言の葉綴り

言の葉綴り
テーマ名
言の葉綴り
テーマの詳細
大切な人へ、遠くの誰かへ、 大きな声で叫びたいこと、 小さな小さな呟きや、 伝えたいのに伝えられない想い、 心の赴くままに 生まれてきた 言の葉。 どんな姿も、あなたです。 ここに綴ってみて下さい。
テーマ投稿数
14,574件
参加メンバー
407人
管理人
フラッシュ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「言の葉綴り」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「言の葉綴り ポエムブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

言の葉綴りの記事

1件〜50件

  • 孤独とは
    2019/12/06 23:48
    孤独とは

    孤独とはひとりでいることではなくて誰とも一緒にいられないことであるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「空があまりに青いから」
    2019/12/06 17:06
    詞「空があまりに青いから」

       空があまりに青いから君の顔が見たくなった 風があまりに戯れるから君の声が聞きたくなった 街があまりに透き通るから君と肩を寄せたくなった 月があまりに綺麗…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • One of Themの宿命
    2019/12/05 21:41
    One of Themの宿命

    どんどんさむくなるどんどんひとりになるせいぜいこんなもんだというだけの未来がもう見えているのに終わらない毎日を生きるしかないそれがOne of Themの宿命ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • だいきらいな冬に
    2019/12/04 21:36
    だいきらいな冬に

    些末なことで谷底に 落ち些細なことで凍った冬に封じ込まれる自分をもうどうにもできなくてぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • この世のパワハラ
    2019/12/03 20:50
    この世のパワハラ

    生きることを強要されるこの世で最大最強のパワハラぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 「大嘗祭」を振り返る…時空を超える「日本のこころ」をあなたに、そして世界に
    2019/12/02 22:25
    「大嘗祭」を振り返る…時空を超える「日本のこころ」をあなたに、そして世界に

    12月3日に木星が既に冥王星と土星が運行中の山羊座入り。 その「山羊座」の象意である 「伝統、責任、歴史、国家…

    宮代 彩也乃

    陰陽五行・スピリチュアル風水

  • 一人称世界・その3
    2019/12/02 22:24
    一人称世界・その3

    あなたも 貴方も 貴女もどのあなたもいない世界ではわたし という言葉は消えるならば私は自分を何と呼べばいい?ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • べりっと一枚私の心
    2019/12/01 22:36
    べりっと一枚私の心

    私の心が べりっと一枚道端に落ちていた私の心が べりっと一枚公園のベンチに落ちていた私の心が べりっと一枚木枯らしと一緒に空に舞っていたベリべりと剥がれた心はさむいさむいと泣くだけで自分の名すら名乗れなかったぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「潮騒が9月の僕に木霊する」
    2019/12/01 17:17
    詞「潮騒が9月の僕に木霊する」

      潮騒が9月の僕に木霊する旅人気取りな哀愁を背中に移り変わる季節を嘆けば滲んだ表情の君が浮かんだ 恋しいのはきっと「君」じゃなく「僕たち」切ないのはきっと「…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • どうかわたしを責めないで
    2019/11/27 20:08
    どうかわたしを責めないで

    トイレで用を足していたら背中から冬に襲われた何もかも冬のせいのような気がしたぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「ここ」
    2019/11/25 17:06
    詞「ここ」

       ねえ どんな言葉が 欲しいの?君と同じ言葉はなぞれないねえ どんな抱擁が 欲しいの?君と同じ温度は保てない 計り知れないものを計っては雨粒を弾くように首…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 全身ひとり
    2019/11/25 00:08
    全身ひとり

    冬は私を追いつめるもっと悩めと追いつめる毎年毎年全身で感じるのはひとりぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 悲しみ慣れ
    2019/11/23 00:22
    悲しみ慣れ

    私は 悲しんでいるほうがいいそれが私の日常でもう慣れているからでも そんな私だからほんの僅かなことでも期待して期待しては その何倍も落胆させられるああ・・そうだったっけ私に喜べることなどなかったのだと改めて悲しくなるから私にだってちょっと目を凝らせば喜びや楽しみはきっといくらでもあるはずだけど何かある度「自己嫌悪」という言葉を免罪符にして悲しみに逃げている「こんな自分はさいてー」だとか「こんな自分...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「白いトビラ」
    2019/11/20 22:06
    詞「白いトビラ」

       白いトビラ 微かなくぼみ君は必死に叩き付ける 汗ばんだ背中に声も無く僕は必死に擦ってる 暗がりに慣れた瞼が君の失意を引き出しても 鍵を掛けられた樹海沈黙…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 猫に愚痴などこぼしてる
    2019/11/20 00:07
    猫に愚痴などこぼしてる

    罵詈雑言独りで吐いてもただむなしせめて聞いておくれよと猫に愚痴などこぼしてる猫は黙って聞いている秘密は必ず守ってくれる時折 咽喉を鳴らしてはいいねと助言もしてくれる猫に愚痴などこぼしてるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 気がふれて 冬
    2019/11/19 00:08
    気がふれて 冬

    ふと届いた冷たいメールに気がふれて 冬目覚める度に改めて独りの知らせ 冬虚無の色色のない色 冬冬冬冬ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • あの日あのとき冬の朝
    2019/11/16 00:32
    あの日あのとき冬の朝

    雲の間からこぼれるあの日あのとき冬の朝かじかむ手を白い吐息で暖めながらあの日あのときかき集めては後生大事に宝石箱に納めてる春の宴や真夏の夢などもう戻っては来ないのにあの日にすがりついているすがりついてばかりいる私の目にはもう見えぬあの日あのとき冬の朝雲の間をいつまでもあの日あのとき冬の朝ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「オレンジの余韻」
    2019/11/15 19:38
    詞「オレンジの余韻」

       微動だにしない当たり障りのない朝いつから窮屈が棲みついたの? マーマレードジャムムーミンのペアカップ歪んだ鏡に鬱憤が重なった 真白な羽根を靡かせる君憧れ…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 血と肉を見つめて生きる
    2019/11/14 00:24
    血と肉を見つめて生きる

    私は 私の血と肉を見つめて生きる骨がきしむ生きる痛みが走るそれでも自分の現実から目をそらしてはいけないの痛くても苦しくても血と肉を見つめて生きるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「明け方の雨」
    2019/11/12 17:31
    詞「明け方の雨」

        明け方の雨 爪先がじんわり滲んだ脆い盾すら装備出来ない虚空あなたの願いが哀しみに溶けてしまって藻屑の日々 幻と同じ喪失に澱む僕をあなたは叱るでしょう雨…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 不自由世界
    2019/11/12 00:06
    不自由世界

    正義という名のナイフで私を 刺さないで善意という名の真綿でこの首を 絞めないで自由とか権利とかそんなもの何もいらないただ道徳とか倫理とかで私を縛るのはやめて未来とか希望とかそんなもの何もいらないただ安全とか安心とかに私を押し込めるのはやめてもうたくさんいい加減にして非国民でごめんなさいねぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「どうか」
    2019/11/10 17:07
    詞「どうか」

       出鱈目な歌でいいから何か聞かせておくれよ思えば 縋ってばかりの空っぽな日常だった 暗闇が心地良いくせに眩しさを欲しがった偶像でも必然でも歯車が狂うのを待…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 私のいのちはどこですか?(再掲載)
    2019/11/10 00:08
    私のいのちはどこですか?(再掲載)

    ときどき自分のいのちが見つからなくなってあちこち探してみる私のいのちは煙草の吸殻と等価だから灰皿の中を私のいのちは欠けた茶碗と等価だから食器棚を些末で粗末な このいのち 野放図に広がる 人生に翻弄される不自由な いのち孤独の餌食になって解放されない いのちはゴミ箱を漁っても出て来ないだけど案外植木鉢の横に落ちてたりするかも知れない必死で探してた鍵がふと 見つかるのと同じようにその程度の他愛もない ...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「長い行列」
    2019/11/06 17:21
    詞「長い行列」

       白い羽根など見せびらかしたりしないで軽々しく希望とか口にしちゃうから虫唾が走る 錯乱の闇夜 訳も分からず疾走した軌跡奇跡がどうとか 神が与えた試練だとか…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • SOSだれかたすけて
    2019/11/04 00:08
    SOSだれかたすけて

    無情の川は流れ流れて 海に出て冷冷たる大地は ひたすら後悔に唸るもう戻れない帰れない時の砂が両の手から急いで零れ落ちるいくらかき集めてもまた急いで零れ落ちるその繰り返しウエディングドレスも着ることはなかった丈夫な この子宮も用なしで邪魔なだけだった無情の川は日々表情を変えていくさなぎは必ず蝶になって産まれたての羽を広げるなのにあの日から一歩も歩けなくなった自分はあたまを抱えて転げ回るQQ車は いつ...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「眠りまでの距離」
    2019/11/03 17:12
    詞「眠りまでの距離」

       眠りまでの距離はあとどのくらい?どうして目を瞑るほどに遠くなるんだろう? 堪えられなくて右手をリモコンに伸ばして妙にハイな通販番組を眺める 朝までもう時…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • その瞳に映る景色は
    2019/11/03 00:14
    その瞳に映る景色は

    淀んだ私の瞳では見えない景色をお前はきっと見ているんだねだからお前はどんなに痛くてもくるちくてもそれをそのまま受け容れることができるんだね自然の摂理も季節の風も野生の掟もお前には 見えるんだねその 澄んだ瞳にちゃんと 映っているんだねぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 秋の世長
    2019/11/02 00:42
    秋の世長

    秋の夜長はこの世の夜長日進月歩の医学を恨む自分の血と肉を見つめるたとえ痛みが増したとしても私は真実を見たいぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「閉塞」
    2019/10/31 17:04
    詞「閉塞」

       10年、100年先の未来を見据えるすみません 僕らにそんな余裕は無いのです 明日どころか今日を生き抜くのに必死不確かな世界など確かな朦朧に敵わない 荒唐…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 永き冬を前に
    2019/10/31 00:26
    永き冬を前に

    凄まじい悪夢をたっぷりと見ていつものように午前3時半の目覚め眠剤の誘惑と闘いながら今日一日の予定を憂う予定がなければないでまた今日も苦しむ自分を呪う生きる意味を考えるなど無意味だとわかっていても苦しみから逃れたいだけの心は生きる意味の答えを見つけようとする苦しみから逃れたいだけの心は私から正常さを奪う楽になれるなら少々罪を犯しても構わないんじゃないかと思うずたずたにひとを傷つけても良いんじゃないか...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 医療現場的怒涛の感情
    2019/10/30 00:08
    医療現場的怒涛の感情

    ピッピッピッ ピッ・・・ピッ・・・ピ・・・・・(モニタの音)ブラディカルディア!ナレイさん!ナレイさん!せんせー血圧測定不能です!よし!ボスミンボスミン!はいっ!挿管するぞ!喉頭鏡(こうとうきょう)!よし、入ったあ、バイトブロック!はい!アンビュウアンビュウ!はいっ!(アンビュウを投げる)ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・(モニタの波形が真っ直ぐになる、あの音)VFです!よし除細動す...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • ゴミを出さないと
    2019/10/29 00:08
    ゴミを出さないと

    ゴミ出しを忘れて死にたくなったの靴下はどうしていつも片方しかないの?お気に入りのTシャツに限ってどうして消えてしまうの?ゴミを出さないとこの急いで過ぎる日常に私は着いて行けないのこの余りにもせわしい街に私は馴染めないのただ日常に馴染んだフリをつづけてるから家に戻ると倒れ込むのゴミを出さないと疲れ切っているのに失くしたTシャツが忘れられなくて血まなこになって探し始めたりするのゴミを 出さないとゴミを...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 地理オンチ的怒涛の感情
    2019/10/28 00:07
    地理オンチ的怒涛の感情

    信号渡って右曲がって左真っ直ぐ行ってその角 右へ道なりに 右右ひだり眠気ねむけ ねむれない火照って火照って体が熱いさむいのあついの?どっちなの?血圧 上昇下降上昇下降あ・どっかがぷちっと切れてもた頻脈 徐脈 じょみゃく ひんみゃく血がこの体の中をザンザンと中枢から末梢まで凄まじい速さで流れているのを確実にイメージできました昨日の私の感情はそんなカンジで滅茶苦茶で気が触れるかと思いましたぐったりとく...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 死にながら生きる・その2
    2019/10/27 00:08
    死にながら生きる・その2

    私は産まれてから 二度死にました一度目は病を発症したときでしたこの病のせいで最も輝く20代という時代を全て 棒に振りました30歳になったとき必死で再生しました産まれ直し生き直しを始めました二度目は37歳になったとき母の断末魔の声を聞いて母と一緒に私は再び 死にました残念ながらそこからはまだ再生していません私は死んだままご飯を食べて友達と話して死んだままこの世の諸々を見つめて来ましたいつ 再生できる...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「真っ白には愛せない」
    2019/10/26 17:12
    詞「真っ白には愛せない」

        思い出させないで遠い遠い昔の話よ そんな優しい顔をすると古傷から赤が唸るわ 真っ白には愛せないだけどあなたのことは好きよ 細い声はアスファルトに溶けて…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 座敷牢
    2019/10/26 00:26
    座敷牢

    ここはまるで座敷牢看守の先生どうぞ鍵かけて結構よ私は逃げたりしないけどどんなに この世の不条理を感じても理不尽な目に遭っても人権なんて そもそも持っていないのだから好きにこの心 もて遊んでちょうだいな人権とか生存権とか所詮は全て戯言よだから私は喜んで座敷牢に入るのよそのほうが一貫していて矛盾に悩まずに済むから自分にも人権なるものや漠たる権利みたいなものがあると思うからこの世の矛盾や不条理に苛立つの...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • すさんだ心
    2019/10/24 00:13
    すさんだ心

    ド底辺からいくら人間を語ってもいくら人生を謳っても誰も聞いてくれやしないだから敢えて声はあげない声をあげてもかき消されるだけ秋が余計に この身に染みてすさんだ心がまた痛む底辺はいつも寒いぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「ありふれた奇跡に喝采を」
    2019/10/23 17:06
    詞「ありふれた奇跡に喝采を」

       欠落 ドミノみたいに並べてさ鮮やかに倒してしまえたらいいのに いつだって微妙なとこで止まって並べるのさえままならなくなって この感嘆から抜け出すきっかけ…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 自然の声を全身で聞く
    2019/10/23 00:08
    自然の声を全身で聞く

    空の青をこの胸で 見る大地の声をこの手のひらで 聞く何度でも何度でもぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 死ぬということでよろしく
    2019/10/22 00:08
    死ぬということでよろしく

    死ねばお金はキャッシュで一括生きる限り毎月の支払いは止まらない感傷に浸るでも何でもなく一括で済むなら死ぬのが楽キャリアの解約手続きみたいに死ぬということでよろしくそうできたなら楽そんなこの世の異常を異常とさえ感じない麻痺した人の心をどう取り戻したらいい?国家は人の心を癌細胞のように 蝕むぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 最高峰の一騎打ち
    2019/10/22 00:05
    最高峰の一騎打ち

    最高峰の一騎打ち運命の岐路に立たされて対峙する中強がって転々と嘘八百が飛び出して不安を掻き立てる領域を遥かに超え無敵の八方美人は演技上手で七変化飛んでもない意…

  • 悲しいときは丸まって
    2019/10/21 00:52
    悲しいときは丸まって

    悲しいときは膝を抱えたくなる膝を抱えて丸まってできるだけ体を小さくすれば悲しみも小さくなってくれそうで猫の真似して丸まって悲しみの前で私はそんなことくらいしか思い浮かばなくてぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 三重苦
    2019/10/20 00:07
    三重苦

    冷え切った通帳の残高と病と孤独の救いようのない三重苦ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーなんか急にこの歌が、私の元へやって来た。昔から大好きな歌。切なくて悲しくなるのに、ずっと歌っていたくなる曲。「小さな木の実」♪小さな手のひらにひとつ古ぼけた木の実握りしめ小さな足あとがひとつ草原の中を駈けてゆくパパと二人で拾った大切な木の実握りしめ今年また秋の丘を少年はひとり駈けてゆく小さな心にいつでもしあわ...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「夏が始まる度に終わらない雨が頬を伝う」
    2019/10/19 21:34
    詞「夏が始まる度に終わらない雨が頬を伝う」

        あの日の孤独 行き詰まった恋の片手遠くを見据えるように明日を嘆いた 疲れ果てた白昼夢 太陽は傾かない君と僕の距離 離れたのはきっと僕だね 夏が始まる度…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 空と猫と私と
    2019/10/19 00:07
    空と猫と私と

    猫が余りにも無邪気だから私は生きられる空が余りにも青いから私は人でいられるもしも猫と空を亡くしたら私はきっと生きながら死ぬ猫が見つめる過去と現在(いま)との境界線上を忠実に歩きながら私は懸命に人でいる空と猫と私とを切り離してはいけない生きるために切り離してはいけないぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 孤独を埋葬する
    2019/10/18 00:07
    孤独を埋葬する

    寒さと孤独棺代わりのクッキーの空き缶に詰めて埋葬をするどうかどうか成仏しておくれよと合掌をするぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 猫の体で暖をとる
    2019/10/17 00:07
    猫の体で暖をとる

    猫の体で暖をとる男の体で暖をとってたあの頃は何故かそのあと余計に寒さが増していたような猫の体で暖をとるとその匂いも感触もただひたすらに暖かい寂しい者同士暖め合ってその傷口を舐め合って猫の体で暖をとるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 残酷な季節
    2019/10/16 00:07
    残酷な季節

    また冬布団に替えるその辛さこの世の終わりみたいな顔どうにもならない時の流れ赤い口紅も金髪も もう却って老けて見えるだけ足元で咽喉鳴らす猫無邪気に眠る猫見つめ何とかこの世の端っこにいのちの先っぽ引っかけるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

  • 詞「軋み始めた記憶を繋ぎ止めても」
    2019/10/15 17:06
    詞「軋み始めた記憶を繋ぎ止めても」

       頬揺らす ススキの音少し肌寒い 茜の散歩道 手を繋ぐ2人の影が遠ざかり滲んだ視界に君の笑顔が浮かぶ 「同じ歩幅でいようね」って急ぎ過ぎたのは僕だよ かけ…

    有沢祐輔

    空虚ノスタルジア

  • 値札
    2019/10/14 00:09
    値札

    これなんだわ・・・・みんなこれのためなんだわ・・・・おかね・・・おかね・・・・あたしはただ、美しい布を見てもらいたくて・・・・・・・それを見て喜んでくれるのが嬉しくて・・・・・「夕鶴」の おつうの台詞にそんなのがあったっけ高校時代は 演劇部で私は金に目がくらんでおつうを悲しませる与ひょうの役を やったっけほんとだねこの国の全てのものには値札が貼られている夢 という値札愛 という値札幸せ という値札...

    ナレイ

    ネガティブのままでいい

カテゴリー一覧
商用