ポエムブログ 素直な詩 新着記事画像 新着順

  • 画像にカーソルを合わせると記事の内容が表示されます 
サブカテゴリー
無数の点と、そして、よる。: 10年前のわたしが    いまのわた冬のおくりものと: かわいい雲と 輝くお日様と いっボクの仕事: ボクはママを守ります。ママはパ冬の林道にて: 薪を拾いにみんなで山に入った。庭の小松菜: 今朝も霜でコチコチです。ときど散歩前の準備運動: わーいやっと散歩だ。ちょっと待
kirapikadonさんkirapikadonさんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィールトワンさんトワンさんのプロフィールトワンさんトワンさんのプロフィールトワンさんトワンさんのプロフィールトワンさんトワンさんのプロフィール
秋の終わり: お日様がずいぶん低くなった。谷母と歌: 幼い頃 母が口ずさんでいた 歌を守りたいものがあるから: 立っている場所が君と違うだけな絆は約束: 胸いっぱいのあの日の約束抱きし音と光と: 毎年でかけてた イルミネーショ 遠い今日にいるわたしへ: 今日     を     生きるというこ
トワンさんトワンさんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール敬さん敬さんのプロフィール敬さん敬さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィールkirapikadonさんkirapikadonさんのプロフィール
僕は終わらない: 悲しいとか寂しいとか言ってられちいさなみかん: みかんの季節 つめたくても たべ気に入らないなら変えてしまえば良い: 閉ざした窓を閉ざしたままで良い自由のとびら: 膝に子猫が やってきた きのうが守護天使: ちいさくて 不思議なかわいい ク遠く離れてるほどに: 遠く離れてる人を近くに感じた時
敬さん敬さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール敬さん敬さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール敬さん敬さんのプロフィール
嫌なら自分で抗え: 喉元に刃をあてられても命乞などオレンジの空: つめたい朝 日の出が 遅くなり  白い朝の光: つめたい静か 上の木に 羽と朝日Invisible − たしかにあるもの −: なにも           見えないなに ちがう入り口: 願いが叶う魔法 冬のひかりに か大切なものなら僕は戦う: 昨日の友が今日の敵今日の親友が
敬さん敬さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィールkirapikadonさんkirapikadonさんのプロフィール優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール敬さん敬さんのプロフィール
懐かしさも: すきとおる風 感じて こころを  : : : : :
優登日の箱の中さん優登日の箱の中さんのプロフィール