐに      武蔵野の空押し上げて花水木      蒼天の空にまばゆき花水木      園児らの声晴れやかな花みずき      ビル街の歩道爽やか花みずき      花みずき時の流れのゆるぎなし          かぐわしき筍ご飯食む夕餉         醤油味筍煮付け仏様             翔の会                 Hちゃんの母校の中学
15位 むくさん
  • 情報提供初燕(はつつばめ) 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
  •     初燕畦を繕ふ野球帽         (はつつばめ あぜをつくろうやきゅうぼう)    初燕コンクリートの畦多し /むく         (はつつばめ こんくりーとのあぜおおし)畦繕い (2017.4.3 東山界隈:静岡県御殿場市)カネやモノでなく、豊かな心の大切さを伝えられる私たちに。(渡邊むく) ご訪問ありがとうございました。
16位 ネコヤナギさん
  • 情報提供春・アラ・モード A Cup of 俳句ネコヤナギさんのプロフィール
  • 葉桜に学生服の続く坂葉桜が風を集める坂の上もう一度やり直せるか遅桜山吹や自転車の子の帽子飛ぶ風の強い日だった。前から走ってきた自転車の少年の、黒い野球帽が吹っ飛んだ。私の眼の前だったので、それを拾って振り向いた。「すいませーん」と言ってUターンして来た少年は、人形のように色白の睫毛の長い、綺麗な少年だった。帽子を渡すと、恥ずかしそうに会釈をして、走って行った。あれでは、お母さんは溺愛しているだろう
17位 甘んさん
  • 情報提供パイプの似合う釣り人 どん足日記甘んさんのプロフィール
  • 〓 05:45 快晴 12℃ <今朝の体重> ・64.3kg。(対前日増減 +〓0.1kg ) <ウォーキング&ジョギング> ・昨日の 歩数計 9,286歩 4月合計 64km ☆バーチャル「日本一周」   累積 4,623km/8,955km(日本一周の 52%)  北海道・標津町へ到着、根室市への途上。→ 今 ここ [地図] 今朝の河口には瀬戸の島を背景にカワウ(川鵜)の姿が見えたので、浮き上がるのを待っていたら沖へ行ってしまった。〓新八幡川橋の下で釣り
18位 一美さん
19位 一葉(HITOHA)さん
  • 情報提供春嵐 一葉の俳句&写真日記一葉(HITOHA)さんのプロフィール
  • 昨日は暖かいを通り越して、気分が悪くなるほど暑い一日でした。慌てて箪笥の衣類を取り換え、一足早い衣替えをしました。そして今日、朝からの大雨に突然の雷、風も強く、庭の若楓の枝が折れそうなほどに撓っていました。そんな中、紫の都忘れの花が咲き始め、心を癒してくれました。春闌というのに、我が家の庭は色彩に乏しく、白山吹の花と白いフリージア、花韮の白ばかりという寂しさ。。。。ここに住んで23年、チューリップの
20位 直美さん
21位 大山大介さん
  • 情報提供ミツバツツジ 俳句とお星様と山歩き大山大介さんのプロフィール
  • 曇天の割れて日当る柳かな 今日は、散歩していると藤の花が咲いて、鈴蘭も咲いて、そうですね。もうすぐに夏なのです。 囀りを入れて湿原透きとほる草原の妖精の舞ひ蝶白し豪族の館の跡の濃山吹落人の村に謂れや山桜点描のやうに草原韮の花青白き炎をあげて著莪の花情念の秘するが花や著莪の森森に猛く嘶く武蔵鐙かな春愁ふ音のくぐもる軍用機山吹の水の流れに和すごとく咲き切つて口を閉ざすや八重桜ヘリの音が震はせて
22位 hinotoriさん
23位 日向亮司さん
  • 情報提供春疾風 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 首塚や討たれし時も春疾風幸手インターを降り5分ほど走った所に浄誓寺はあった。あたりは広大な畑である。山門を潜ると正面に本堂があり、その裏に首塚があった。周囲をコンクリートブロックに囲まれ、高さ3メートルほどの塚になっている。頂上に五輪塔が据えられていた。入口にあった説明書きでは上の3つは後世のもので、下の2つが江戸時代以前のものということである。「北葛飾郡内最古の五輪塔の可能性が高い」と書かれていたが
24位 日向亮司さん
  • 情報提供囀り ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 囀りに一音高き声のあり1時ちょうどに入り、商談を終え会社を出たのが2時10分であった。2時50分の電車に乗ればいいのだから楽勝である。「大丈夫だろう」「はい、大丈夫です。30分には着きます」車内であれこれ話しながら余裕を決め込んでいた。ところが大宮駅までの道路は一本道で何度も渋滞を繰り返す。どんどん時間は迫ってきて少し焦り始める。「本当に大丈夫か?」「大丈夫だとは思いますが、なにせ一車線ですから」最後は駅
25位 hinotoriさん
  • 情報提供白山吹 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  • シロヤマブキはバラ科・シロヤマブキ属の落葉低木です。開花時期4−5月、径3〜4?の両性花を側枝の先端に一つづつ咲かせます。花弁は4枚、一花に光沢のある黒色の実を4個づつ付けます。黄色いヤマブキとは別属です。昨今の何やらきな臭いニュースが流れる中ですが、平和を祈るような山吹の白が目に焼付きます。にほんブログ村
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 日向亮司さん
  • 情報提供花冷 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 花冷や麺に秘伝のタレ少し当日朝9時には会社を出た。途中、手土産を買わなくてはならないし、高速道路がどれだけ渋滞しているのかも分からない。昼飯の時間も必要だからと少し早めに出発したのだった。道は所々で渋滞していたものの順調に進み、11時には目的地の近くまで到達した。「随分と早く着いてしまったなぁ。早いけど、メシでも食うか」「そうですね」ということで、ラーメン屋に入ることになった。「たっぷり時間があるの
27位 遊歩さん
  • 情報提供桜餅の記憶 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  •     児に還る薄きその手に桜餅俳句の場合、主語が略されていれば、それは「われ」しかし、この句は私ではない。この句にはたくさんの説明を付け加えたいが・・このように読み手にすべてを投げ出す句が、どこまで成立するのか、どのように読んでいただけるのか・・まだまだ、俳句を学びたいにほんブログ村 俳句ランキング
28位 俳女モニカの俳句日和さん
  • 情報提供海紅句会・4月 俳女モニカの俳句日和俳女モニカの俳句日和さんのプロフィール
  • 海紅句会は毎月第一金曜日です今日はもう月半ばすみませんすっかりご報告が遅れてしまいました・・・今月の席代は「川」色々な川が出ました花見川(千葉市に流れています)・浅野川・隅田川・大川桜の季節なので、やはり隅田川や大川がまず思い浮かびますねでは主宰の選からご紹介します並選を11句、頂きました整然と角川文庫亀の鳴く      正隆(「亀が鳴く」と添削)輪郭は空に溶け出す夕桜      モニカ(「溶け出し
29位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供視聴者の皆様と語る会 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成29年4月15日(土)NHK視聴者と語る会IN名古屋NHK名古屋放送局名古屋市栄のオアシスNHK名古屋放送局が主催する、「視聴者のみなさまと語る会」に参加しました。事前にアンケート調査がを募り、「経営について」「放送について」「その他、番組関係について」NHK経営委員(外部委員)とNHK執行部の6名の方が出席され、我々視聴者の意見を聞いてそれに応える方式で討論会を行いました。最初に〇?での簡単な調査
30位 ちわきの俳句の部屋さん
  • 情報提供七重八重花は咲けども… ちわきの俳句の部屋ちわきの俳句の部屋さんのプロフィール
  •             昨日山吹の写真を撮っていて、ふと思いました。                七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき            『後拾遺和歌集』に収められている兼明親王(かねあきらしんのう)の歌です。この歌にちなむ            太田道灌(どうかん)の伝説は有名ですので、ご存じとは思いますが、念のため書いておきますね。            太田
31位 ももさん
32位 yuhkiさん
  • 情報提供除外句 風と光の散歩道、有希編yuhkiさんのプロフィール
  • 今朝も早くに目が覚めたので、車で1時間半ほど散歩してきました。大井埠頭>臨海トンネル>東京ゲートブリッジ>お台場>東京湾レインボーブリッジ、という感じのいつものコースです。2月に納車になったフィットRSで、まだあまり遠出はしてなくて、近場が多いです。さて持ち寄り10句を例によって多作多捨、これは除外したうちの一句です。なお本日のお題は「はやい、遅い」を各5句。それと別の...
33位 かわせみさん
34位 甘んさん
  • 情報提供楓の花がやっと撮れた どん足日記甘んさんのプロフィール
  • 〓 05:45 曇 12℃ <今朝の体重> ・64.2kg。(対前日増減 −0.1kg 〓 ) <ウォーキング&ジョギング> ・昨日の 歩数計 9,286歩 4月合計 64km ☆バーチャル「日本一周」   累積 4,623km/8,955km(日本一周の 52%)  北海道・標津町へ到着、根室市への途上。→ 今 ここ [地図] 今朝のウォーキングでは気になっていた楓の花の開花をチェック。〓6〜7mmの小さな花が数輪ほど先初めていた。デジカメをマクロにして10枚も
35位 遊歩さん
  • 情報提供地蔵の誓い 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  •     蓬生に積まれし石の仏めく信仰の対象として私たちは石仏を拝んだりする。仏像の形をしていなくても、もし野に石が積まれてあれば、その訳をつい考えてしまう。その石仏の一つである「お地蔵さま」のお話し お地蔵さま、実は来世で浄土を約束してくれる阿弥陀如来や、将来ずっと先に導いてくれる弥勒菩薩と違って、今この世でもだえ苦しんでいる非力な私達を助けてくれる仏だそうだ。
36位 むくさん
  • 情報提供花の雲 / 花万朶(はなばんだ) / 花の朝 / 豆桜(まめざくら) 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
  •     花の雲振り返るその上に富士         (はなのくも ふりかえるそのうえにふじ)    一片の雲なき富士や花万朶         (いっぺんのくもなきふじや はなばんだ)    小鼓打たまほしき法華花の朝         (こつづみうたまほしきほっけ はなのあさ)    つつましきゆゑに愛され豆桜         (つつましきゆえにあいされ まめざくら)    背伸びして滅びし世あり豆
37位 けんGさん
  • 情報提供春山へ魑魅魍魎のやうに人 八間四方けんGさんのプロフィール
  • 二週間ぶりの山行!本当は藤野方面の栃谷尾根から登る予定でしたが、中央線の遅延でバスの時間に間に合わなそうだったので急遽、高尾駅で降りて陣馬高原下行に飛び乗りました。スマホってホント便利! 「案下道」、またの名を「恩方街道」、またの名を「佐野川往還」、またの名を「陣馬街道」、またの名を「甲州裏街道」を進みます。表の甲州街道は相模の国を通って小仏の関所を越えなければならなかったので、甲斐の国の旅人
38位 Hiroさん
  • 情報提供再び巡礼?家康が20/04/17 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■家康の隠れし御堂 著莪の花 ………… いえやすのかくれしみどう しゃがのはな No.857 ………… ◆再び"遠州三十三観音巡り"に出掛けた。◆今回は、静岡県は浜松市の龍泉寺から……。 ◆この寺には阿弥陀堂があり…かつて
39位 ユウコさん
40位 衒叟さん
41位 まほろば俳句日記さん
42位 Gingaさん
  • 情報提供ピアノ いつも心に青空を  −銀河みゆの俳句&日記−Gingaさんのプロフィール
  • 我が家に、新しいピアノがやって来ました!わっせわっせわっせわっせジャーン半世紀以上、ピアノとともに毎日を過ごしている夫、人生の幸福度高騰中です。鍵盤に指乗せてをる春の朝   みゆ一句一歩
43位 octpusさん
  • 情報提供[読書]花は葉に かかみの歳時記octpusさんのプロフィール
  • 「東京骨灰紀行」 小沢 信男著 大東京の地下に眠る数多の死者達の話である。東京は大都市なのに江戸の昔から何度も大災害に出会ってきた街。江戸の大火、二回の大地震、大空襲それに加えて上野の戊辰戦争、小塚原での刑死等々骨の上に骨を重ねて今の暮らしがあるというの
44位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供筍をまたいただく 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •     また、お隣さんが筍の掘りたてを持って来てくださる。今年は二度目となる。夫が入院をしていることは知らないから、黙って受け取る。食べきれないのが正直なところ。(いらない)とお断りするには理由を話さなくてはならぬから有難く頂戴をする。ご近所の親しいお家にも届いているに違いない。優しい、ご近所の世話やきさんである。灰汁を抜いて息子にでも取りに越させなくては。      夫が治療中に、夫のベッドに寝
45位 819makerさん
  • 情報提供桜蘂降る 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]桜蘂降れり帽子のなき頭にも[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 桜の花が散りつくした後で、萼に残った蘂が散って落ちることをいう。[画像]風が吹くとぱらぱらと散り、地面が蘂で赤くなる。[画像]桜蘂が降るのを見ると、花時が過ぎてしまった寂しさを感じる。[画像]桜蘂が降っていた。帽子を被ってこなかった頭にも容赦なく降った。[画像]桜蘂降るうつつ世を厭はねど[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [
46位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供電車の中で 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  • ホームで電車を待つ。風が強く、そのことから何気なく同年齢の二人と言葉を交わす。電車に乗り込んでからも、世間話をしていた。路線の電車は対面式の座席である。私が、座ると海が見えるからいつもこちらの席と云うと、並んで座った他の人もそうそう、そうなのよ と笑いあった。窓にブラインドが下りていたから、もう朝日が射さないからブラインドを上げましょうと向かいの窓のブラインドを上げた。桜はもう散りましたね〜。あら
47位 凉さん
  • 情報提供さくらしべ/花満天星/風光る/竹の秋/筍 今日も楽しく、感謝して凉さんのプロフィール
  •        さくらしべ降る校庭の昼休み       さくら蕊降る体育館の声高し       手入れ良き庭の生垣花満天星     風光るメタセコイアの沼ほとり       枯れ色の目立つ竹林竹の秋       竹の秋姿勢崩さぬ立ち姿       治療院の帰りに竹林の写真を撮っていると        「今、筍を掘ったところなのでもっていきなよ        「米糠でなくて米をいれて茹
48位 octpusさん
  • 情報提供春惜しむ かかみの歳時記octpusさんのプロフィール
  •  南河内の国宝を訪ねて  一日目 仕事を辞めたらご開帳の重なるこの時期に、南河内の寺を訪ねたいというのが前々からの予定であった。ところが大荒れという天気予報。なんと間の悪いことと嘆いたが、宿も予約したことでもあり、ままよと出発を決意。ところが、道中は雨も
49位 祐さん
50位 mickeyさん
  • 情報提供四神 想うこと時々俳句mickeyさんのプロフィール
  • はるおしむしじんのえずをあおぎみていつもよりちょっと長かった桜の季節もおしまいおかげで思わぬ満開の桜三昧も楽しめたし心置きなく新緑の季節へ。。。今週はまた神戸市民俳句のお仕事の用意もして行かなくてはね
更新時刻:17/04/24 07:30現在