ポエムブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/12/14 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
L.Shinoharaさん
  • 情報提供デュアリズム ― Drops of silence ―L.Shinoharaさんのプロフィール
  •  今年を表す漢字は「北」ですってね 全国からの応募数で決めるのだから仕方ないけれど、なんかねぇ・・ 「北」といえば、あの国の代名詞だもの、なんかねぇ・・ ミサイ

2位
夏 夢さん
  • 情報提供どこまでまとめるの?ううん、ぜんぶ 風にのって夏 夢さんのプロフィール
  • なさけないやつのこころそこ高校生なのに結婚を考えててもいいさ愛で鍛えた子なのだからちからいっぱいにすごせばいいけど、親わみてるそして、まだいっぱいいっしょにあそんでほしいそばでいっぱいおはなししてほしい愛わ盲目それ知ってるじぶんの歩んできた道だものいまさらに母の思いをさぐってるごめんねじぶんたちの考えで生きようとしてることそのことになんも言わないただ、そこにわこれまでいっしょにすごしてきたひとの思

3位
日向亮司さん
  • 情報提供芒野 ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 芒野に亡き師と似たる後ろ影車はススキ原の手前の駐車場に停めた。離れていたので結構歩かされた。と言ってもマイケルでノリノリなので何ということはない。聴いたばかりのメロディーが歩調を速くしてくれる。スイスイと人を追い抜きながら歩いて行った。記憶のある場所に到着した。ススキ原の入口である。「あれから何年経っただろう?あれ以来、一度も来ていない」あれからとは浜風句会の皆さんと吟行に出掛け、娘達とばったり出
4位 遊歩さん
  • 情報提供賀状の句 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  •         飄々と初日を迎へ齢ひとつ        寿をふたつ書きゐる初暦        また一つ膳を加へて年迎ふ        平凡を何よりとして年迎ふ俳句を始めて4年掲載の俳句は月並みの句ばかりであるが、毎年の賀状に載せてきたもの。いま読めば汗顔の至り、お恥ずかしい句ばかりであるが、これも思い出。1句目は、長年の勤めを退いた後、「飄々と生きる」を目指して2句目は、その年は長男と、次女のそれぞ
5位 八田真田八さん
  • 情報提供即き過ぎ俳句フォト No.169 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • 鴨の目に失望を見る悲しさよ   真田八 かものめに しつぼうをみる かなしさよ季語:鴨(冬)被写体:カルガモ八田の自己分析: 通常の鳥は撮影者が来ると、嫌がって遠ざかって行く。 しかし中には、私がカメラを携えている撮影者である事を承知の上で、近付いてくる鳥がいる。 恐らく、餌をくれるかも知れないと思うのであろう。 即ち人間の中には、餌をくれる人が少なからずいるからである。 野鳥への給餌の是非につい
6位 おたまおばさんさん
  • 情報提供グランサムツバキ おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • 3〜4メートルぐらいの小高木に大きな白い花が多数咲いていました。花の大きさは、手のひらぐらいでしょうか。この木の前を通られる方は、「何の花?」と眺めます。プレートに「グランサムツバキ」とありました。確かに花ごと散るので椿ですね。帰って来てから、少し調べてみました。原産地は香港の九竜半島で、 中国名を「大苞白山茶」というとか。原産地が香港なら、グランサムは英国の地名?もう少しネットで調べていると、「1
7位 岡田昌己さん
  • 情報提供滔々と 気の向くままに・・・岡田昌己さんのプロフィール
  • 澱みなく説明をする姿に頼もしさを感じ信頼を寄せるほど普段は快活に仕事をこなすそんな彼が海へ流れ込む河口に車を止めて北風吹き荒ぶ中膝頭を抱えてひとり座っていた滔々と流れる川に何を想い何を見ているのだろうかにほんブログ村
8位 クチキ&リュウさん
  • 情報提供三山君の誕生会 ネット文芸館 木洩れ日の里クチキ&リュウさんのプロフィール
  •  ひろし君が小太りの三山孝之と仲良くなったきっかけは『漫画』である。二人とも漫画が大好きで、漫画本を沢山読んでいたこともあるが、二人揃って授業中に漫画を描いて先生に叱られたことが親近感を抱いたのだ...
9位 遊歩さん
  • 情報提供初雪 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  •       初雪や口がへの字の赤んぼう近畿地方では和歌山にも初雪が降った。大雪になっている地方も あるようだ。 自慢めいたことで恐縮であるが、掲載句はある俳句協会句会への投句で、「取り合わせの妙。[初雪]のなか、[赤んぼう]の存在感、とにかく主張している」このような評価をいただき、その協会のホームページに、当月の注目句として、1ヶ月間の掲載をしていただいた句である
10位 水葵さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 岡田昌己さん
  • 情報提供月並みないきさつ 気の向くままに・・・岡田昌己さんのプロフィール
  • カッとして言い合いになってる時ってだいたい些細なことですれ違ってるんだよねあとで冷静になるとなんで喧嘩になったんだろう?そんな風に思ったりするでも・・・素直に謝れなくて顔を合わせてもお互い気まずくて気まずさが溝になってさらに・・・繰り返し積み重なると修復不能になっていく月並みないきさつから始まるすれ違いはすれ違いのうちに摘み取っておく方がいいんだろうねにほんブログ村
12位 日向亮司さん
  • 情報提供冷まじ ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
  • 冷まじや序奏に物の割るる音業界の集まり「鋼製家具懇話会」の忘年会に出席するため箱根に車で向かった。途中、立ち寄った東名高速のパーキングエリアにDVDやCDの安売りコーナーがあった。500円と大書きされている。「随分安いなぁ。バッタものだろうか?」見てみると中には高いものもある。「全部が500円という訳じゃないんだ!」「500円はこちらです」係の男性が指を差す。興味があるのは演歌の類いだが、それは500円ではない。
13位 まろうさん
  • 情報提供集まって 風は南からまろうさんのプロフィール
  • すっかり忘れてたけど句会がありました。あるだけの句と足りないから急いで作って参加しました。人数が増えていくのは嬉しい!これは一休みの時に食べた 安納芋の茶巾絞りに中は栗です。程よい甘さで美味しかった! 蝶が蛹になった と言う話  場所はどこかと言うと 竹製の庭ホーキホーキを使うのに困る!と言うので「欲しい!」と言ったら 持ってきてくれました。みごとにホーキの柄に似せてるのでおどろきます。ただ この
14位 hisohisoさん
  • 情報提供出典は不明ぽんかんひんやりす 猫まちhisohisoさんのプロフィール
  • (日付的には)昨日、母の検査だった。幸い、経過は順調。これまでずっとMRI検査をしてきたけれど、「次回の検査はMRI無しで、通常の診察だけにしてみましょう」 と言われた。おー やったvもちろん、間隔をあけつつ、これからもMRI検査は必要だけれど、ともかく一歩前進だ。故郷は雪らしい。母の主治医に 「トイレやお風呂であまり寒くならないように」 と言われた。トイレはともかく、お風呂は家を建て替えるかリフォー
15位 山走子さん
  • 情報提供冬深し こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • 「交喙の嘴(いすかのはし)」という諺がある。ものごとが食い違って思うようにならないことのたとえ。日常会話では多分出てくる事は無いだろうなぁ・・そもそも、この諺を知っている人がどれほどいるのやら(笑)イスカのクチバシってこの写真 ↑ を見ると解るように。噛み合って無い。非常に珍しい形状なんだけど。松ぼっくりが食べやすいような形状だと聞いたけど。結局食べるために、身体がどんどん進化し続けるわけで。本人達
16位 にゃん椿3号さん
17位 遊歩さん
  • 情報提供レノンの忌 青草のやうに遊歩さんのプロフィール
  • ネット画像       口下手の訥々語るレノンの忌 掲載句は、私の参加している句会で兼題として「下」の字を使って、俳句を作りなさいとされたときのものである。 俳句の教本に、「身近なものを観察する」というのがある。 どうしてもいい句を詠みたいと思って肩に力が入りがちになるが、まずは周囲をよく見て「これを詠んでみたい」という題材と出会うこと。    
18位 819makerさん
  • 情報提供帰り花 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]きな臭き世の一隅の帰り花[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 小春日和のような日に、桜や躑躅などが咲かせる季節外れの花をいう。「忘れ花」「狂い花」などともいう。[画像]世の中は、ミサイルだ、オスプレイだ、駆逐艦だと物騒な話が多いが、そんな世の片隅で草木瓜の帰り花が見られた。[画像]帰り花パークトレイン客わずか[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像]
19位 オカブさん
  • 情報提供義士会 昼のガスパール・オカブ日記オカブさんのプロフィール
  • 「朝礼」なるものを行う会社と、行わない会社とがある。転職を重ねてきたオカブは、そのどちらでも働いた。現役当時は、朝礼などという無駄なものは止めてしまえと思っていた。朝礼の内容は、だいたい、昨日の数字の発表があり、部門長の訓示があり、各種連絡がある程度で、今日のITが発達したオフィスでは極めて実質に乏しいものである。やらなくても済むことには違いない。しかし、今では、一日の仕事の初めの区切りを付けるため
20位 笑子さん
  • 情報提供冬の星 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 夢あればこそ輝けり冬の星  笑子ゆめあればこそかがやけりふゆのほしなんだか胸がわくわくしました(*^-^*)夢はいつでも この胸の中に!!きらきらしてる!! このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。  
21位 おたまおばさんさん
  • 情報提供アッサムチャ おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
  • ネームプレートに「アッサムチャ」とありました。このプレートを見て「アッサム+茶」と解釈したのですがあっているでしょうか。花の名前を知らないので、小石川植物園ではネームプレートまで撮影した花が多数。これでは写真の数ばかり増えてしまいます。やれやれです。
22位 ももさん
23位 岡田昌己さん
  • 情報提供通じる挨拶 気の向くままに・・・岡田昌己さんのプロフィール
  • おはようございますぼそぼそっとした挨拶をもらった元気よくおはようございます!と挨拶を返したビックリした表情でこちらを見ると初めて目が合ったニコッと微笑むとハッとした顔をしたそんな風に私に向かって挨拶してくれた人いませんでしたちょっとビックリしたけど嬉しかったです次会った時も同じ挨拶してくれますか?もちろんです今度は元気よく挨拶してくださいねとても嬉しそうに頷いた次回会うのが楽しみだねにほんブログ村
24位 オカブさん
  • 情報提供顔見世 昼のガスパール・オカブ日記オカブさんのプロフィール
  • 師走も10日が過ぎ、すっかり年の瀬だ。行事も立て込み、人々は慌ただしく、巷は華やかに彩る。こうもしてまで、日本人は年末・年始をありがたがる。不思議な習性だとは思うが、昔は、庶民は盆暮れしか休みを取って、家に帰り寛ぐことが許されなかった。せめてもの命の洗濯の時期と、いやが応にも忙しいこの季節を、さらに忙しくする。これも何かの業かもしれない。顔見世や屋号呼ぶのも祝儀の気   素閑顔見世や浮き立つ人の堀の
25位 mickeyさん
  • 情報提供冬銀河 想うこと時々俳句mickeyさんのプロフィール
  • けいこくにみおとかそけしふゆぎんが寒すぎる。。。(*_*;それでも暑い夏よりはずっといい・・・って思える私はやっぱり冬子かな師走らしい寒さになってきたのに実感がなかなかわかないなんとかなるかな。。。
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 寿々子*さん
27位 三猿さん
  • 情報提供パトロールの猫 三猿の川柳プラスα三猿さんのプロフィール
  • (俳句) 町内のことに詳しい猫のひげ  玉利三恵子 猫はいつも町内をパトロールしている。ひげをピリピリさせながら。だが今はどこもマンション。パトロールするところもなくなってきた。大体猫を飼えないマンションも多い。https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願いますhttps://blog.with2.net/link.php?910278 ←ここにもポチをお願いします
28位 ばくさん
  • 情報提供奇跡。。。 広い宇宙のかたすみよりばくさんのプロフィール
  • 僕らの人生なんて全てが奇跡の連続で君に逢えたことだって神様からの贈り物それは絶妙なタイミングもしも僕が少し早ければふたりすれ違うことさえできなかった僕らの人生なんて全てが奇跡の連続でだけど本当は既に決まっていたことなのかもしれなくてだって僕はあのときすぐに気付いたんだ満員電車の中で偶然となりになった君のことたぶんそれは神様がくれたラブ・ストーリーきっと僕らの人生には奇跡のフリした運命がアチコチに散
29位 よも助さん
  • 情報提供前立腺哀歌 毎度!よも助ですよも助さんのプロフィール
  • ビールを飲まないと どうにもならないどうにもこうにも太刀打ちできない禁断症状ではない悲痛な心からの叫びだ55を過ぎたあたりから小便が細くなったいわゆる前立腺肥大だきっと順調に拡大し続けているのだろう62の今、夜中に小便に起き便器に跨っても〜俺の部屋に朝顔はない小便がこぼれ出すまでに1分はかかるそれも蛇口をギリギリに絞ったようなこぼれ方だ終わったと思っても終わってはいない下腹を振り絞って残りを送
30位 山走子さん
  • 情報提供師走 こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • 駄句だなぁ・・・・グダグダの駄句だな。なんというか、花鳥諷詠とはほど遠い。俳句は難しいなぁ。折角の良い写真なんだけどねぇ・・・白樺背景に撮ろうか・・・それとも、白樺を背景から消そうか・・・そんな事をじっくり考える余裕は無い。これがポートレートだったらもう少し違うんだろうけど(笑)この場所にこんな格好で立って、目線はこちらに・・・なんて指示の出来るポートレートとは随分わけが違うよね。枝かぶりは枝被り
31位 俳女モニカさん
  • 情報提供海紅句会・12月 俳女モニカの俳句日和俳女モニカさんのプロフィール
  • 寒い!関東地方でも、昨日今日と底冷えがしています今年最後(!)の海紅句会に行って参りました主宰特選句からご紹介します気負っても明日は見えぬ冬茜  敏子(作者の哲学・人生観が見える。「冬茜」が適切)Kという男友達漱石忌  モニカ(言い方がさっぱりしている)冬至の日日めくりと箸買っており  瑩子(「箸」が良い。季語と下語の間合いがいい)※(  )内は主宰の講評主宰の言葉より・材料が多いと、どういうこと
32位 八田真田八さん
  • 情報提供昨日の散歩 S川周辺 No.10 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • (12月7日の続きである。)さらにママチャリを川下に向かって進めた。去年、キンクロハジロを初めて見たk地点に近付いてきた。あっ!何か鳥が何羽かいるようだ。2羽を先頭にこちらに向かって泳いで来ている。カルガモより小さいぞ。オオバンだ!!今年もオオバンがやってきたか!良かった!去年の「停水」に凝りて、もう来ないのではないかと思われたが、ちゃんと来てくれたのか。そしてもう一羽は…?オオバンではないぞ!あ
33位 賢爺さん
  • 情報提供四十七士討ち入りの日、忠臣蔵の日 今日は何の日、今日の川柳、賢爺のブログ賢爺さんのプロフィール
  • 12月14日は「四十七士討ち入りの日、忠臣蔵の日」です。1702(元禄15)年、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。 1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で切りかかるという事件が起った。浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。 家臣
34位 hinotoriさん
  • 情報提供八手の花 陽鳥?!hinotoriさんのプロフィール
  •   関崎岬にてヤツデはウコギ科ヤツデ属の常緑低木。20?以上もある大きな葉をつける。7つまたは9つ(奇数)に裂けており、8つに裂けることはない。日本原産。別名「天狗の羽団扇(てんぐのはうちわ)」ランキングバナーにほんブログ村
35位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供  美しい人 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •                   読売新聞の「四季」欄に、瀬戸内寂聴さんの句が10間にわたり載っていた。昔、昔もう50年も前。寂聴さんが、瀬戸内晴美さんを名乗っていた頃の事。まだ学生だった私は、彼女の講演を聴きに行ったことがある。その頃、文芸春秋社の後援事業だったと思うだけれど、全国を著名な作家や文化人が 、講演をして回っていた。瀬戸内晴美さんの講演を街の文化センターに聴きに行った。前列の席に陣取っ
36位 祐さん
37位 ワガママ王子さん
38位 おっしーさん
  • 情報提供生きてる証 あいのうたおっしーさんのプロフィール
  • 笑うことも 泣くことも 怒ることも 慈しむことも 愛することも 憎むことも…… 全ては同じ 「良い」とか「悪い」とか そんなんじゃなくて みんな生きてる証 1つ1つと向き合って 1つ1つを味わおう 1つ1つが溶け合って 少しずつ自分を 強く大きくしてくれる Thank you for reading! よろしければ応援ポチしていただけると嬉しいです^^ にほんブログ村
39位 三世の四季さん
  • 情報提供寒雀/今日の俳句 ≪第2714号≫ 三世の四季三世の四季さんのプロフィール
  • ≪2017年(平成29年)12月13日(水)≫(旧暦10/26)  力とは地から飛び立つ寒すずめ                  五島高資  何もせぬことを訓へに寒雀                  村越化石  いささ竹寒雀来よ子無き家に                  鍵和田?子  ばらばらにゐて一斉や寒雀                  金箱戈止夫  寒雀ただはらはらと他愛なや               
40位 いつきさらささん
  • 情報提供雪だるま わたしをさがしていますかいつきさらささんのプロフィール
  • すっかり凍えた庭先にひとりで立っていたいつもより満月は親しげで秘密をうちあけたがっているようだその相手が僕でないことはわかっているけれどまたいつかここで会えたら話し相手になってくれるかい
41位 何かをすてて 何かをひらおうさん
  • 情報提供   俳句あれこれ 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール
  •       昨日の読売新聞の俳句欄に載っていた、正木ゆう子さんの一文。いたく理解のできる文章であった。印象深かった。市井の中の清く貧しい俳句愛好者の心に沁み込んだ。(少し誇張)不肖、私は真摯に俳句に取り組んでも、いつも全没、全没で、それでも良い句を、、と一生懸命に作句をした。私のブログを読んでいた息子に、(母さんは、いつも全没、全没と書いているけれど、そんなに ヘタッピーだったのか)と云われたこと
42位 Noir by 霧月冴夜さん
  • 情報提供MoonLight Poésie NoireNoir by 霧月冴夜さんのプロフィール
  • 青い月光に犯されて今宵もわたしは淫らなダンスを踊っている心まで青く犯されて青く濡れた中心は奥まで貫かれているか細い月の指が肌を撫で回し 揺れる乳房を掴んで弄ぶ青い月の指は 女の赤い唇から甘ったるい官能を引きずり出す長い髪を振り乱し恥ずかしげもなく腰を振り一糸纏わぬわたしの白い裸を銀の月が青く塗り潰す詩・ポエムランキングにほんブログ村
43位 819makerさん
  • 情報提供枯芒 俳句の風景819makerさんのプロフィール
  • [画像]日に光るものの一つや枯芒[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像] 穂も葉も枯れつくした芒をいう。[画像]枯れた穂が風に吹かれているさまは寂しげであるが、そこにまた一つの趣がある。[画像]枯芒が老人の白髪のように風に靡いていた。[画像]穂が日に透かされると、白く光った。[画像]サイクリングロードに声や枯芒[にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ]  [画像]
44位 重翁さん
  • 情報提供冬 冬日和 北風(きた) 冬桜 枯芝 重翁の写真俳句&紀行重翁さんのプロフィール
  •  昨日、金沢八景にゴルフ練習に行ったが、海岸に鳶が舞っており、間近まで来た鳶を写真に撮ることができた。練習を終えた帰り道、芝生に植えられた冬桜が花をつけていた。           八景島人を恐れぬ冬の鳶           冬日和海辺は鳶の演舞場           北風に乗り大空高く鳶の群           小さくも花はたわわに冬桜           波しぶき飛び散る浜に冬桜       
45位 小夜衣さん
46位 joshuakiさん
  • 情報提供レシピ依存症 ブログ五.五行歌joshuakiさんのプロフィール
  • 女房が「見て見てっ、今日本屋でみつけたの!」一冊のムック本。 http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/15328.htmlすごいっ、自社の商品のレシピ本まで造ってしまうのか。女房はこの会社のクッキーが好きで、ネットでレシピを探してチャレンジしてみたりするが、しかもネットには、似たようなレシピがいっぱいあるのね、いくらでもみつかる。     マニュアルや     レシピは、     たくさん揃ってる     
47位 ナレイさん
  • 情報提供半身で生きる ネガティブのままでいいナレイさんのプロフィール
  • あなたの 断末魔の声を聞いたとき私の半身も 死にました。死にながら生きてます生き残った 半身を必死になって動かしながら生きてます死にながら生きてます半分だけで 生きていると皆が楽しむお祭りごともイベントも無縁の闇に追いやられます半分だけで 生きていると季節の風さえ感じなくなります死にながら生きてます全身 死ぬ日はまだ 遠いがんばれと言わないでこれ以上 がんばれません半身だけで 生きてますぽちで救わ
48位 白猫のゴンタさん
  • 情報提供キャッシュレス時代到来?・・。 安サラリーマン川柳白猫のゴンタさんのプロフィール
  • 先日のNHK朝の「深読み」で、キャッシュレス時代がやってくる。とういのをやっていました。となると、先日の森友問題で登場したこの「無礼者!」の御仁に渡そうとされたものも、時代が時代なら小切手かプリペイドカードしかないってなことになるのでしょうかね。もらった方は分かりづらい。ふむふむ・・でポチッ
49位 sachimamさん
  • 情報提供心の花か… 九十一歳の一日一首sachimamさんのプロフィール
  •    ランキングに参加しています。よろしかったら是非 して応援をお願いします。 *画像はこちらからお借りしました。
50位 ナレイさん
  • 情報提供街いちめんの死に化粧(再掲載) ネガティブのままでいいナレイさんのプロフィール
  • 都会の空から粉雪が 舞う周りの音を かき消してどんどん どんどん降り積もる街いちめんの白尽くし街を 呑み込む白尽くし人っ子 ひとり見当たらぬただただ 白が広がるばかり白い 孤独が降りやまぬしんしん しんしん降りやまぬ街いちめんの 死に化粧葬列みたいに車も ゆっくり静かに 走る街いちめんの 死に化粧私も そろりと雪道 歩くこれは3年前にアップしたものです。私ったら、2600近い記事を書いてて、再掲載
更新時刻:17/12/14 21:30現在