写真俳句 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/10/17 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
kemm158さん
  • 情報提供野紺菊 畦夢の写真俳句kemm158さんのプロフィール
  • 矢切の渡し越ゆや野菊の墓まぢか(やぎりのわたしこゆやのぎくのはかまぢか)季語;野菊(秋)野紺菊(のこんぎく) キク科 シオン属    花言葉 指導伊藤左千夫の「野菊の墓」の舞台は矢切の渡しの...

2位
山走子さん
  • 情報提供芋煮会(いもにかい) こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • 芋煮会に参加した事は残念ながら無いなぁ・・・よくテレビでやっている超大鍋に重機まで登場するあれに参戦してみたい。美味しいだろうなぁ・・・さてさて、カケスを撮したら偶然写ったんだけど。何の実を咥えているのだろう?林の中ではカケスは相変わらず忍者のように音も立てずに移動していく。・・・・が、一声上げただけど、瞬時にカケスだとばれてしまう(笑)黙っていれば綺麗な鳥なんだけどねぇ。[作品写真データ]モデル

3位
雪うさぎさん
4位 八田真田八さん
  • 情報提供昨日の散歩 鴨川周辺 No.236 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • (10月9日の続きである。)さらに歩いて行くと、堤防の道の脇にピンクの花がいっぱい咲いていた。わーっ! 強烈な真っピンクだ!そう言えば、去年もこの辺にあったな。これはハナカタバミというらしい。カタバミの仲間で、花の大きな種らしい。ピラカンサの実だ。まだ赤くなってはいないようだ。これが赤くなって熟して来ると、鳥も来るんだなぁ。あっ! 白い花(千日草?)に蝶が来た!ウラナミシジミだな。オレンジの紋がツ
5位 八田真田八さん
  • 情報提供即き過ぎ俳句フォト No.159 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • 放屁虫これは屁なのか聞いてきた   真田八 へひりむし これはへなのか きいてきた季語:放屁虫(秋)八田の自己分析: カメムシが「あのー…すみません。我々カメムシの出す臭いというものは、これは人間でいう屁というものに当たるのでしょうか…?」と聞いてきたと詠んだ句のようである。 カメムシやホソクビゴミムシ科のゴミムシは、危難にあうと臭腺から悪臭を放って身を守るのでこの名がついている。 只、これが「屁
6位 まろうさん
  • 情報提供雨の秋祭り 風は南からまろうさんのプロフィール
  • 小雨降る日 八幡様の秋祭りでした。母がどうしても行きたいと言うので 一緒にいきました。知っている人が話しかけてくれるので 機嫌がいい!今月で95歳になったと言うと みんなが注目してくれるのでますます機嫌がよくなる。最近は外にでないし 話し相手が居なくなったと言ってるので 良かった。    「岩国祭り」 午後 私が行った時は もう片付けしてるときでした。 いつも何か見たことない車が有るのですが これ
7位 山走子さん
  • 情報提供実に入む(みにしむ) こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • もっと傘があると良かったんだけど・・・・(笑)日曜日とかだと撮影チャンスだったのかしら。雨の銀座はフォトジェニック・・・かな?ありがちなカットだけど。まぁ、習作ってところで。これって ↑ 実は色々なプロセスを経てこの絵になっているんだけど。コンデジ使って撮ってます。その後Lightroomで結構いじってます。LightroomのUprigahtという機能にはかなり驚かされてます(笑)いったいどういう仕組みなんでしょ?都会は雨
8位 iSAMUさん
  • 情報提供 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • 鵯の狙う先には吊り花実里に下りてきた鵯が、ちらりちらりとこの実を狙っている。追立ようか、な! ←「写真俳句人気ランキング」を 下さい
9位 史朗さん
  • 情報提供秋の虹昨日の少年今日白頭  傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • 秋の虹昨日の少年今日白頭   史朗[画像]人生を達観するということは悲観ではなく、むしろ積極的で楽観的な態度である。諦めではなく見極めである。今朝の友人のFBに書かれていた言葉である。[にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ](^^♪よろしければ「↑写真俳句」をポチっとしてください〜ブログランキングの加点になりますTo not take things in life so seriously is not a negative, resigned attitude; it is happy a
10位 八田真田八さん
  • 情報提供フォト俳句 No.77 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • 国難も関係しての愁思かな   良蕉 こくなんも かんけいしての しゅうしかな季語:愁思(秋)八尾良蕉の自己分析:「愁思」とは「秋に感じる原因のはっきりしないもの寂しさ」のようです。 原因がはっきりしている落ち込みは「愁思」ではないのでしょう。 しかし、今年の秋に限ってのこの気分の落ち込みはなんでしょう。 何か…我々の住んで居る国の根幹がおかしくなっている。 不安この上無く、このまま安心して生きてい
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 綾さん
  • 情報提供秋黴雨 写真俳句 Ryo綾さんのプロフィール
  • 葉雫に封書滲みて秋黴雨  綾はしずづくにふうしょにじみてあきついり*季語 秋の雨 秋 傍題 秋黴雨ご訪問いただきありがとうございます。応援の よろしくお願いします↓にほんブログ村
12位 笑子さん
  • 情報提供毎月15日はコマちゃんの日♪ 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • コマちゃんの日は俳句はお休みです(*^-^*)コマちゃ〜〜ん毎日育児お疲れ様ね〜 ちょっと痩せてきたかな〜〜コマ〜〜いっぱい食べているけど 追いつかないよねだってこんな感じだもんね〜〜(;''∀'')前に載せた写真をもう1回UPしてみますぅ仔犬の大きさの変化が!!(;''∀'')わかるかな〜〜コマの脚の長さ・太さと比べてみてねすごいことになってますよぉコマちゃんの育児奮闘の日々はまだまだ続く〜!がんばれ!
13位 小夜衣さん
14位 kemm158さん
  • 情報提供秋茱萸 畦夢の写真俳句kemm158さんのプロフィール
  • 果実酒もジャムも作ろか茱萸を採る(かじつしゅもじゃむもつくろかぐみをとる)季語;茱萸(秋)秋茱萸(あきぐみ) グミ科 ナツグミ属    花言葉 用心深いよろしかったら をお願いします。...
15位 笑子さん
  • 情報提供渋峠より白根山を望む 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • シャツの襟立てて秋風感じをり  笑子しゃつのえりたててあきかぜかんじをり 毎年秋に通っていた白根山噴火レベルが上がったことで夜間交通規制がされていてしばらくご無沙汰でしたが〜〜今年6月に規制が解除されやっと!行くことができましたここからの見晴らし!!最高〜\(^o^)/大好き〜〜!! 眼下に 芳ケ平湿原まるで 絵本の世界みたい(*^-^*)ここまで歩いて行ってみたいけど・・・すごい覚悟が必要そうでもう少し若
16位 山走子さん
  • 情報提供秋の昼 こんな写真×詠んでみた山走子さんのプロフィール
  • ランチの料理写真を撮るのが好きで。そのうち、それらを整理保管するブログを開設しようかと思っているのだが。季語「秋の昼」は決してランチを差しているわけでは無いよう(笑)ま・・・いっか。アカゲラは可愛いな。自分的にはオオアカゲラよりも、圧倒的にアカゲラの方が好きだな。なんか、ヒゲをはやしてチャイニーズ帽子をかぶっているオジサンみたいな趣(笑)アカゲラに突っつかれたら痛いだろうなぁ・・・(笑)生の木にク
17位 雪うさぎさん
  • 情報提供櫨紅葉 Gallery天狼星雪うさぎさんのプロフィール
  • やまがみに てんかされしよはぜもみじ☆俳句ポスト「櫨紅葉」  人選☆櫨なのかどうか・・ちょっと確信が・・(;^_^A今年はまだなので以前の写真を探したのですが、これがなかなか時間かかります。何か良い方法な...
18位 walkstyle017さん
  • 情報提供兵馬俑 京都歩き旅/京の細道walkstyle017さんのプロフィール
  • 太陽公園の兵馬俑。1000体の兵馬俑はレプリカとはいえ迫力だ。実際の始皇帝陵はもっと広くて多数の兵馬があるのだろう。  兵馬俑きのこの匂う闇静か菌の匂いがしそうな雰囲気だ。実際は匂いはしないのだが。
19位 史朗さん
  • 情報提供尾瀬の草紅葉  ひとり占め三条の湯へ草紅葉  傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • ひとり占め三条の湯へ草紅葉 史朗 草紅葉の尾瀬を歩く[にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ](^^♪よろしければ「↑写真俳句」をポチっとしてください〜ブログランキングの加点になります鳩待峠をくだり尾瀬に入れば一面の草紅葉だ。秋天の湿原行く人もなく果てしなくつづく木道をひとり占めして歩く燧岳目指して。[画像][画像][画像][画像][画像][画像]寒い雨の週末です。気晴らしに暫く尾瀬の散策写真をアップします。気温
20位 風子さん
  • 情報提供里の秋 fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  • ははがにたなべでくりにるさとのあき  風子            栗の実というと母を思い出す そして煮た栗を剥いて貰うさきから食べて居た少年の頃を…戦後一年を経ても還らぬ父を 母子三人で待ちわびた...
21位 風子さん
22位 笑子さん
  • 情報提供芒Ⅱ 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 芒野に降りて芒の夢の中  笑子すすきのにおりてすすきのゆめのなか この時期 すすきがキレイですよね〜ねこじゃらしも 逆光で見るととても綺麗です(^◇^)季語では 狗尾草(エノコログサ)とも言います★ このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。  
23位 iSAMUさん
24位 kemm158さん
  • 情報提供花も実もある・・ 畦夢の写真俳句kemm158さんのプロフィール
  • 山寺の花も実もある芭蕉かな(やまでらのはなもみもあるばせうかな)季語;芭蕉(秋)芭蕉(バショウ) バショウ科 バショウ属    花言葉 燃える思いこの小さなバナナ・・様のものは食べられないら...
25位 白桂さん
  • 情報提供秋の絵筆/しおん 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <秋の絵筆/しおん>淡い紫になぜこうも心惹かれるのだろう。瑠璃茉莉・アガパンサス・藤・嫁菜・しおん数え上げればきりがない。きっと、赤や黄色のように綺麗だけれどこちらが思わず身構える色でないからだろう。妙に安心感がある。かといって私の好きな色は濃紺なのだが。
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 風子さん
  • 情報提供秋のうみ fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  • しろきみおやがてのみゆくあきのうみ  風子             何事もないことが一番のしあわせだと思っているのに悲しみは あるとき思いがけなくやってくるしずかで穏やかな日常を突然 得たいの知...
27位 kemm158さん
  • 情報提供吊るし柿 畦夢の写真俳句kemm158さんのプロフィール
  • 夜なべして作りし縄の暖簾かな(よなべしてつくりしなわののれんかな)季語;夜なべ(秋)よろしかったら をお願いします。にほんブログ村
28位 まろうさん
  • 情報提供ホトトギスと蝶 風は南からまろうさんのプロフィール
  • ルリタテハの蝶を呼びたくて ホトトギスを植えているけどあんまり好みで無いみたい。一度幼虫が居たのだけどその姿にびっくりして それに 葉を全部食べられたし駆除したら 二度と来なくなった。気長に待ちましょう!!妖精と言う名前です。妖精ぽく撮りたかったけど カメラが・・・・  名前 桃星 丈夫で沢山花を付けます。       三株お買い得で買ったけど あまり花を付けなかった。 キバナホトトギスもあるのだ
29位 kemm158さん
  • 情報提供小式部の実 畦夢の写真俳句kemm158さんのプロフィール
  • 一枝を切つて帰らむ実紫(ひとえだをきつてかへらむみむらさき)季語;実紫(秋)写真は小式部(こしきぶ)の実 シソ科 ムラサキシキブ属    花言葉 愛され上手よろしかったら をお願いします...
30位 八田真田八さん
  • 情報提供昨日の散歩 鴨川周辺 No.235 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
  • (10月9日の続きである。)クゥェ〜…クゥェ〜…上空で、余り上品とは言えない鳴き声がした。サギか…?足が黒いので、ダイサギだな…。ダイサギは私の感じるところでは、「優美」といった外観である。鳴き声は…?もうちょっと違う鳴き声の方が似つかわしいとも言えなくはない。少し歩くと、川の中にシラサギが見えた。さっき飛んでいたダイサギではないな。若干小さいからコサギであろう。採餌中のようだ。足で川底から魚を追
31位 風子さん
  • 情報提供鴉啼く fu 風子の575 あるがままに風子さんのプロフィール
  • からすなくきょうのさとやまかきたわわ  風子             ひと住まぬ家の多かり柿の秋            柿熟るる空に鴉の啼くばかり            
32位 史朗さん
  • 情報提供尾瀬の秋 木道に登山靴鳴る野分波  傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • 木道に登山靴鳴る野分波   史朗 [画像]草紅葉の尾瀬を歩く[にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ](^^♪よろしければ「↑写真俳句」をポチっとしてください〜ブログランキングの加点になります峠から尾瀬・山の鼻まで約60分、それから木道を90分歩く。帰途を考えると時間が切迫している。もう少ししたら引き返さないと・・鳩待峠まで急登なので3時間は必要だ。歩くほどに魅力が増す尾瀬の大自然に名残は尽きない。もう
33位 史朗さん
  • 情報提供峠道まゆ実弾ける音のする  尾瀬鳩待峠 傘の内フォト俳と川柳俳諧歌史朗さんのプロフィール
  • 峠道まゆ実弾ける音のする  史朗まゆ実のみ赤い尾瀬への鳩待峠の黄葉。尾瀬湿原に下りていく木道の森は黄金の秋色。[にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ](^^♪よろしければ「↑写真俳句」をポチっとしてください〜ブログランキングの加点になります[画像][画像][画像][画像][画像]寒い雨の週末です。気晴らしに暫く尾瀬の散策写真をアップします。気温「寒暖差疲労」という病気があるのだそうです。気をつけましょう![画像
34位 笑子さん
  • 情報提供芒(すすき) 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
  • 山越えの芒が原で小休止  笑子やまごえのすすきがはらでしょうきゅうし白根山付近にて(*^-^*) 【芒】(すすき)・・・秋の季語です1枚目の芒の後ろの赤い紅葉は「クロマメノキ」の紅葉です(^◇^) ここに訪れたときは 気持ちのいい秋晴れでした・・・が、いよいよ秋の長雨状態に突入ですねrimiたんの運動会も延期となりガックシです(^_^;)・・このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメ
35位 (勝爺)さん
  • 情報提供もってのほか photo俳句(勝爺)さんのプロフィール
  • 朝食に小鉢追加のもってのほか955食用菊(モッテノホカ)が咲き始めた。朝、5〜6個満開花を摘み、サッと熱湯に通して水気を切る。小鉢に入れ、べんり酢であえて食す。簡単に1品増やせる秋の味覚だ。
36位 まろうさん
  • 情報提供何回引っ越しましたか? 風は南からまろうさんのプロフィール
  • 学生の時 これを入れると 4回寮に入っていたけど 卒業で実家に帰る時(机は備え付け)みんな処分した。布団と服はゴミに出すのは難しかったので送って ほかといっても此のころは集める趣味もお金も無かったので 本を買うこともなく 何も無く ノートや教科書くらいでみんな捨てたというか 欲しいひとにみなあげた。子どもの時は 冷蔵庫・洗濯機・テレビ・自転車・ローボード・絨毯まで・・・私と違って物持ちが良くて 就
37位 英さん。さん
  • 情報提供試食する そしていろいろ買っちまう 昼間管理職のつぶやき英さん。さんのプロフィール
  • これは安い!「原木ナメコ」・・・・・これは貴重「原本」・・・・・には突っ込まないでおこう(爆)この看板と煙に、ついハンドルを切ってしまう薪ストーブでコトコトじっくり煮込んだ鍋ついおかわりしたくなるすべてセルフ《小旅行》福島...
38位 英さん。さん
  • 情報提供誰だろう地域にチカラくれる人 昼間管理職のつぶやき英さん。さんのプロフィール
  • この先に明るい未来はあるのか?《気になる看板》いよいよ今日。衆議院選挙の公示日だ。日を重ねるごとに、訳がわからなくなってきた。大逆転の予感もする。しかし、与党が9割を占める予感もする。いずれにせよ、何となく面白そうだ。清き...
39位 重翁さん
  • 情報提供秋明菊 (菊日和) 重翁の写真俳句&紀行重翁さんのプロフィール
  • 孫の運動会で行った秦野では、秋明菊を植えている家が多く、写真を撮りながら婆やと話をすると、見て欲しいと裏庭まで案内された。秋明菊は、近所でも花盛りになっているし、貧相であるが我が家にも咲いている。秋明菊は、アネモネの仲間で、中国から入り京都の貴船地方で野生化したので、貴船菊とも呼ばれるが、現在は、多くの園芸品種があるらしい。           秋明菊植ゑし婆やの自慢聞く           秋
40位 サカケンさん
  • 情報提供無住寺の柿 サカケンの写真俳句サカケンさんのプロフィール
  •  今では世界各地で栽培されている柿だが、元を正せば中国長江流域から以東の、東アジアを原産とする果実であり、生産量は中国がナンバーワン。次いで韓国→日本が世界の三大生産地とされている。我国では、和歌山...
41位 白桂さん
  • 情報提供陶芸教室/角浅植木鉢 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <陶芸教室/角浅植木鉢>幅260×奥170×深さ45(脚高30) 赤土 たたら 焼き締め(一部黒天目)今年の陶芸教室は今日15日と22日で成形を終了する。前回作った作品が焼きあがって来ていた。家で手狭になっていたもみじのための鉢である。先輩のアドバイスに従って釉薬は極一部、あとは地肌をむき出しにした焼き締め。この方が水はけがよく、通気性があるらしい。苔が美しくなってくる頃なので来年が楽しみだ。
42位 夕美さん
  • 情報提供築地散策①勝どき橋 俳句ぽろろん夕美さんのプロフィール
  • 築地散策をしました。築地から隅田川に向かうと、勝どき橋がかかっており、橋のたもとには「かちときのわたし」という碑があります。ここで一句。秋の江や 渡しの守の 今はなくその昔、隅田川に勝どき橋はなく、人々は船で行き来をしていました。勝どき橋のたもとに、「かちどきのわたし」という記念碑があります。日露戦争の旅順要塞陥落時に、渡船場が作られたことを記念しています。渡船場は住民や月島へ通う人々の足として、
43位 夕美さん
44位 iSAMUさん
  • 情報提供行く秋 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • 行く秋や煙る当間あてまのぶな林新潟県十日町の当間高原のぶな林に、秋を促す小雨が降り続く。やがてブナは紅葉して葉を落とし、その上に4m、5mもの雪が降り積もり長い眠りにつくことだろう・・・。 ←「写真...
45位 白桂さん
  • 情報提供記念写真/コスモス 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <記念写真/コスモス>おはよう地球。おはよう仲間たち。コスモスが満開だ。数が少ないとか弱げな風情だがたくさんになるとまるで様子が変わる。にぎやかな娘たちの中に紛れ込んだようにいっぺんに華やかになる。 カメラを向けるといっせいにピースをする。笑い転げる。そしてやかましい。「私も私も!」と。今日15日と22日で今年の陶芸作陶が終わる。先日のトトロの耳がとれていたのでもう一度挑戦するつもり。
46位 まさひろさん
47位 (勝爺)さん
  • 情報提供風祭り photo俳句(勝爺)さんのプロフィール
  • photo from photo-ac風祭り厄を払いて獅子の目よ  1123風祭り=(かざまつり)二百十日前後に、風害から農作物を守るため、風神に風の荒れないように祈る農耕儀礼
48位 iSAMUさん
  • 情報提供秋雨 四季の森空間/新写真俳句iSAMUさんのプロフィール
  • ぶなの樹に秋雨這えば樹幹流じゅかんりゅうぶなの樹は幹に伝って雨水が流れ落ちる、これを樹幹流と言うらしい。幹に耳を当てると、水が流れる音が聞こえる、などとどこかで聞いたがこれはないらしい。葉と枝の構...
49位 白桂さん
  • 情報提供デュランタ・タカラズカ 詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ白桂さんのプロフィール
  • <デュランタ・タカラズカ>この花が作られたとき、あのタカラズカのスターが正装したときみたいに華やかなイメージからこの名前になったんだとか。白いフリルがとても印象的で、美しい花である。良くキアゲハが群がっているのもスター性のある証なのだろう。
50位 kajikeinuさん
  • 情報提供金風に・・・ かじけ犬の遠吠えkajikeinuさんのプロフィール
  • 金風に包まれ薔薇の葉もキラリ「チアミ・・・いるか・・・」「どうしたの バカに神妙ね・・・ムラオサに似合わないよ・・・・。」「そうなんだが・・・タケルはいるか・・・」「タケルさんは出てるけど・・...
更新時刻:17/10/17 17:30現在