ポエムブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/26 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
L.Shinoharaさん
  • 情報提供うつつの理 ― Drops of silence ―L.Shinoharaさんのプロフィール
  •   昨夜から体調が思わしくなく(オーバーな表現)、夜中、心臓の痛みで蹲ってしまった。  薬を飲んでいるので、まぁ大したことはないだろうと勝手に判断している。  いろんなことがあったのでストレスが溜まりすぎたのだろう。  あぁ、美魔女台無しだぁ                       ポチッとよろしく?(o〃_ _ )?                                      ?ありがと

2位
おたまおばさんさん
  • 情報提供ミステリーバスツアー3 おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 午後からは食べ放題三昧!!ランチは、原田農園さんで食べ放題。スイーツ食べ放題まであったのにはビックリ。食べていると、もしかして町会のバス旅行で来たことがあるかも?と思うように・・・。主人と子どもにその事を話してみたけど「そうだったか?」と言うだけ。その次は、湯葉の食べ放題。この湯葉の食べ放題もすごかったです。できたての湯葉、湯葉のお寿司、お豆腐、ソフトドリンクからアルコール類まで飲み放題。でも、こ

3位
八田真田八さん
  • 情報提供即き過ぎ俳句フォト No.114 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • お相手はこの吾なるか鳥の恋   真田八 おあいては このわれなるか とりのこい季語:鳥の恋(春)八田の自己分析:前回の猫に続き、じっと作者を見つめて逃げないドバト。作者の戸惑い。傷心の吾にミモザの降りて来ぬ   真田八 しょうしんの われにみもざのおりてきぬ季語:ミモザ(春)八田の自己分析:ミモザの花の下で感傷に浸る作者。鳥帰る次はマクロに取替へる   真田八 とりかえる つぎはまくろに とりかえ
4位 笑子さん
  • 情報提供フォトコン4月号掲載作品 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 春待つや肩の力をどつと抜き  笑子 【中谷先生の選評】寒風吹きすさぶ中では何事にも肩に力が入る干された烏賊たちも力を抜いているが余り抜きすぎると春風邪が心配この写真は店頭に干された烏賊を店の前に停車していた車の窓越しにとりましたよ(*^-^*)何事も肩に力が入りすぎても上手くいかない場合もありますね烏賊さんみたいく、時には脱力もしつつ・・・ぼちぼちね♪フォトコン掲載紙面です 4月号中谷賞は お友
5位 おたまおばさんさん
  • 情報提供辛夷と木蓮 おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 辛夷と木蓮の違いがよく分からなかった。句友と千駄木界隈を歩いたとき、「辛夷が咲いているね」と句友の指さす先を見ると、おたまには「木蓮」にしか見えない。「木蓮と辛夷の違いがよく分からない」とお話しすると、「辛夷は木蓮より小ぶり。だからこれは辛夷」と言うことらしい。裾野俳人としてこの違いをきっちり追求せねば・・・。調べてみると、辛夷には花が咲く頃から葉が出始めるらしいが、木蓮は花の時期は葉はないらしい
6位 おたまおばさんさん
  • 情報提供ミステリーバスツアー2 おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • だるま発祥の「少林山達磨寺」へ。長い階段でしたが、ランチまでにこんにゃくでいっぱいのお腹をどうにかしないと・・・。それ以上に問題は、悲鳴を上げている左膝。。。ご用を終えただるまがたくさん納められていました。主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。↓応援 して頂けたら嬉しいです。にほんブログ村
7位 猫の村さん
  • 情報提供うつくしくなりたい 猫の村の迷い猫猫の村さんのプロフィール
  • わたしの言葉は砕けた心のかけらを拾うわたしの心は疲れたからだの重みを背負うだからいつまでも言葉はうつくしくならないこんなかんたんな言葉が伝わらないのならわたしの空っぽな心には愛がないってことぐらいわかっているんだとっくに愛という芯がないからこんなやさしい言葉でさえあなたの心にはとどまらずすぐにばらばらに散ってゆくこんがらがった頭で言葉をどっかから借りてきて信じられない使い方やまだ誰もしてない組み合
8位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供整理 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •      いつ引越しの事態になるやも知れぬので、荷物の整理をしている。まず 必要のうすい本や雑誌の整理から始めている。俳句の再開をして丸五年が過ぎた。今は kOSI 一誌で勉強をしている。正直なところは、この5年の間に、 KOSI 以外に3誌に投句をやった。全国で名前のしれた超有名誌ばかりである。そして最後に選んだのが KOSI。一番、選句は容赦のない簡単そうな句風でありながら難しい俳誌であった。ある俳誌は 
9位 ももさん
  • 情報提供花冷え ほわ〜っとできる今日の俳句ももさんのプロフィール
  • 今日も寒かったですね。 . お花が咲いてちょっと嬉しいけど寒い。 . そういう不...
10位 819makerさん
  • 情報提供春の入日 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]山の端の春の入日を徒(あだ)に見ず[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像]春の太陽が夕日となって沈むことをいう。[画像]どこか暖かみのある日が沈むところに、春の情緒が感じられる。[画像]春の夕日が山の端に沈むところは、西方浄土に暮す父母のことが思われ、疎かに見ることはできなかった。[画像]山並の春の入日を車窓にす[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像]
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 Hiroさん
12位 むくさん
  • 情報提供草萌(くさもえ) 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
  •     三千年乳を練る谷草萌ゆる /むく         (さんぜんねんちちをねるたに くさもゆる) ネコヤナギ (2017.03.22 神奈川県横須賀市) 昨日から、ガンコちゃんと御殿場に。 その昨日は曇り。 今日はもうすでに雨と、あいにくの天気。 ガンコちゃんは明日横須賀に帰りますが、私は1週間ほど居る予定。 今日の句は、もちろん日本の景ではありません。 ネコヤナギではなく、丈の低い雛芥子(ひなげし)が
13位 ももさん
14位 日向亮司さん
  • 情報提供のどけし ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • のどけしや雲か煙か桜島旅行を終えての後日談である。倫理法人会の集まりがあり、何人かで一杯飲んでいた。「日向さん、先週お休みでしたが、どちらかへ出掛けられたのですか?」「鹿児島です。銀行の付き合いで出掛けてきました」この会話を隣で聞いていたのが後藤さんという女性社長である。「あらっ、日向さん、それって、もしかしたら信用金庫主催の旅行ですか?」「そうです」「あら偶然ね。その旅行に私の妹夫婦も参加してい
15位 カメさん
  • 情報提供未来と過去 おほれたカメのブログカメさんのプロフィール
  • 今日という未来が始まる今日という未来は明日という未来に続いている明日という未来は明後日という未来に続いている 今日という未来は昨日という過去に変わることを知っているのだから 明日という未来に続く今日を明後日という未来に続く明日を来年という未来に続く今年を無駄にすることはできない 明日という未来も明後日という未来も来年という未来も過去に変わることを知っているのだから 今という時間を
16位 ナレイさん
  • 情報提供絶望と日常 ネガティブのままでいいナレイさんのプロフィール
  • 絶望は私の 日常苦悩は生活の一部苦しみに麻痺した心は春の兆しも感じないぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村
17位 甘んさん
  • 情報提供銀杏の花って見たことない どん足日記甘んさんのプロフィール
  • 〓 06:30 晴 5℃ <今朝の体重> ・64.5kg。(対前日増減 −0.3kg 〓 ) <ウォーキング&ジョギング> ・昨日の 歩数計 5,406歩 3月合計 96km ☆バーチャル「日本一周」   累積 4,536km/8,955km(日本一周の 51%)  北海道・斜里町に到着、標津町への途上。→ 今 ここ [地図] 昨日のウォーキングの目標は春の季語、銀杏の花と楓の芽を公園で撮影することだった。〓まずはイチョウから。公園のギンナンを拾い干して食べ
18位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供白木蓮 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •            ☆   牡丹といふといえども紅ほのか    高浜虚子散歩の途中 もうあの家は 白木蓮が咲く頃であろうと少し回り道をした。期待にそぐわず、美しく気品にみちた白い木蓮が咲いていた。坂の下の家である。ほんの二〜三の枝は目交に手に取るように見ることができる。上から見下ろして花の芯を覗くことができるのである。近くから見ると、花びらの付け根はほのかに紅色をしている。有名な虚子の 牡丹の句
19位 クチキ&リュウさん
  • 情報提供遥かなる旅路 ネット文芸館 木洩れ日の里クチキ&リュウさんのプロフィール
  • 雪が舞う 季節外れの万灯日故人の無念 はらすが如く花びらが眠る故人を埋め尽くし遥かな旅へ 扉が開く
20位 山走子さん
  • 情報提供月刊「俳句界」4月号 写真俳句優秀賞 こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • 本日(3/25)発売の月刊「俳句界」4月号で写真俳句の優秀賞を頂きました。これで3ヶ月連続で優秀賞獲得。今年はこのまま突っ走れるのか?そもそも、写真俳句の応募点数ってどの位なんでしょ?選者は編集部って事になっているんだけど。相性が良いって事なのかな?完全に常連さん状態ではある。この作品に関して言えば、ルリビタキの写真に関して言えばかなり気に入っているもの。今年はルリビタキの写真を相当数撮ったけど、その中
21位 綾さん
  • 情報提供大山桜 蝦夷山桜 写真俳句 Ryo綾さんのプロフィール
  • 思ひ出の野に咲きて花桜色  綾*季語 花(桜)春*一足早く大山桜道南厚沢部で咲いていた蝦夷山桜とよく似ていると思ったら同じ種山桜に比べて葉も花も大きいこのあたりに自生している野生種の山桜山桜は葉が...
22位 淡青さん
  • 情報提供ランドセルと袴姿 淡青の五七五淡青さんのプロフィール
  • 奈良倶楽部ホテルの階段の踊り場に飾られていたお雛様日本人は右へ習へが安心なんだよねっ?、淡青の小学校入学の時もランドセルでしたが、3年生ぐらいになると手提げ鞄に替わっていたような気がします。今日日のランドセルの価格をみて吃驚で、きっと買えない親もいるだろうし、入学時からランドセルで格差を知る子どもも多いことでしょう。。。ランドセル 揺れて放られ 池に落ち   淡青らんどせる ゆれてほうられ いけに
23位 田居遊歩さん
  • 情報提供リハビリの友のつぶやき初桜 青草のやうに田居遊歩さんのプロフィール
  • 季語、初桜は今年初めて発見した桜ぐらいのことで、厳密な意味を持ったものではない。だが、初桜には「桜」「花」と同格の季語として、主題の位置を与えられている。このことは桜の開花が、古来は農耕社会の年中行事とも結び付き、いかに多くの人に待たれていたかを現している。私が、季節が一年巡ったということを一番感じるのは、どの季節、どの花、どの行事でもなく「桜が咲いた」ことを、実感するときである。一昨日、全国で一
24位 リラさん
  • 情報提供俳人杉田久女(考) 〜『杉田久女句集』序文の問題点〜 (84) 谺して山ほととぎすほしいまゝ(久女ブログ)リラさんのプロフィール
  • 前回の(83)で書いた様に、『杉田久女句集』に添えられた高浜虚子の序文を読むと、この文章は不自然で、序文にそぐわないものに思えて仕方ありません。久女生前に序文懇願を無視したのと同じ気持ちが、まだ虚子の中にある様に感じます。虚子は久女を「女流俳人として輝かしい存在」「群を抜いていた」と書いていて、彼女の才能を認め、その俳句作品に清艶香華という言葉を贈っています。久女俳句を見抜いた虚子ならではの言葉だとは
25位 白猫のゴンタさん
  • 情報提供政治家になると薄れる記憶力・・。 安サラリーマン川柳白猫のゴンタさんのプロフィール
  • 森友学園問題で、自分が弁護したことを覚えていないとおっしゃったこの方。弁護士になるための司法試験に受かるには、難解で分厚い書籍を10冊以上丸暗記するくらいの勉強と記憶力が必要という話を聞いたことがありますが、何かの間違い?おいおい・・ でポチッ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 ヒマきょんさん
  • 情報提供勝利と書いておスンちゃん 会いたい人がいる人へ・・・(*ノ´∀`)9゚.:。  ヒマきょんさんのプロフィール
  • タイトル全く関係ないけど! 勝ちましたね昨日。深夜の… それから本日 ヒマの学校。東海大福岡。初戦勝利となりました!全校応援なのでね、昨日18時から出発してバス移動で行ってます。あ、ヒマは試合があるからサッカー部は自宅応援です。 そして今やってる明徳か早稲田か勝った方と次戦当たるようです 青春っっていーなぁ
27位 猫の村さん
  • 情報提供自信 猫の村の迷い猫猫の村さんのプロフィール
  • あなたが忘れたわたしのことをわたしがまだ覚えてるって自信はないわたしが忘れた大事なことをあなたに思いだしてもらえる自信もないだから時間が過ぎて行くのがこんなにも怖くて無意識に過ごせる時間もなくなってあなたをおもっている最後の最後にわたしたちに残されるのは夢見ることだってわかったけれどあなたが最後に見る夢にわたしがいるって自信はないその夢があなたのほんとのしあわせかどんなに素敵な夢なのか聞いてあげら
28位 田居遊歩さん
  • 情報提供母笑ふアルバムに咲く桜かな 青草のやうに田居遊歩さんのプロフィール
  • 溜まり溜まった写真の整理を少しづつ始めている。断捨離というのが以前に流行った頃、わが家も乗って相当に、数々の物をすっきりさせたが、「思い出が詰まっている」「捨てたら二度と手に入らない」写真はいけない、捨てることが出来なかった。手にした古いアルバム、そこには母の笑顔の写真これほど、母の笑顔が遠いものになっていたとは・・・傍らに咲く桜の樹だけは今もそのままに・・にほんブログ村
29位 山走子さん
  • 情報提供新社員 こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • 春の季語の「新社員」だけど。普通は「新入社員」だろうな(笑)無理やり五音にしているのが見え見えだったりもする。シジュウカラ→ネクタイ→新入社員→きつめにしめる。う〜む。自分で言うのもなんだけど、類想類句の典型のような(笑)まぁ良いけど。シジュウカラは滅多に写真に撮らないけど。撮りやすい位置と、なかなかの光がセットになったので。レンズを向ける。背景と光で写真は全然違うものになる。ほんのチョットした仕
30位 林誠司さん
  • 情報提供山梨県甲府のビジネスホテルにいます。 林誠司俳句オデッセイ林誠司さんのプロフィール
  • 今日は山梨県甲府にいる。夕方、新宿から特急あずさに乗って甲府へ。今は駅前のビジネスホテルにいる。明日は笛吹市の境川へ行く。飯田蛇笏、飯田龍太ゆかりの山廬が記念館となる、その竣工式のイベントを取材する。内覧も出来るらしい。楽しみである。楽しみなのは山廬だけではない。ここは風景がいい。今時分はれんげが咲いているのではないか。れんげ野の向こうに日本アルプスが聳えている風景が好きである。明日は見れるだろう
31位 Hiroさん
  • 情報提供巡礼?物見遊山編25/03/17 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■これはこれは可睡斎 女子たちのお祭りよ ………… これはこれはかすいさい おみなごたちのおまつりよ No.831 …… ◆今回は、"遠州三十三観音霊場めぐり"の"オマケ"ということで…再び袋井市の"可睡斎"でのこと。
32位 凉さん
  • 情報提供枝垂れ桜 今日も楽しく、感謝して凉さんのプロフィール
  •        鴟尾跳ねる枝垂れ桜の古刹かな       鴟尾(しび)とは、瓦葺屋根の大棟の両端につけられる飾りの       一種である。訓読みではとびのおと読む。沓(くつ)に似てい       ることから沓形(くつがた)とも呼ばれる        枝垂るや古刹の空の花浄土      幽玄なる枝垂桜古木の花の径      しだれさくら寺は都会の花浄土        春灯のゆらぐ街並み夕まぐ
33位 なごやのじじさん
34位 ヒマきょんさん
  • 情報提供今日は… 会いたい人がいる人へ・・・(*ノ´∀`)9゚.:。  ヒマきょんさんのプロフィール
  • 花冷えっていうかね、、桜がちらほら開き始める時期って一旦寒さが戻るよね。 非常に寒かった! でもね。ワニ??とミツと昨日完成した近所の公園に行きました。 威風堂々…な佇まい。びびるわ。 公園で遊べるのは滑り台とこのパカパカだけ /おいワニ髭剃れや\ と目を合わせてくれない息子。 公園の花もねあのパグ関(パグ似の力士のミツ)に見つかったら千切られる
35位 紳一さん
  • 情報提供菜の花 新・紳一の写真律俳句紳一さんのプロフィール
  •                   バナーに お願いします⇒季語(晩春)・菜の花咲き盛る菜の花は眼に滲みけり
36位 三世の四季さん
37位 819makerさん
  • 情報提供喇叭水仙(2) 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]喇叭水仙夕日に光る時得たり[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像]ヒガンバナ科の多年草。ヨーロッパ原産。明治末年に渡来。観賞用に広く栽培される。[画像]花は1茎に1花、外側の花被6枚は淡黄色または白色で、中央の長筒形の副花冠はラッパのように長い。[画像]夕日が喇叭水仙に横から差していた。花は日が透き通って輝いていた。[画像]バロックを聴きをり喇叭水仙も[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ] 
38位 かわせみさん
  • 情報提供春冷えに縦長方の空が見え 笑うかわせみ〜俳句手帳〜かわせみさんのプロフィール
  • 大阪城が見えますか?中央のビルの上に青い天守閣の屋根が見えるのですが、わかるでしょうか?ビルとビルとの間に挟まれた青い空と白い雲の下に微かに見えるお城の屋根。風は寒かったですが、春の光りが溢れていました。  風寒し 春の光りに だまされて  (かぜさむし はるのひかりに だまされて)
39位 ゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 情報提供払うべき代価 〜闇と真実の扉〜゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんのプロフィール
  • 払うべき代価心ごと鷲掴みで弄くり回す力に想いを寄せる事実が捏造される陰りにも結末は予期している中上辺だけ誤魔化し血飛沫が舞う出来る扱いの重圧感と責任感に耐え切れず丸ごと投げ棄てるも自己嫌悪へと代わり戻って来る出来ない扱いの不信と不自由にやらないと分からないと叫ぶも洗脳されるかのように自信喪失何でも善し悪しがある現実の中自分に無い物を宝と見間違える削られ続けている限りある時に弱さ故に何一つ変えられ
40位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供潮路句会 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成29年3月19日(日)潮路句会3月例会日時 : 平成29年3月11日(土)13時 〜場所 : 大手コミュニテイ・センター兼題 : 大試験、受験、合格を含む十句春の海(名古屋港)先週の土曜日、潮路句会の定例会が催されました。私(ヤギ爺)は、義兄の49日の法要と重なり、止む無く欠席をし、不在投句を致しました。今回の兼題「大試験」は、一般的にはあまり使わぬ言葉ですが、春先の入学試験、卒業試験等や各学期末試験等の事
41位 夏音さん
  • 情報提供もうひとつの時計 風のアダージョ夏音さんのプロフィール
  • 幼い時代、朝目覚めると祖父の大きな手がわたしをさする”朝だよ、伸び伸びー、大きくなーれ、ノビノビー”御まじないをかけられたわたしは、元気で大きくなったそんな祖父は、わたしが大学生の時に逝ったどこに行くにもわたしを連れて歩いていた祖母も、その後逝ったそして、大切な人たちがまわる まわる まわる不思議な時間軸のなかでまわっているきっとわたしも(C)Kanon
42位 ナレイさん
  • 情報提供卒塔婆で人を叩く ネガティブのままでいいナレイさんのプロフィール
  • 卒塔婆で あんたを叩きたい鈍感で 無神経というのは救いようがない言葉が 通じない罰当たりな 罪びと私が 傷ついた数だけ卒塔婆で あんたを叩きたいてめえの罪を思い知れぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村
43位 Writerさん
  • 情報提供春が藤棚の上で磊落な笑い声をあげていた休日の昼下がりのことだ きみの靴の中の砂Writerさんのプロフィール
  • [画像] 遠くで雲雀のさえずりが聞こえ、春が藤棚の上で磊落な笑い声をあげていた休日の昼下がりのことだ。 時期的には少し早いと思えたが、水口イチ子が今年初めてノースリーブを着ている。 ぼく達ふたりは、彼女の家の庭に賑やかにテーブルを運び出し、簡単なトーストや砂糖菓子の他、ナッツやジェリーを盛りつけた大皿を水色のテーブル・クロスの上に置く。 ベルガモットで香りを添えた『グレイ伯爵』のアイス・ティーも辺り
44位 ばくさん
  • 情報提供闇の中の輝きに 広い宇宙のかたすみよりばくさんのプロフィール
  • あのとき確かに君の声を聞いた気がした真っ暗な闇の中足元さえもおぼつかずどちらへ進めばよいのかすらわからなくて僕はただ、立ち尽くすしかなかった何も期待できず何も信じられない全てが早く終わってしまえばいいとこのまま白い霧となり消えてしまえばいいと人知れず願っていたそんなとき確かに僕は君の声を聞いた気がしたんだ真っ暗な闇の向こうから姿は見えない輝きの中で僕をも包み込んでくれる暖かな光のシャワーどんなとき
45位 遊民ヤギ爺さん
  • 情報提供春分の日 遊民ヤギ爺遊民ヤギ爺さんのプロフィール
  • 平成29年3月21日(火)彼岸のお中日参道に在る「和菓子屋」さん昨日(20日)、「春分の日」は彼岸の中日に辺り、先祖を祀り、行楽を兼ねた墓参や寺社参拝が行われて、各所で墓参りをする、或いは行楽に出かけられたニュースが夕刻に流れて居ました。お茶とお菓子黄粉の牡丹餅草餅と桜餅参道に在る、茶店、菓子舗等を覗きながら、急ぎ足で先ずは墓参りを、、、、、。帰り道には、今度はゆっくりと店を冷やかし、、、、目的の茶店へ
46位 凉さん
47位 智(とも)さん
  • 情報提供あなたが「いま この瞬間」に幸せを感じるための4800文字 Blue あなたとわたしの本智(とも)さんのプロフィール
  • もうひとつの Blue 3?いま?という瞬間にしか、人は存在することができない。?過去や未来?といったものは言葉の上だけの概念なのだ。 人は、いま、いま、いま、という以外のどこにも存在することができない。この事実を前提として、幸せというものについて考えてみたいと思う。あなたとわたしが幸せを感じられる原稿にしたいと思う。 そう、幸せとは?感じる?ものなのだ。「幸せになる」という言い方が一般的だとは思う
48位 前田玲子さん
  • 情報提供先祖の血 玲子のノート前田玲子さんのプロフィール
  •  三月も十八日になった。月日の経つのは本当に早い。のんびり、ゆったり体の調子を考えてしているのに、それでも早い。六時を回ってしまった。 今朝、ふと曾祖父のことを考えた。曾祖父、祖父その血を私は、引いているなと初めてそう思った。その中で、座禅を勧める自分と島津藩で浄土真宗を守った曾祖父を思った。曾祖父も私が、座禅が正しいと感じているように、浄土真宗を感じたであろう。でも藩主はどうだろう。個人的感情を
49位 ばくさん
  • 情報提供髪を切る 広い宇宙のかたすみよりばくさんのプロフィール
  • 1ヶ月に1cm、半年で6cm忘れてしまいたい過去はもうスッパリと切り捨てよう1ヶ月に1cm、半年で6cmこの毛先にはいったいいつの想い出が詰まってる?椅子の足元に散らばった過去のあたしの記憶たち美容師が丁寧に床を掃きあたしの髪を片付けていく少しだけ軽くなった髪を少しだけ明るい色に変えてみるそうしてたった2時間半であたしは新しいあたしに生まれ変わる全てはあっけなくあっという間の出来事で2時間半前のあたしはも
50位 野元さん
  • 情報提供#505 溺れるほどに 野元の詩野元さんのプロフィール
  • 『溺れるほどに』溺れるほどに深い夜溺れるほどに深い愛両手をばたつかせて沈んでいく二人して沈んでいくベットの底に死んでいくああ、けだるいくてはしたない時間溺れてなお離れられない
更新時刻:17/03/26 15:30現在