searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

物書きの森

THEME help
物書きの森
テーマ名
物書きの森
テーマの詳細
ポエムや詩集、短編小説、絵描きさんなどなど物書きの 人々と出会いたい人の集まる場所
テーマ投稿数
35件
参加メンバー
8人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「物書きの森」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「物書きの森 ポエムブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

物書きの森の記事

1件〜50件

  • 最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる
    2021/06/10 19:38
    最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる

    Blue あなたとわたしの本 245 「はぐれ者」であるということは利点もあります。 「はぐれ者」は自分ですべて決めます。こういう選択をしたら皆(みな)にどう思われるだろうか、と気を揉むこともありません。自分で情報を集め、自分の頭で考え、自分はどうしたいのかに的(まと)をしぼります。直感にも耳を傾けます。そう、直感が大事になってきます。 自らの本当の気持ちを知るためには、こんな手法もあるようです。「コイン・トス」の変わった方法。コインの表が出たら A、裏が出たら B、とまず決めます。そして放る。出た表裏(おもてうら)に注目するのではありません。B ならB の側が出たときに、自分が〝どう感じたか…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • エメラルドの海に憧れて
    2021/06/10 14:47
    エメラルドの海に憧れて

    エメラルドの海に憧れて 君が買った 赤いサンダル 今 目の前で 白い砂浜に 軽く沈む 君の純粋な微笑みと共に そんな素直な君の将来を 私はそっと 心配になっている 君が 時折 水平線の向こうをじっと 見つめている事に・・・ そんな時 私はすぐに ピンク色の貝殻を拾っては 君の手を握り 水平線の向こうから 君のつぶらな瞳を連れ戻し 優しく渚に放っている・・・ それでも 来年の今頃には 君に話す事になるでしょう この海の きらきらと輝く 波間に潜む 大きな鮫について その時 きっと君は今より 労苦を重ねていて 少し目尻に しわの入った 微笑みが出来る 奥深い 優しい人に なっている事でしょう そし…

  • チュウリップ
    2021/05/31 19:20
    チュウリップ

    (いつから君を 意識し始めたのだろうか・・・?) そっと 笑顔で 頷くだけなのに ・・・ いつも そばに 居るだけなのに ・・・ 清楚な気品に 引き寄せられ 飾らない返答に 心は素直に語り出し (本当は いつもそばに居たいのは・・・私?) 君は 今日も 派手な薔薇に その道を譲り 会話の間に そっと微笑んで 花を添えるのでしょう。 そして 君の瞳は 私の全てを 知っている上で ただ 慎み深く 佇んで 微笑んで いるのでしょう。 君を 意識し始めた 私の鼓動の高鳴りや 君を 直視できなくなった 私の瞳の陰りをも・・・ チュウリップ球根&花の香り、空気を浄化する明るくカラフルな小さな助手,10球根…

  • ブランデータイム
    2021/05/31 19:20
    ブランデータイム

    暗闇の中 ロウの灯に 一人静かにブランデーを ・我を忘れ 時間に漂い 疲労に寄り添って ・・グラスに手を伸ばし ファースト・キス ・・・唇の温もりに 氷がよろめき ・・・・放たれた光が 目じりに沿って 奥へ消えてゆく ・・暗闇の中 灯に我を忘れ 疲労に寄り添い ・・・グラスに手を伸ばし セカンド・キス ・・・・よろめきに 光が 目じりに 消えてゆく ・・・暗闇の中 ロウの灯に 揺られ 時間に 疲労が 漂い ・・・・グラスに・・・唇が・・・光が・・・時間が・・・消えてゆく・・ (ブランデータイム) ・・・寄り添って・・温もりに・・キス・・ ・・・・漂い・・・よろめいて・・・キス・・・ ・・・・揺…

  • いたずらっ子
    2021/05/30 22:19
    いたずらっ子

    秋風に誘われ、旅に出よう! 大通りをスキップするほどの大胆さ 輝く夜空の星を数える冷徹な理性 ポケットにオレンジ3個持って、さあ、出発! どこへ? ・・・ここからあそこへ どこへ? ・・・ここ。 僕はもう人懐っこい芝生の上で横になっていて オレンジ1個食べちゃった。 空を眺めては、脳裏に詩句が止めどもなくよぎっていく。 雲の切れ間に結んでは流れていき、隣町で難解な詩になり ―大変 大迷惑! どこへ? ・・・隣町へ謝罪さ どこへ? ・・・僕はずっと部屋にいるよ!

  • 冬の訪れの唄
    2021/04/23 15:57
    冬の訪れの唄

    早寝早起きの日々の中、景色に老いが滲み出る頃 冬が忍び足でやってきます。 「陽だまりに抱えられ、ほらっ」 野良猫の奴も遠慮なしのうたたねです。 誰も歓迎せず、―いいえ、皆に受け入れられているのですね。 ・・・そっと、忍び足で、近づいて。 ―分かっているのです。でも気づいたら、ねっ。 「陽だまりに抱えられ、ほらっ」 野良猫の奴も遠慮なしのうたたねです。 縁側でお茶碗の温もりを感じながら 一人、手櫛で白髪を整えます。 ―いいじゃないですか、 野良猫の奴も今日はそっとしてやりましょう。

  • プロポーズ
    2021/04/23 15:56
    プロポーズ

    5月の 何気ない日々の 美しい時の流れで きらきらと 澄んだ小川の せせらぎのように さりげなくも きみの手に触れて 優しく 思いを伝えられたら ・・・どうか その君の瞳を 閉じてほしい 疑いの雲一つない 澄んだ 青い空の下で 桜の新芽溢れる 並木道に 君を誘い 君の髪に触れる 晩春の風に乗せて そっと 思いを伝えられたら ・・・どうか その君の瞳を 閉じてほしい それから きみが ゆっくりと 瞳を開き 庭先の 小雨に滴る スズランを 見るように 大きな瞳で 幸せそうに 微笑んで 頷いてくれたなら ・・・どうか その君の瞳を 閉じてほしい その間 君を思って 度々 悲嘆した 涙した 湖畔へ ど…

  • 優しさの結末
    2021/04/23 15:53
    優しさの結末

    優しさの癖で心は脆くなり、優しさの重みに心は砕け ああ。私は散った。 月のブローチに。 幾つかは星に。 幾つかは欠片に。 私は青ざめて、それを拾い集めた。 それでも、あなたは近づいて、月のブローチを指差し 「ねえ、それが欲しいわ。」 私は震える手でそれを渡したが、 頬を滴る涙は香りとなって漂い消えた。 あなたはその日から慰めを覚えたが 私はなく、冷ややか瞳があなたを見ている。 ああ。私は散った。 あなたの胸に。 幾つかは星に。 幾つかは欠片に。

  • 桜の願い
    2021/04/23 15:53
    桜の願い

    君はもう 愛想をつかしているだろうか 人々が 指折り数えて 春を待ちわびている事に 君の足元で 他と比較されたり 評価を下されたり 独りよがりの 物思いに 付き合わされる事に 街中で見かける 濃いチークをした女優のように 遠目で見られたり 騒がれたりする事に 笑顔を作り ただ 佇むだけの苦しみに 美しいと思えることに 疑問を感じ 君の心は 永遠を求めているだろう・・・ 君はもう 愛想をつかしているだろうか 君の美しさに 人々が魅了され 称賛する時 心の隅に 喜びや 高揚が 生まれることに その後 必ず訪れる 虚しい夜の静けさに 君の時が 過ぎ去った頃 寂しさに思いが彷徨い 華やかだった 春を慕…

  • ドラッグってやったことありますか?
    2021/04/17 22:09
    ドラッグってやったことありますか?

    Blue あなたとわたしの本 244 「智(とも)さん、ドラッグってやったことありますか?」 生きているといろんなことを聞かれることもあるようで、初対面の人にそんなことを尋ねられました。去年の12月の話です。 別にその人は「ヤクの売人」であるとか、「筋金入りのジャンキー」だとかそんなことはなく、グラフィックデザイナーをされている方です。まだ二十代の後半。デザイナーだけで生活されています。若いのに大したものだなぁと思いました。 まぁ僕は、たいていの人を見て、「大したものだなぁ」と感心するほうなのですが。なんて言うかさ、ほとんどの人の〝成功の定義〟って高すぎるような気もするのですよ。「こうなったら…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 僕の猫 4
    2021/04/05 12:04
    僕の猫 4

    突然の 家出から 帰ってきた 僕の猫 僕の心配も 露知らずに 僕の前を 横切って 何事も 無かった様に ご満悦の うたたね 晩には いつもの様に つぶらな瞳で 食事の催促 でも 僕は知っているんだよ。君の瞳の奥で 「心配かけて ごめんなさい」と言っているのを そんなに 心苦しいなら 僕も一緒に誘いなよ これでも 僕も よく家出をしたんだから 「に嫌―おー」 ・・・君の勝手さ。 にほんブログ村 詩・ポエムランキング

  • `虹
    2021/04/05 12:04
    `虹

    虹 消えるのは ・・・ 何故? いつもの畔の帰り道 彼女との会話が 弾み出す頃 虹は 気まぐれに いたずらに 顔を出す 私と彼女を 遮りつつ・・・ 支えもしつつ・・・ 虹を見る彼女が 輝いていて 会話が途切れても その笑顔を見るのは 素直に嬉しくて・・・いつか この手で あの虹をすくって 彼女に見せてあげたい・・・ そう思うと あの虹はすっと 消えてゆく 後を追われない様に 足元は見せずに・・・ でも それは叶わない夢だから せめて・・・ 彼女とお揃いの 虹色のTシャツを着て あの虹の足になりたい・・・そして あの虹を通して 彼女と繋がっていたい・・・ そして もしあの虹が 気まぐれに 消えて…

  • 月の光
    2021/04/04 19:49
    月の光

    澄んだ夜空に月が孤高に在り。 砂金のような輝きを注ぎだす。 人々はその輝きに魅了され、夢見心地の脳裏には 伝承の約束の詩が流れ出す。 古の舟渡は朦朧と大川を行き来し、こう言った。 (古の船乗りの詩) 「彼女を送り届けて、眠らぬ夜を過ごし、 何度、むなしい朝日を浴びせられたことか。 ・・・そう、朝に彼女はいない。彼女がいるのは、夜。 向こう岸から水面に反響し、彼女のか細い声が、 あの約束の声が聞こえてくるではないか ・・・そう、彼女がいるのは、夜! 今こそ、ありったけの力を込め、船を漕ぐのだ! 彼女は月明りの裏に身を潜めているのだろう。」 ―月が夜空の極みに達すると、 雲の衣を身にまとい、おぼろ…

  • 夜バラ
    2021/04/04 19:49
    夜バラ

    星が人々の瞳を魅了する 夜更け かすかに 香づいた冷気が そっと 通り行くでしょう ・・・一度・・・もう一度・・・ 乙女は髪をなびかせ その瞳で私を見つめ 私は横目で 嫉妬を見るでしょう 闇に黙す 高貴な深紅よ にほんブログ村 詩・ポエムランキング

  • ひまわりの涙
    2021/04/04 19:49
    ひまわりの涙

    明るい家族の中 明るい友人に 囲まれて いつも楽しく 笑顔で 過ごせた日々の中で 私が恋した人は ほかの人を 好きになって 思いも寄らない 人からの 告白に・・・ 「・・・ごめんなさい。」 自分で絞り出した 小さな声の その返答に 深夜 暗闇の部屋で 声を殺して 泣いた・・・ 朝 日差しを見て いつもの習慣で 笑顔になれ 何事も無かったかの様に みんなの笑顔に 雲隠れした それでも 学校の帰り道 友人たちと 笑顔で別れ あちらは2人 私は1人で歩き出す・・・ (にわか雨が・・・) 私は 負けずに 晴れ間の方を 見上げつつ いつもの笑顔で 傘はささずに 歩き続けた うつむくと 大雨になりそうな気…

  • もっとフィクションを! 僕たちには〝ウソ〟が必要なんだよ。
    2021/02/02 12:25
    もっとフィクションを! 僕たちには〝ウソ〟が必要なんだよ。

    Blue あなたとわたしの本 243 けっこう浮世離れした生き方をしている人間だから、「現実的になれ!」、「おまえは社会を分かっていない!」、みたいなことをずいぶんと言われてきた。まぁ、大して分かりたいとも思わないんだけどね。とくに「社会」なんてものは。あっち向いてこっち向いてるあいだに様変わりしてしまうものでもあるし。「現実」、なんてものはそもそも誰も知らないし。 なに? 「現実」って? じつは誰も知らないってことを知らない人間がいるだけでしょ、って。 ── だから大切なことは、どこだか分からないココで、どうやって可能なかぎりラクに、楽しく生きていくかってこと。僕にとってはね。関心のあるのは…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 人は大人になんてなりません。
    2021/01/30 10:29
    人は大人になんてなりません。

    つぶやき Blue 17 40、50になってわかったことがあります。人は、大人になんてなりません。おっちゃん・おばちゃんになんてなりません。おっちゃん・おばちゃんだと思われるから、時にどこか無理をして、おっちゃん・おばちゃんを演じているんです。少年と少女のままなんです。気がつけばわけのわからない世界に放り込まれていて、もがきながら、あがきながら、大人のフリをしながら、懸命に生きている少年と少女なんです。だから互いにいたわり合い、励ましあい、ユーモアを忘れず、思いやり合わなければいけないのです。何もべたべたする必要はありません。心の中で、うんうん、って頷き、やさしく肩を叩き合いながら、いとおしく…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 夢の森
    2021/01/26 22:48
    夢の森

    紳士のような木々 目に飛び込む新芽の期待 昆虫の愛らしい忙しさ 鏡のような水溜まり 木漏れ日のレースが森を飾る 花々が不規則に開花する 蝶々が木々の間をひらひら舞う 辺りに霧が立ち込める 花のような蝶・蝶のような花 幻の森プラネタリウム ―夕暮れ 重圧により沈みゆく夕日に その古の謎への黙想に浸る木々の影 疑われたカラスの訝(いぶか)しげな言い訳に ほくそ笑む野獣の天動説 ―深夜 鉄格子のような木々 月明りは届かず 死の様な静けさに フクロウの焦り

  • なぜかしら惹かれ続けるそのことを信じよう。そして、だから、去年の元旦と同じ言葉で新年を始めたいと思う。
    2021/01/05 18:45
    なぜかしら惹かれ続けるそのことを信じよう。そして、だから、去年の元旦と同じ言葉で新年を始めたいと思う。

    Blue あなたとわたしの本 242 あけましておめでとうございます。 去年は大変な一年で、ある意味世界は変わってしまったけれど、変わらないこともあるなってことに気づいたんです。それは僕が、本を好きだっていうこと。文章を書くのが好きだってこと。それをあなたに読んでもらうのが好きだ、ということです。 あなたにも、ずっと変わらない好きなことがあるのではないですか? 世界がどれほど激変しようとも、なぜかしら惹かれ続けることが。 だから、それを信じるしかないと思うのです。理屈とかを超越したことじゃないですか? どうしてあなたは〝あれ〟ではなく、〝それ〟に惹かれ続けるの? 僕も、物を書くことへの情熱はさ…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • マンガ・3ページ・『ある超能力者の悲劇』
    2020/12/01 23:50
    マンガ・3ページ・『ある超能力者の悲劇』

    マンガ・3ページ・『ある超能力者の悲劇』

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

  • 人生に「スリーノックダウン制」はない
    2020/11/28 15:07
    人生に「スリーノックダウン制」はない

    Blue あなたとわたしの本 241 夢を追い続ける、ってことはさ、 別にスゴいことでもなんでもなくって、僕たちの場合、 「まとも」と呼ばれる生き方に、どうしても 馴染み切れないから、 違和感を覚えるから、 身も心も神経も〝もたない〟から── むなしく感じたりなんかもしてしまうから── なんとか自分を助けるために、 自らの命を救うために、 居場所を手に入れようと、 自分にとっての現実=夢、を掴もうと、 がんばってるところはあると思うよ。 「叶ったらいいな」じゃなくて、 叶わなかったら死ぬしかないっていうかさぁ。 でも死ぬ気はないっていうさぁ。 自分の居場所に、 24時間 居たいんだよなぁ。 あ…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • あなたがいちばん慰めてほしいとき、
    2020/09/20 20:14
    あなたがいちばん慰めてほしいとき、

    Blue あなたとわたしの本 240 あなたがいちばん 慰めてほしいとき、 人って 言葉をかけてくれないでしょ? こんなときくらい 何か言ってくれてもいいじゃないかと さすがのあなたも、思う。 でもね、 優しさとか 思いやりって、 けっきょくは、 想像力なんです。 根本である 想像力が働かないと 人の傷みってリアルに わからないの。 まずは、それがひとつ。 大半の人は、あなたほど、 想像力に恵まれていない、ってこと。 ふたつ目は、 あなたほど、人は、 気持ちを言語化できないんです。 よって当然、 言葉にして伝えることも、不得意。 そういうわけで── あなたが慰めの言葉を 珍しく求めているときで…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 洗濯物を干すのが好きだ
    2020/09/13 13:13
    洗濯物を干すのが好きだ

    エッセイ Blue 32 洗濯物を干すのが好きです。なんて言うか、忘我になれると言うんですか? いや、忘我になるのとは違うな。 納得のいく〝干し〟を完成させること以外、考えなくなるんです。洗濯物を干しながら、「生きる意味とは何だ?」とかって、洗いあがった衣類を入れたカゴをなぎ倒しながらそのへんをのたうち回って苦しむ人、あんまりいないじゃないですか? 思考が、洗濯物を干すこと、だけになります。これってちょっとした解放感。 それに僕、かなりキチンと干すんです。それは見事ですよ。 物干し竿にTシャツとかをぶら下げる間隔も定規で測ったようにピッタリです。洗濯バサミがいっぱい付いた四角いやつ、あるじゃな…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 最も明るい真夜中を歩く
    2020/08/15 17:26
    最も明るい真夜中を歩く

    Blue あなたとわたしの本 238 真夜中、 一人で散歩をするのが好きだ。 何時間も歩く。 足を交互に出すにしたがい、 そのまま 昇っていくような、 陶酔にも似た、 自由を感じる。 これ以上ないほど 一人になれる。 いや、違うな。 一人にはなれるのだが、 星々を散りばめた 夜空そのものに抱かれているような、 星空そのものを抱いているような、 不思議な 一体感も 覚えるんだ。 夜を 移動しながら、 あなたのことも想う。 同時代を生きる、 あらゆるの人のことを想う。 バラバラでいながら、 ひとつに繋がっているような、 もともとひとつだったような、 切なくも 温かい、 神秘的な感銘だ。 いまも 結…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • 大いなる何かが、
    2020/08/03 18:16
    大いなる何かが、

    Blue あなたとわたしの本 224 人が生きていられる時間というのは、 ほんとうに束の間なんでしょうね。 あなたは何をするんだろう。 わたしは何ができるだろう。 遠い山なみが、 過ぎ去った時間となって 曇り空の底で沈黙してる。 僕はいま、大きな池を見渡せる あずまやにいます。 バッハのカンタータ第106番を イヤフォンで聴きながら、 とりとめもなく 文章を綴ってる。 そのノートが黄色く 明るく照らされてきたので、 顔をあげて空を見たら、 雲が割れ、 太陽が覗いていました。 池の水面も、 光でできた無数の小魚が跳ね回っているみたいに 輝きだします。 屋根のあるボートに乗った家族連れが、 はぜ返…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • https://miraiohzora.wordpress.com/2015/07/22/over-the-rainbow/
    2015/07/25 05:06
    https://miraiohzora.wordpress.com/2015/07/22/over-the-rainbow/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    大空未來

    未來の空模様

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11758286325.html
    2014/01/27 02:35
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11758286325.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://hokuoublog.com/archives/2423
    2013/02/27 04:12
    http://hokuoublog.com/archives/2423

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    HIRO

    北欧雑貨ショップのブログ

  • http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
    2012/07/24 17:09
    http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    きょうりゅうおじさん

    きょうりゅうおじさんのブログ

  • http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-73.html
    2012/07/22 15:44
    http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    きょうりゅうおじさん

    きょうりゅうおじさんのブログ

  • http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-487.html
    2011/04/30 10:40
    http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-487.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アンジェリーナ

    My Dear・・・

  • http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-489.html
    2011/04/30 10:40
    http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-489.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アンジェリーナ

    My Dear・・・

  • http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-488.html
    2011/04/30 10:40
    http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-488.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アンジェリーナ

    My Dear・・・

  • http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-490.html
    2011/04/30 10:40
    http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-490.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アンジェリーナ

    My Dear・・・

  • http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-491.html
    2011/04/30 10:40
    http://mydearfriend.blog122.fc2.com/blog-entry-491.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アンジェリーナ

    My Dear・・・

カテゴリー一覧
商用