searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

つたない言葉

THEME help
つたない言葉
テーマ名
つたない言葉
テーマの詳細
詩、ポエム、短歌、散文、小説・・ つたないけど言葉をつたえたい キモチだけでトラックバックしましょう
テーマ投稿数
7,772件
参加メンバー
489人
管理人
管理人募集中管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「つたない言葉」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「つたない言葉 ポエムブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

つたない言葉の記事

1件〜50件

  • 囚われる幸せ 3 (短編)
    2021/08/02 22:56
    囚われる幸せ 3 (短編)

        ←前話      お姉ちゃんが、自分だけの世界を紡ぎ出すようになったのは、12で失明してからすぐのことだった。  最初は可哀相だと思ったことを覚えてる。失った視界に執着して、執念で世界を取り戻

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 白き夏シャツ (短歌)
    2021/08/01 23:48
    白き夏シャツ (短歌)

    梅雨明けの 街に差し込む 光かなあの娘の笑顔 白き夏シャツ 庵祖兄梅雨が明けて、それまでの鬱屈とした気持ちが、多少は軽くなってきました。 オリンピックという、スポーツ競技の国際大会の集中開催なだけのことを、「絶対に行わなければならないもの」 として現在のパンデミック状態の日本で行うということの愚行に対して、気持ちが重たいけれど、、、 買い物に出た帰りに見かけたたあの娘。 何の営業廻りかはわからない...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 反撃
    2021/08/01 15:39
    反撃

    同じことをやり返されること言葉で言い含められることどっちの方が反省できるかな?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 肺活量
    2021/07/26 16:17
    肺活量

    息がしやすいひと息がし辛いひと深呼吸しても苦しいだけ

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 価値判断
    2021/07/20 16:24
    価値判断

    当たり前に従うひと当たり前に疑うひと他人から見たらどうなの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 梅雨明けに出会うもの (詩)
    2021/07/16 22:37
    梅雨明けに出会うもの (詩)

        帰り道で夏に出会った。 酷い暑さで幻を見たのかと思ったけど、確かに夏は目の前に居た。   冴え渡る青空に向かって問いかけてみる。 どうやら彼は夏の布令(ふれ)をみんなに知らしめる役割を担ってい

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 囚われる幸せ 1 (短編)
    2021/07/15 21:54
    囚われる幸せ 1 (短編)

           初春、令月の空は和らぐ蕾の奥に控えて、薄く、遙かに伸びていた。  日差しが世界を焼くようになると、木々の緑は色を増し、真っ白な入道雲を呼び寄せる。雨は透明な水色だった。  雲を蹴散らす風

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • ごまかし
    2021/07/14 16:35
    ごまかし

    着飾った記憶取り繕った記憶それは本当に正確なの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • キの根の踏ん張り (詩)
    2021/07/12 22:08
    キの根の踏ん張り (詩)

        梅雨明け間近にジメってしまった やるキの根っこは腐ってしまって 花芽がつぼみで落っこちる   まずいまずいとお薬撒き撒き 応急処置だけしてみたけれど 先に控える夏の暑さに こんキが耐えてくれる

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • こども・ろんぱ (会話)
    2021/07/11 18:09
    こども・ろんぱ (会話)

      「必要な単語を打ち込めば、自分の代わりに調べてくれるなんて言うのは幻想なんだよ。  パソコンは助手のように調べてなんかくれないぞ? ネットの海に漂っている情報を集めてくれるだけ。調べるというのは、

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 持論
    2021/07/10 23:31
    持論

       雲は常に変化し続けて、止まることなく形を成している詩人。  木々は百年を繰り返す色彩で、世代を超えた感動を与え続けられる作家。  波はどこにも同じ音が無い筈なのに、悠久普遍と評される歌手。  

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 紫外線
    2021/07/08 16:13
    紫外線

    青い空曇り空あまり晴れると光が眩しすぎる

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 替え歌 『令和の七夕』
    2021/07/07 22:54
    替え歌 『令和の七夕』

        七月七日は曇り空 星の欠片さえ見えなくて 令和僕らの道のりは 遠すぎるよ 距離よりも 思い出しては過ごしてる 可愛い唇笑い顔 いつになれば触れあえるだろう 気兼ねなく抱き合えるかな   雲の上

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜 (詩)
    2021/07/06 22:27
    ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜 (詩)

          太ったパンチと喧嘩になった   あの子の涙の行方をめぐり   死地を探すポーンのフリして   裸のダイスを握り込む     『ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜』         ***

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 河童の川流れに誤訳を
    2021/07/05 21:42
    河童の川流れに誤訳を

         新説「河童の川流れ」を書けというお題が出てね。  ちょっと書いてみたのがこれ。     河童の川流れ(カッパのカワナガれ)   意味    川に住む河童が数年に一度、陣地を広げるために集団で

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 正確に円周を求められないのは何故か?
    2021/07/04 16:07
    正確に円周を求められないのは何故か?

     この間テレビの円周率関連の話題の時、『円の直径を求めた後で円周の長さを正確に求めるのは不可能に近い』みたいな話があったんだよ。  ソクラテスが多角形を用いて円周を求めようとしたなんて話だね。学校でや

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 正義感
    2021/07/02 15:56
    正義感

    間違いを否定すること間違いを受け入れること正しさって何?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 夢を見た後で幸せがないことを知られた幸せ (詩)
    2021/06/30 23:50
    夢を見た後で幸せがないことを知られた幸せ (詩)

               赤い実を付ける樹になるからね  誰よりも高く大きくて  どこからでも貴方を見てる  そんな 樹になるからね       「長生きしてね」と君は微笑み  朧気な影を引き連れて  ぷ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • あきすとぜねこ
    2021/06/28 22:57
    あきすとぜねこ

    あ(愛してる)き(嫌い  )す(好き  )と(友達  )ぜ(絶交  )ね(熱愛中 )こ(恋人  )友達から始まった仲だけど好きになって愛してるよ嫌いになったこ…

    ジョニー

    しゃにむにGO

  • 視野
    2021/06/26 16:08
    視野

    成功だけを見るひと失敗だけを見るひと予想とは違う結果だったらどうするの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 月のめでたい深夜にマックの シェイクを相手に告白予行(詩付き)
    2021/06/24 00:01
    月のめでたい深夜にマックの シェイクを相手に告白予行(詩付き)

        風アザミの火を纏って飛んだ ヤンマが滝へと飲まれてゆく   「君は夏のままでいい」   アリスがくれない西日を眺め 秋の気配を爪でむしった        *******    風あざみは、歌手

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • リアクション
    2021/06/20 16:25
    リアクション

    止まない雨が止みますように日照りの大地が潤いますようにコントロールできたら良いのに

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 朝昼晩で最も短いのは? 楽式~tanosiki~
    2021/06/14 22:54
    朝昼晩で最も短いのは? 楽式~tanosiki~

         朝に夢を探すなら 夜は夢を見る時間 昼は夢中になるのだろうけど 彷徨うばかりで夢には逢えない    昼は夢を見る暇も無く 誰かの夢を叶えるために 時間に追われて駆けずり回り 時間を金に換えて

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 空合
    2021/06/14 15:44
    空合

    笑ったあとには何が残る?泣いたあとには何が残る?溜め込むよりは良いはずだけれど

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 今週は更新サボってたね~
    2021/06/13 23:35
    今週は更新サボってたね~

         なんか、あっという間に6月になってしまった。  上半期が過ぎようとしているよ。    鳴り止まないコロナウイルス緊急事態宣言と、対抗策として一気呵成に加速していくワクチン接種、世論と政府の思

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 快晴の梅雨空
    2021/06/10 23:23
    快晴の梅雨空

    空(から)梅雨か? 梅雨の晴れ間が 長すぎる洗濯ものが 溜まりませんわ! 庵祖兄ここんところ、良い天気が続いています。 毎日、30度越えの真夏日です。  あれ? 梅雨入りして、大雨でたいへんだったのに、、、 洗濯ものが溜まって、乾かないうちに、また洗濯ものが、って、感じで主夫(兼業)の悩み爆裂だったのに、、、 洗うものが無くなって、普段洗わない布団も洗って、カーテンも洗って、ソファー(座椅子)のカ...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 足元
    2021/06/08 16:18
    足元

    探し回って座ろうとする座った後立ち上がろうとする見つけたのはいつ?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 青空のキャンバスで競う
    2021/06/06 22:02
    青空のキャンバスで競う

        緑の木々は蒼穹へ向かい、伸びやかに筆先を立てて夏雲色の絵を描く。    惜しいかな。    刻一刻と変化を遂げる芸術品は、部屋に飾ることが出来ないのだ。    この写真も、所詮はコピー。  

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 方程式
    2021/06/02 16:08
    方程式

    答えを求めるほど難しくなる簡略化したら正解じゃなくなる計算機で解ければいいのに

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 雲の端に腰を掛け 4 (小説)
    2021/05/31 21:56
    雲の端に腰を掛け 4 (小説)

       ←前話      第3章 『天使より早く』      そもそも、天使と人間は大きく違う種族だった。人間のように衣食住が揃っていなくても生きていける強い存在で、彼女は宣言通り山の中で暮らし始めた。

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 雲の端に腰を掛け 3 (小説)
    2021/05/28 21:36
    雲の端に腰を掛け 3 (小説)

           ←前話     「先に地上へ降りた姉さんがいて、そこへ降りる予定だったんだけど」 「お姉さんが居るの? どの辺りだろう?」 「わからない」 「わからない?」 「空から見下ろさないとと見つ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 欠点
    2021/05/27 15:57
    欠点

    完璧なひと完璧じゃないひと安心するのはどっち?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 雲の端に腰を掛け 2 (小説)
    2021/05/26 21:40
    雲の端に腰を掛け 2 (小説)

        ←前話      第二章 『甘いリンゴ』    慌てる僕の視界の中で、白い光が跳ねた。遠くの街灯の明かりを反射させてるビニール袋。  リンゴだ!  足首を彼女の手に預けたまま、草むらの上に伸び

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 雲の端に腰を掛け 1 (小説)
    2021/05/25 21:55
    雲の端に腰を掛け 1 (小説)

        第一章 『稲穂の波打ち際で』      袋一杯にリンゴをもらった帰り道だった。  袋に入りきらないほどの拾いものをしたのは。    この色にも終わりは来るの?  茜色に染まった空は、どこまでも

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 午前11時40分から午後0時までのポップス (詩)
    2021/05/23 16:52
    午前11時40分から午後0時までのポップス (詩)

        (気まぐれに走り抜けた雨。  残り香が交差点を横切った。  太陽は、もっと高く登ろうと雲をかき分け、  青い絨毯を転がっていく) ♫水に浮いてる季節は  きっと君の居る町を包み込んでいた春  

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 毒
    2021/05/21 16:01

    膿を出さないこと膿を出し切ること中途半端に触れないなら出してしまえればいいのに

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 獄卒の鬼が人間に厳しい理由 (詩)
    2021/05/19 22:31
    獄卒の鬼が人間に厳しい理由 (詩)

        河原のゴミを切り分けた まるで愛した魚のように それではダメと妻が言う ようかいろ様が召し上がれない、と。     『獄卒の鬼が人間に厳しい理由』        ********    ポイ捨

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 『竿を振る少女と河童』 楽式~tanosiki~
    2021/05/18 23:54
    『竿を振る少女と河童』 楽式~tanosiki~

        花の筏の流れる中に 真っ赤な頭の浮子(ウキ)が揺れてる 君が泳いだ流れに合わせて あっちこっちと波紋を作った   針を結ばない釣り糸で 誰かを救えるわけじゃないけど 姿の見えない君と私の 思い

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 降る羊 最終話 (小説)
    2021/05/16 22:32
    降る羊 最終話 (小説)

      ←前話    冷えきった窓を開ける。  この星空のどこかで、彼も一生懸命呼吸をしているんだ。どんな寝言を呟いて、どんな夢に落ちているんだろう。それとも、誰かの腕の中で暖かな空気を吸っているのかな。

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 降る羊 5 (小説)
    2021/05/15 22:42
    降る羊 5 (小説)

    ←前話    こんな事をしたかったわけじゃなかったんだけど。でも、こうして笑い声をあげると、胸の靄が晴れる気がする。結局、いつも聴いてる曲を流した。変わろうとして行動する時は、大体上手くいかない。変わ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 適応
    2021/05/15 15:59
    適応

    高く飛び上がること地に足つけること空が怖かったら速く走るしかないの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 反対意見
    2021/05/09 16:04
    反対意見

    好きだから受け入れられる好きだから妥協できない欠点も認められたら良いのに

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 捕まらないタクシー 後編 全2話
    2021/05/08 23:09
    捕まらないタクシー 後編 全2話

      ←前話     「それで、ですね。こんな商売ですから、料金は先払いをお願いしているんですよ。申し訳ありませんが、よろしいでしょうか?」    彼女はしばらく俺を睨み付けていたが、やがて左手を自分の

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • ちっぽけな強欲
    2021/05/08 11:38
    ちっぽけな強欲

    『ちっぽけな強欲』 ちっぽけな ちっぽけな 私を見つけてくれた 踏まないでくれた ちっぽけな 私の そう大きくはない 願いができた日 あの日は どうしたんだろう 君は関心がないだけ 私を素通りするだけ なんで目が合ったなんて 思ったんだろう 私 ち...

    きよの子

    チラシの裏に本の虫。。。

  • 降る羊 3 (小説)
    2021/05/07 22:07
    降る羊 3 (小説)

    ←前話      一ヶ月ほど前に、転校してからできた友人が小さな入れ墨を入れたいと、まるでテロリズムを崇拝していることをこっそり打ち明けるかのような恍惚(こうこつ)とした表情を見せながら教えてくれたこ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 降る羊 2 (小説)
    2021/05/06 23:10
    降る羊 2 (小説)

         ←前話       「お前はここに居た方が良いんだ。今は苦しいかもしれないけど、きっと自由になれるチャンスが来るから。不安定な希望にすがって、無理をしたら取り返しの付かないことになる」 「そ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 降る羊 1 (小説)
    2021/05/05 22:10
    降る羊 1 (小説)

           星座の見せる夢がしつこすぎて、童話のまんなかで目が覚めてしまう。    大人達はいつだって、好き勝手に神話を描きすぎる。大きい方が良いって、煌めいていた方が良いって、散らばっている可能性

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 対象外
    2021/05/03 15:47
    対象外

    ひとの痛みが見えたひとひとの幸せが見えたひと自分はどうなの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 持て余す
    2021/04/27 16:28
    持て余す

    今欲しいもの今足りないもの扱いきれなかったらどうしよう

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 一緒に帰ろう? (詩)
    2021/04/24 22:09
    一緒に帰ろう? (詩)

        誰も知らない場所だって 君がいるなら僕は迷わない   噂話をかき分けて 他人の評価を切り払い 君が隠している真心を 木漏れ日の下に明かしてみせるよ   微かに色づく白い花 大切な一輪   「一

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

カテゴリー一覧
商用