写真俳句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/22 16:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
八田真田八さん
  • 情報提供即き過ぎ俳句フォト No.217 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • 目立ちたくないか葉裏の空蝉よ     真田八 ろめだちたくないか はうらの うつせみよ季語:空蝉(夏)被写体:アブラゼミの抜け殻真田八:  私は「目立たずに居たい」という心情を常に持っているようだ。 即ち、句中の「空蝉」とは、私の事で、これは自分に問題を投げかけた句である。 「目立たずに居たい」と思いながらも、結果的には、変な事で目立ってしまっている事が多い。 「風変りな事に固執」した結果、そうな

2位
綾さん
  • 情報提供瓢箪笛 写真俳句 Ryo綾さんのプロフィール
  • 女吹く笛郷天へ爽籟す  綾爽籟や女吹く笛郷天へ 綾 おみなふくふえきょうてんへそうらいす そうらいやおみなふくふえきょうてんへ*季語 爽籟 秋*涼しくなって遊歩道や広場は人が増えてきた猛暑の時人は...

3位
桃香さん
  • 情報提供芙蓉 桃香の写真俳句ブログ桃香さんのプロフィール
  •    畳まれて紙の薄さの花芙蓉   桃香   たたまれてかみのうすさのはなふよう       心地よき今朝の空色花芙蓉   桃香    夕暮れに紅閉じ込める酔芙蓉   桃香  芙蓉というと「繊細」「はかない」という言葉がすぐに思い浮かびますが、木槿に比べてもその感が深いですね。 どちらも花期が同じで、花の形や色も似ているのですが、芙蓉が庭木として植えられているのに対して、木槿が街路樹などに使われて
4位 山歩人さん
  • 情報提供秋の蝶 こんな写真×詠んでみた山歩人さんのプロフィール
  • 鳥撮り用のカメラを3日間ほど触って無い。これはある意味異常事態かも(笑)忙しいのと、鳥がいないのと、なんか気分が乗らないのと・・・色々重なっているような。[作品写真データ]モデル:蝶カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/250F値:4.5ISO:300WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング有りLightroom CC2015 for Mac にほんブログ村←ランキング参加
5位 まろうさん
  • 情報提供美味しかったでしょう! 風は南からまろうさんのプロフィール
  • 最初に出来る実 初物を食べると 5年長生きすると言われています。カボチャの最初の実がそろそろ食べごろ!と思っていたら 猿が出ました。近所の畑と共同で対策をとってから暫らくでなかったので 油断していました。初物を齧られました。さぞ美味しかったことでしょう!!! あまり見たくないので 白黒で  これは別のかぼちゃ きれいな南瓜色で 美味しかった!近所の畑は 今年は猿がでるから 「野菜を作るのを止める」
6位 iSAMUさん
  • 情報提供青瓢 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • 生まれたて産毛が守る青瓢あおふくべ青瓢は秋の季語。花が終わると、小さな瓢箪の実が産毛に包まれて生まれる。やせて顔色の青い人のことを青瓢箪というが、本物の青瓢は可愛いものである。 ←「写真俳句」をクリ...
7位 まさひろさん
  • 情報提供萩の花 三村昌弘フォト俳句まさひろさんのプロフィール
  •           * しらはぎの ゆうひのなかに ちりそむる
8位 笑子さん
  • 情報提供上野スカイブリッジへ 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 少年のままの眼で夏の空  笑子しょうねんのままのまなこでなつのそら 不二洞のある自然公園と「まほーばの森」という施設を結ぶ225mの観光つり橋 上野スカイブリッジへ 高さ90mの吊り橋の上からの眺めはよかったですが〜なにしろ高所恐怖症なので身を乗り出しての撮影は無理〜〜!!なので 怖さで写真がナナメってます(笑) ちょっとしたお出かけでも リフレッシュできました♪♪♪橋を渡って〜( *´艸`)ソフトクリー
9位 八田真田八さん
  • 情報提供昨日の散歩 稲荷山周辺 No.136 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • (8月18日の続きである。)さらにいつもの道を歩いた。おや…!正面の木の幹の表面にヒラヒラと… 何か虫が居るようだ。いや… 表面の木の皮がめくれた跡が風でヒラヒラしているだけか…?いや… やっぱり虫だ。ハゴロモだな。やっぱり、ハゴロモか!アミガサハゴロモのようだな…。まだ、薄青っぽいので、羽化してからそんなに経過していない個体のようだ。ところで、ハゴロモの仲間の幼虫はとんでもなく面白い。尻から絮の
10位 英さん。さん
  • 情報提供夏の雲 無数の顔が見えますか 昼間管理職のつぶやき英さん。さんのプロフィール
  • 《街角の風景》「雲の写真家」という人がいるらしい。英さん。も、それほどではないが、雲を撮るのが好きである。「雲」は本当の「一期一会」同じ形の雲に出会うことは、2度とない。いい?と思ったらすぐにシャッターを切らなければならない。そうでない...
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 笑子さん
  • 情報提供上野村 不二洞へ 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 安からず炎暑の町を逃れきて  笑子やすからずえんしょのまちをのがれきて お盆休み中のお出かけ編相方さんと次男と群馬県上野村へ。。。この日も当地は34℃の蒸し暑さに家から1時間半の鍾乳洞にやってきました入口のこのトンネルに入ったとたん ひんやり〜〜〜!!思わずバンザイ〜涼しい〜〜!!鍾乳洞内は 年間通して10度くらいだそうです天然のクーラー最高\(^o^)/この酷暑にあっては楽園のように思えました パンフに
12位 KIKKOさん
  • 情報提供百合の句 LUCKY PHOTKIKKOさんのプロフィール
  • 遅咲きの鉄砲百合ゃホラを吹く何食わぬおすまし上手無垢な百合季鳥百合は 夏の季語ですが あぁ今年は 詠んでないと思い詠んでみました。訪問 閲覧ありがとうございます。
13位 風子さん
  • 情報提供山あじさい fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  • せおとさえやまあじさいもあきのいろ  風子               庭の花はすでに花期を終えているのに平地より10℃近くも気温の低い山中ではまだ盛りでも やはり秋の色だね ご訪問ありがとう _(._....
14位 Hiroさん
  • 情報提供50年ぶりの灯籠流し08/21′18 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■流燈の火影急ぐな 神田川 ………… りゅうとうのほかげいそぐな かんだがわNo.1260 …………◆先日、“神田川精霊流し”を見てきた。〈流燈や 沿いて流るる車の灯〉◆中学生か高校生の頃に、ふるさとの川で見たが…半世紀以上前、約50年ぶりのことか。◆あまりに速い川の流れに、「流燈」も急がざるを得ないらしく…急ぎ流れ、次々と消えて行くのだった。【俳人の一句】 〈からだまだ流燈の川寝つけざり〉
15位 英さん。さん
  • 情報提供本当に効いているのかアルコール 昼間管理職のつぶやき英さん。さんのプロフィール
  • 《その他》今年の夏は「蚊」が少ない気がする?。暑すぎて活動できないから。繁殖する水溜まりが少ないから。などと言われている。先日、マツコ・デラックスの番組で、蚊の撃退法をやっていた。観た人もいるかもしれない。それが何と!ハンドアルコ...
16位 白桂さん
  • 情報提供白い夾竹桃 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <白い夾竹桃>大阪は夾竹桃の多い土地である。街路樹に好んで使われており、濃いピンクや薄いピンク、白など今満開の季節である。以前ラジオで聞いた話だが、排気ガスなどの公害の多かった大阪の街路樹に丈夫な夾竹桃が好んで植えられたのだという。近年は排気ガスの規制も厳しくなり、昭和の後半頃に比べると空気も澄んできた。それなりに、花色も鮮やかさを増したような気がする。
17位 さとるさん
18位 山歩人さん
  • 情報提供秋の朝 こんな写真×詠んでみた山歩人さんのプロフィール
  • 俳句の世界では「季語が動く」という言葉がある。確かにね、別に夏でも春でも意味は同じになるもんね。そもそも、何が言いたいのかが判らない。ってか、特に言いたい事も無かったりして(笑)そう言うときはどうするのがベターなんだろう・・・何となく最近スランプ気味。鳥撮りしてないからだろうな。[作品写真データ]モデル:カメラ:スマホレンズ:シャッター速度:F値:ISO:WB:オート露出プログラム:オートトリミング無し
19位 (勝爺)さん
  • 情報提供翡翠(かわせみ) photo俳句(勝爺)さんのプロフィール
  • 翡翠の飛翔の姿撮り損ね1297高齢者用スマホからiphoneに変えてから、カメラを持ち歩くことが少なくなった。SNSサイトへの投稿写真はスマホで十分だからだ。今朝、朝体操に向かう途中、翡翠(かわせみ)に出会った。石の上に ...
20位 風子さん
  • 情報提供うるわしき山河 fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  • みずすむやたにのせせらぎかじかのね  風子山の日没は早い夕闇が迫るとせせらぎの音に呼応して河鹿の鳴く声もひときわ高くなるように思う ご訪問ありがとう _(._.)_ ブログランキングに参加しています   ...
21位 雪うさぎさん
  • 情報提供ハンカチ Gallery天狼星雪うさぎさんのプロフィール
  • なくときにかぎってハンカチをもたず俳句の季節はもう秋ですねえ・・毎年のことながら今月いっぱいは夏と秋を行ったり来たり。
22位 skysceneさん
23位 iSAMUさん
  • 情報提供海紅豆 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • 海紅豆かいこうず大風吹けど耐えに耐え海紅豆かいこうずは梯梧のこと(写真はアメリカ梯梧)沖縄の県花 ←「写真俳句」を 下さい
24位 紳一さん
25位 まさひろさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 史朗さん
  • 情報提供演奏の姿もかすむ感動に 傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • 演奏の姿もかすむ感動に  史朗長いつらい練習のこたえはミューズアークホールの60分。自身の歓喜を表したとされる大曲ラフマニノフ交響曲2番!多用されるティンパニを友人の多田景子さんが演奏された清瀬管弦楽団60周年記念演奏会。少し秋めいたミューズアークホールは感動に沸いた。曲と演者と聴衆の感性が昇華したのであろうか拍手がなりやまなかった。私も勇気をもらって帰ってきた。[画像]][画像][画像][画像][画像][に
27位 まろうさん
  • 情報提供ユーカリの木 風は南からまろうさんのプロフィール
  • 大きくなりすぎるので 2年くらいで 切ります。ほとんど丸坊主に。でも二年もすると 一階の屋根くらいになります。この春は切らなかったので風が吹くと 葉擦れが聞こえます。「命にかかわる暑さ!熱中症に注意を!」もう毎日 聞きました。陽射しを避けて 簾やカーテンで少し暗くなった部屋で 葉擦れを聞いているといきているだなあと おもいます。8月11日 15:46 
28位 英さん。さん
  • 情報提供大輪の朝顔やっと咲きました 昼間管理職のつぶやき英さん。さんのプロフィール
  • 《朝顔の風景》英さん。家の朝顔。実は2種類あるのだが、大きい方のがなかなか咲かなかった。それが、昨日やっと咲いた。小さな方は、大分早くから大量に咲いているのだが。きけば、何やら大きい方は、種の選別が難しいらしい。今年は、何も考えない...
29位 綾さん
30位 skysceneさん
31位 八田真田八さん
  • 情報提供昨日の散歩 鴨川周辺 No.313 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • (先日8月5日の続きである。)さらに、炎天の鴨川河川敷内の道をママチャリで行った。…が、やっぱり暑い!!おーっ! また次の橋が見えて来た!またちょっと涼める!ややっ!今度の橋の下にはアオサギが居る!本日は、橋の下に居るアオサギは、この個体が初めてである。やっぱり、こういうアオサギも居るんだ!何か…ホッとするなぁ…。正面向きだが、まっすぐ前を見ている訳ではなく、ちょっと下を向いているアオサギか…。下
32位 KIKKOさん
  • 情報提供秋の空の句 LUCKY PHOTKIKKOさんのプロフィール
  • 夢うつつ私の心よ秋の空秋めいて私の心は上の空秋の空悲愁漂ふをんなかな        季鳥お盆中 孫と公園に行き 半円形のトランポリン孫が夢中で遊んでいたけれど 雷が鳴りだし 娘が連れてこようとしたが私は素足だったので私の方が速いと思っていったら なんてこった周りの子供達の勢いで私 二回転。首がバキと音したので 折れたと思った(・_・;)首と肩が痛くて湿布づけの5日間でした。周りの子供達や孫にケガ
33位 重翁さん
  • 情報提供露草 つき草 蛍草 重翁の写真俳句&紀行重翁さんのプロフィール
  • 露草が長い間、咲いているが秋の季語になっている。露の多い頃に咲くから秋の季語という説明もあったりするが、朝咲いた花が昼にしぼむことが、朝露を連想させることより「露草」と呼ばれているようだ。色が衣に着きやすいので「着草」「月草」と呼ばれたり、黄色い蕊が蛍を想像させることから「蛍草」とも呼ばれている。          崖際の道路に沿いて蛍草          蕊の灯のうつろふ如く蛍草        
34位 mickeyさん
  • 情報提供アイス 想うこと時々俳句mickeyさんのプロフィール
  • ややひとりふえてはなやぐぼんようい暑い暑い夏。。。このアイスのシリーズを毎日1ヶ食べている2ヶのときもあるけど体重が若干増えたのはこのせいかも・・・でも美味しくてやめられない(^-^;
35位 skysceneさん
36位 とにかく俳句さん
  • 情報提供玉取祭 とにかく俳句とにかく俳句さんのプロフィール
  • <今日の一句>玉取祭(たまとりまつり):秋の季語。 宮島の玉取祭。近年は10代20代の参加者が少なくなり寂しい限り。   玉取祭和気あいあいに取つ組めり  甘
37位 紳一さん
38位 白桂さん
  • 情報提供夕立と月 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <夕立と月>21日夕方。先ほど激しい夕立が有った。10分ほどだったけれど湿気を多量に含んだ大気を残して。黒い雲が行ってしまった空に半分の月が取り残され浮かんでいた。
39位 紳一さん
40位 重翁さん
  • 情報提供薮枯らし 重翁の写真俳句&紀行重翁さんのプロフィール
  • 「藪枯らし」は、藪を覆って枯らすほどの生育の旺盛さに名前が由来しているが、貧乏葛とも呼ばれ、庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂ると言われている。          邸宅の垣根に沿いて薮枯らし          名前ほど悪くは見えぬ薮枯らし          朽ち果てて貧乏葛も生えぬ家          蜂も来て貧乏葛に群がりぬ          オレンジの雌蕊の美しき薮枯らし
41位 (勝爺)さん
  • 情報提供夕焼雲 photo俳句(勝爺)さんのプロフィール
  • 本閉じて夕焼雲の色を追い1296このところ、夕焼けがきれいだ。読みかけの本を閉じて、しばし、移り行く夕焼け雲の色変化を楽しむ。
42位 笑子さん
  • 情報提供秋に入る(あきにいる) 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 食欲の衰えぬまま秋に入る  笑子しょくよくの衰えぬままあきにいる セセリちゃん美味しそうだね大きなおめめがキュート今年も大勢家の庭に遊びに(食事に)来てくれてますこの子は??変わった色ですねルリモンハナバチかな〜〜?だったら貴重なのかな?キレイな色です今年初めて庭で見かけました(^^♪このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。  
43位 iSAMUさん
  • 情報提供秋の山 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • 檜葉ひばの実の明日には割れて秋の山明日は檜になろうと”あすなろ”の別名がある檜葉。小さな花を春に付けるが、実はユニークなこの形となる。やがて弾けて4個の実を生み、その辺に転げ落ちる。普通、線香は杉の...
44位 雪うさぎさん
  • 情報提供踊2 Gallery天狼星雪うさぎさんのプロフィール
  • おどりがさ はずせしははにだきつけり☆俳句ポスト「踊」  人選☆撮るほうとしては浴衣着てくれればいいのに・・なんて勝手なことを思っておりましたσ(^^)
45位 山歩人さん
  • 情報提供秋めく こんな写真×詠んでみた山歩人さんのプロフィール
  • もう一ひねりしなきゃなぁ・・・これじゃ、そのまんま過ぎるし。「・・・で?」と言われそう(笑)急に涼しくなったせいか。確かに色々な鳥の声がしたんだよなぁ。だから何?って話ではあるんだけど。なんか忙しくて頭が回らないや・・・[作品写真データ]モデル:神社と岩カメラ:スマホレンズ:シャッター速度:F値:ISO:WB:オート露出プログラム:オートトリミング無しLightroom CC2015 for Mac にほんブログ村←ランキング
46位 史朗さん
  • 情報提供皆伝へ苦節十年紅芙蓉 傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • 皆伝へ苦節十年紅芙蓉  史朗明日は皆伝への最後の砦の詩吟審査会。300余の履修吟のなかからその場で吟詠を指定されるのはたったの3吟。漢詩・和歌・現代詩のどれを指定されても即座に出来なくては合格できない。緊張のなかにも自分の吟力が試される機会でもあり気持ちが高揚している。準備万端・・・・ではないが楽しみながら吟じてきます。[画像][画像][画像][画像][にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ]↑ポチっと「写
47位 FUKUUさん
  • 情報提供昔買ひたかつたものを見る守宮 FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌FUKUUさんのプロフィール
  • 昔買ひたかつたものを見る守宮むかしかひたかつたものをみるやもり『リズムの悪い口語俳句であるけれども、 守宮を作者自身に引き付けて詠んでいて好感を持ちました。 「昔買ひたかったもの」というのも漠然としていますが、 これまで追いかけても叶わなかった夢と読めば、 切なさが募ります。 守宮が 作者自身の今の気持ちの象徴として 用いられているのは斬新です。 楸邨先生は 句の形がごたごたしていても、内容で採ら
48位 Hiroさん
  • 情報提供佳き日の夏料理は*08/19′18 Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
  • ■このたびは佳き日佳きこと 夏料理 ………… このたびはよきひよきこと なつりょうり No.1259 …………◆“山の上ホテル”の句の2回目。ホテルの中の、和食レストランにて。◆案内されたのは、六畳ほどの奥まった個室。この日は、有名な“天麩羅”のコース料理。そして、それはイキナリ…私の苦手の“海老”から始まったのですが…。◆野菜類はモチロン、稚鮎や白鱚、穴子…と魚類もたっぷり! サクサクの
49位 風子さん
  • 情報提供はんなりと fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  •                            げたの鈴友さんの画像より借用すずろなるがらのはなをやよわのあき  風子                     秋の夜は秋の季語      ...
50位 とにかく俳句さん
更新時刻:18/08/22 16:30現在