searchカテゴリー選択
chevron_left

「ポエム」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

心の詩

THEME help
心の詩
テーマ名
心の詩
テーマの詳細
恋・愛・人生等において著者の心の叫びを詩にした作品のトラバを募集しています。男女年齢は一切問いません。皆さんの参加を宜しくお願い致します。
テーマ投稿数
20,012件
参加メンバー
624人
管理人
虹ノ夢広管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「心の詩」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「心の詩 ポエムブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

心の詩の記事

1件〜50件

  • 諦め
    2021/09/18 15:58
    諦め

    何か願い事をするひと何も願わないひと前を向いているのはどっち?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • あの人の言の葉 都所 静世
    2021/09/12 21:13
    あの人の言の葉 都所 静世

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 理想像
    2021/09/12 15:50
    理想像

    それだけじゃ上手くいかないし無かったらどこに向かえばいいかわからない手が届く範囲で持ちたいけれど

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 身動き
    2021/09/06 15:57
    身動き

    手を繋いで嬉しいひと手を繋いで嫌がるひと動きにくいから?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • インパクト
    2021/08/31 15:53
    インパクト

    十回好きを言う間に一回嫌いを言った記憶に残るのは?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 未知の海原
    2021/08/28 10:37
    未知の海原

    君の住む世界を手探りする我の内に拡がる未知の海原

    Minori

    輝く家路

  • 詩論
    2021/08/27 08:24
    詩論

    詩とは、 論じるものではなく、 感じるもの。 詩を通して語り、 詩を通して生きる。

    Minori

    輝く家路

  • あの人の言の葉 宮崎 勝
    2021/08/26 21:37
    あの人の言の葉 宮崎 勝

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 受領
    2021/08/25 16:18
    受領

    もらったものを受け止める器が無かったら零れてしまうもらったものを使う勇気が無かったら腐らせてしまう

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • Terra Incognita
    2021/08/25 08:44
    Terra Incognita

    近付けば  近付くほど、  遠ざかる  あなたは  私の  未踏の大地。

    Minori

    輝く家路

  • 詞「カフェオレ」
    2021/08/19 19:33
    詞「カフェオレ」

       カフェオレ 二杯注いで寝ぼけまなこ からかって朝のトピックス 話咲かせてシュガートースト 少しかじって ルーティーン 笑みながら冷たい椅子 泣いちゃって…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 妄想
    2021/08/19 15:54
    妄想

    幸せばかり見るひと不幸ばかり見るひと幻はどっち?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 脆さという贈り物
    2021/08/17 08:35
    脆さという贈り物

    人は 強さを求めるけれど、 私は 脆さを授けられた。 脆さがあるから、 今の私。 私の脆さは、 神の贈り物。 私の脆さは、  私を  神に引き寄せる。 この贈り物を 退けず、 隠さず、 こころから 受け容れるとき、 初めて、 私は 輝く。 人の目には、どう見えても、 神のま...

    Minori

    輝く家路

  • 答えを探して
    2021/08/16 08:30
    答えを探して

    封印された扉の向こう側に  答えがあるような気がして、 しばらく佇んでいた。 すべてを  粉々に 分析すれば、 解決の糸口が見付かると、 信じていた日々があった。 しかし、 洞窟の底を見ることはできそうにない。 私が求めている答えは、 分析の中にはなく、 総合の中にあるのだ...

    Minori

    輝く家路

  • あの人の言の葉 小川 清
    2021/08/15 20:31
    あの人の言の葉 小川 清

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 消化不良
    2021/08/13 16:31
    消化不良

    悲しいを悲しんだひと悲しいを誤魔化したひと出し切り方がわからない

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 祈り
    2021/08/13 08:01
    祈り

    今、自分が何を求めているのか  それさえ 分からない  子どものような私  ただ あなたに 包まれて  気が済むまで  泣きたいだけなのかもしれない。

    Minori

    輝く家路

  • 詞「あの青を越えるから」
    2021/08/11 18:13
    詞「あの青を越えるから」

       起き抜けの交差点に吹くライトな風が昨日までの土砂降りを連れ去る 待ち人はもうここに居ないけれど同じ空の下 坂道転がるように笑う 首を絞めていたのは僕自身…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • かなしみ
    2021/08/10 18:35
    かなしみ

    かなしみを すり潰し  かなしみに すり潰され  幾重にも 封印された  箱を抱えたままで  自己憐憫の  涙も 涸れた  私を  なおも  愛し  憐れむ  神を  見上げる。

    Minori

    輝く家路

  • 肩の荷
    2021/08/07 16:03
    肩の荷

    荷物を持ちきれなくなったら重いもの軽いものどちらを置くの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 詞「空っぽ」
    2021/08/04 18:15
    詞「空っぽ」

       雲の隙間 埋めるようにこの肌を委ねたりもしたよどうしても眩しさははれなくて空っぽな僕を知った 波の気配があることを教えてくれた君だけがいない夢見心地のま…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 反撃
    2021/08/01 15:39
    反撃

    同じことをやり返されること言葉で言い含められることどっちの方が反省できるかな?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • あの人の言の葉 外山 維良
    2021/07/30 20:36
    あの人の言の葉 外山 維良

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 妄想
    2021/07/30 16:58
    妄想

    都会の路地裏 老いた桜の木の下に また一つ 桜の木で作られた 古い椅子 どのような経緯かは 知り得ないが 互いに 長年の寄り添った 夫婦の様で・・・ 察しの良い若者が一人 座る事なく ただ 見つめ 立ち尽くしている・・・ それでも そこは 何一つ変わらない 老いた桜の木と 古い椅子 一つ。 アイリスプラザ チェア 椅子 広い座面 疲れにくい お尻に優しい 掴みやすい肘掛け 積み重ね ダイニングチェア 工具付き 木製 ブルー STKC-795 アイリスプラザ(IRIS PLAZA) Amazon 盆栽:一才桜*【春に開花】 遊恵盆栽 Amazon WEEN CHARM スーツメンズ 上下セット …

  • 僕の猫 5
    2021/07/30 16:58
    僕の猫 5

    しっぽを ゆらゆら ゆらゆら 揺らしつつ 右に 左に 斜めに 後ろに ちらほら ちらほら 影を見せる 僕の猫 仕事に 忙しい僕を 分かりつつ 我慢しきれず 頭を 体を 擦り付け 終いには 僕の正面に 居座りの猛アピール! 「君の毛繕いを 手伝ってあげたいが 仕事もしないと ご飯が食べれないんだよ、ニートちゃん。 美味しいご飯と 気持ちいい毛繕い どっちを選ぶ?」 『に言ゎんおー』 ・・・君の勝手さ。 DOGLEMI 猫用術後ウェア 猫用 術後服、猫介護服、避妊 去勢 服 綿素材 皮膚保護 雄 雌兼用 傷舐め 引っ掻き防止 S Doglemi Amazon ネコがすき 猫好き ネコ好き 猫 猫飼…

  • 僕の猫 6
    2021/07/30 16:58
    僕の猫 6

    ギンギンと 刺す日差しに 夏バテの僕の猫 もやしの様に 伸びきって ピクリともしない 名前を呼んでも返事なし ご飯の合図に薄目で返事! 暑いのは 解るけど 君のその毛皮の服も なんとかならないかい ? 君さえ良かったら 夏服を 着せてあげたいのだが・・・(冗談 笑) 「こっにゃーろう(怒) 」・・・ 君の勝手さ。 【工事不要】 アイリスオーヤマ ポータブル クーラー エアコン 冷風機 ~7畳 2021年モデル 除湿 換気 内部洗浄機能 IPP-2221G-W アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) Amazon 【工事不要】 CORONA(コロナ) ウインドエアコン (冷房専用タイプ) 液…

  • 古い椅子 2
    2021/07/30 16:57
    古い椅子 2

    人生の 長い旅路に 歩き疲れた時 少しの間 腰掛けられたら どんなに嬉しいことでしょう。 この詩集はその時だけの古びた椅子のようです。 そして 心優しい友よ、私は あなたに 「どうぞ腰掛けてください。しばらくの間、休んでください。」 と言いました それでも 友よ、詩の世界に 長居は不要です あなたの疲れが 多少でも癒えたなら どうぞ 立ち上がって 目の前の あなた自身の 旅路を 進んでください もう少し 腰掛けていたいなら それもまた あなた次第です -詩の世界は 夢の世界。時は止まり 場面は変わります。 その歪みがあなたにとって心地良いものとなりますように。 そして あなたが戻ってきた時に …

  • 詞「呼吸を止めた朝」
    2021/07/29 17:44
    詞「呼吸を止めた朝」

       呼吸を止めた朝空はいつも通り笑ってる ほんの少しの隙間風あれは錯覚なんかじゃなかった 手を伸ばしても もう届かない君との距離は生と死のよう 姿 形 影さ…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 肺活量
    2021/07/26 16:17
    肺活量

    息がしやすいひと息がし辛いひと深呼吸しても苦しいだけ

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 詞「風船」
    2021/07/22 17:20
    詞「風船」

       風船みたいにさ 春風にさらわれた君を無意識に抱くクセはまだ抜けない 一人ぽっちの朝 カーテンだけ騒がしい目覚ましのニュースじゃ足りない ダメだよ 君が隣…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 足跡
    2021/07/21 08:12
    足跡

    はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」 タイトル: 足跡 あれから、どのくらい月日が流れただろう 記憶に深く刻まれた傷跡も、もう気にならない ―波は月に寄り添うと必死で 反復のおかげで綺麗にステップを刻んでいるー 再び歩ける自分がいて、そうしない自分がいる 私は波ではない、月でもない 記憶にけじめをつける必要はなく、 ただ、歩む方向が知りたいだけで・・・ ―月明りに照らされて、 砂浜に残された二人分の足跡に合わせて歩くー ―ああ、歩きにくい、負けるものか! 「さあ、家に帰ろう。」

  • 一日の終わりに
    2021/07/21 08:04
    一日の終わりに

    一日の練習の終わりに弾く曲は、 幻想曲 ハ長調 (BWV 570)。 Lento Assai -- それよりも、かなり ゆっくりと弾く。 「いいんだよ」 「大丈夫だよ」 「心配しなくていいよ」 やわらかなハーモニーと、 バスの確かな足取りが、 こころのささくれを  やさしく...

    Minori

    輝く家路

  • 価値判断
    2021/07/20 16:24
    価値判断

    当たり前に従うひと当たり前に疑うひと他人から見たらどうなの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 縁側のある家
    2021/07/18 21:44
    縁側のある家

    今週のお題「住みたい場所」 早寝早起きの日々の中、景色に老いが滲み出る頃 冬が忍び足でやってきます。 「陽だまりに抱えられ、ほらっ」 野良猫の奴も遠慮なしのうたたねです。 誰も歓迎せず、―いいえ、皆に受け入れられているのですね。 ・・・そっと、忍び足で、近づいて。 ―分かっているのです。でも気づいたら、ねっ。 「陽だまりに抱えられ、ほらっ」 野良猫の奴も遠慮なしのうたたねです。 縁側でお茶碗の温もりを感じながら 一人、手櫛で白髪を整えます。 ―いいじゃないですか、 野良猫の奴も今日はそっとしてやりましょう。 にほんブログ村 詩・ポエムランキング 【Amazon.co.jp限定】コカ・コーラ 綾…

  • 遠い国の夢
    2021/07/18 21:44
    遠い国の夢

    遠い国の夢を見ました・・・ 目が覚めると 一つの部屋にいました・・・そこは 空色の壁で 純白なベットに 横になっていました 窓からは 海風が届き 空もまた 澄んでいました 部屋には 別れ話をした カップルの余韻が かすかに漂い 外から聞こえる 聞き慣れない外国語に 濁されていました 恋に散った私は 同情と戸惑いの 妙なバランスに支えられて まずは 部屋と外の景色の 色の違いから 探すことにしました すると私は 入り口の靴棚に 赤いハイヒールを見つけ その瞬間に 全ての空色は 弾けて 消えていきました・・・ 遠い国の夢を見ました・・・ 目が覚めると 私は部屋にいました・・・そこは 悲しみと理性の…

  • あの人の言の葉 海野 馬一
    2021/07/16 20:12
    あの人の言の葉 海野 馬一

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • ごまかし
    2021/07/14 16:35
    ごまかし

    着飾った記憶取り繕った記憶それは本当に正確なの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 詞「そのうち」
    2021/07/10 18:01
    詞「そのうち」

       「そのうち」を憂うなら 僕を叩き壊してよありふれた嘘を吐いた僕を 綺麗な顔で崩れ落ちて最期の瞬間に愛を囁くよ千切れた雲を払うように この目も腕も口も 君…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 沈黙の理由のひとつ
    2021/07/09 08:53
    沈黙の理由のひとつ

    話すとは、思い出すこと。 話せば、苦痛がよみがえるから。

    Minori

    輝く家路

  • 紫外線
    2021/07/08 16:12
    紫外線

    青い空曇り空あまり晴れると光が眩しすぎる

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 正義感
    2021/07/02 15:56
    正義感

    間違いを否定すること間違いを受け入れること正しさって何?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • あの人の言の葉 市島 保男
    2021/06/29 19:25
    あの人の言の葉 市島 保男

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 詞「ふたり」
    2021/06/27 19:39
    詞「ふたり」

        窓際に寄り掛かるふたりだから舐め合うように繋がったんだ誰も知らない物語だけど心は眩しかった 寂しさを感じたら慰めたし冷たさを感じたら抱き締めた覚束ない…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 視野
    2021/06/26 16:08
    視野

    成功だけを見るひと失敗だけを見るひと予想とは違う結果だったらどうするの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • リアクション
    2021/06/20 16:25
    リアクション

    止まない雨が止みますように日照りの大地が潤いますようにコントロールできたら良いのに

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 詞「白い沈黙」
    2021/06/19 20:41
    詞「白い沈黙」

       夢から覚めても夢だった白い沈黙が続く スマホと戯れる君を眺めながらああ言えばよかった的な後悔が襲う 曇りガラスの外 発情期の猫雑音が呼吸になる 君の足音…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 空合
    2021/06/14 15:45
    空合

    笑ったあとには何が残る?泣いたあとには何が残る?溜め込むよりは良いはずだけれど

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • あの人の言の葉 河野 宗爾
    2021/06/13 20:27
    あの人の言の葉 河野 宗爾

    太平洋戦争で日本を最後まで守り抜いてくれた人たちのお手紙を掲載しています

    舟山明里

    さくら舞い散る道の上で

  • 詞「朝を知らない彼女は」
    2021/06/11 21:54
    詞「朝を知らない彼女は」

       細い爪先 背伸びしながら彼女は葡萄色の記憶を辿る 窓から覗く 月夜の果樹園届かない昨日にまた涙を流す 儚いからこそ無性に愛した散りゆくからこそ懸命に愛し…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • エメラルドの海に憧れて
    2021/06/10 14:47
    エメラルドの海に憧れて

    エメラルドの海に憧れて 君が買った 赤いサンダル 今 目の前で 白い砂浜に 軽く沈む 君の純粋な微笑みと共に そんな素直な君の将来を 私はそっと 心配になっている 君が 時折 水平線の向こうをじっと 見つめている事に・・・ そんな時 私はすぐに ピンク色の貝殻を拾っては 君の手を握り 水平線の向こうから 君のつぶらな瞳を連れ戻し 優しく渚に放っている・・・ それでも 来年の今頃には 君に話す事になるでしょう この海の きらきらと輝く 波間に潜む 大きな鮫について その時 きっと君は今より 労苦を重ねていて 少し目尻に しわの入った 微笑みが出来る 奥深い 優しい人に なっている事でしょう そし…

カテゴリー一覧
商用