言の葉綴り

  • トラコミュとは?
言の葉綴り
大切な人へ、遠くの誰かへ、
大きな声で叫びたいこと、
小さな小さな呟きや、
伝えたいのに伝えられない想い、

心の赴くままに
生まれてきた
言の葉。

どんな姿も、あなたです。
ここに綴ってみて下さい。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

ナレイさん
  • 今日をながらえる
  • 寒いのか 暑いのか晴れなのか 雨なのかそんなことさえ 忘れ果てただ 今日という日をながらえるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村
  • ネガティブのままでいい
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 情の策略
  • 情の策略冷淡な一律の優しさを振り撒き先に想い出を築く策略に欺かれ情に引き込められ渋い心に移り避けるべき事態に持ち込まれる見る見る内に幸福を吸い取られ無かった暗い...
  • 〜闇と真実の扉〜
仮名吹(かなぶき)さん
  • 見守ってるから
  • 日課の朝の散歩道の向うにみんながいる気がしたそこに私が近づくと朝の風がサーッと私をただ包んだだけで風だけでしょうか誰かが守ってくれたとしか思えないほど危ないとこ...
  • みんなの夜
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 闇に隠れた真情
  • 闇に隠れた真情取り憑いた闇に心を侵される中弄ばれて本来の自分が失われる以前の自分と全てが変容する中信じない人間には絆なんかない激しい波が感情を揺れ動かして急速に...
  • 〜闇と真実の扉〜
有沢祐輔さん
  • 詞「久遠(くおん)の葉」
  • 君の腕の中で燃え尽きる日を待ち焦がれた君の体温 他には何も要らなかったはずなのに 分かつときの訪れなど知らないままでいたかった夕闇にはぐれた僕は騒めく街に背を向...
  • 空虚ノスタルジア
仮名吹(かなぶき)さん
  • 遠距離のふたり
  • もうこれ以上わたしに優しくしないでそれだけ別れがつらくなるからもうこれ以上わたしに何も言わないで明日がきても言葉が残るからもうこれ以上わたしの隣を歩かないであな...
  • みんなの夜
クチキ&リュウさん
  • 老忍、礫の退四朗の巻5
  • 浅草花川戸町 七軒店老忍、礫の退四朗の巻5捨てる神あれば拾う神あり、渡る世間に鬼はなし
  • ネット文芸館 木洩れ日の里
どんぐりのさん
  • 少々の風じゃ飛ばない決意です
  • 今日から11月今年も残り2か月になり気ぜわしくなる季節です私のこの2か月のカレンダーには通院や検査ばかりの丸が10日おきくらいについていてうんざりするくらい鬱陶しいの...
  • どんぐりしおり
ナレイさん
  • 地上の星に魅かれて
  • 真夜中のコンビニの灯りはまるで地上の星のように闇の中に 瞬いているから私は 救いを求めるように地上の星に吸い込まれてくただ 腹が膨れるだけで救われることなどない...
  • ネガティブのままでいい
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 闇の在り方
  • 闇の在り方仕組まれた社会に闇が巣喰う中目先だけの心算は詰めが甘過ぎ慎重にならず大金を動かす無謀容易く形にして悪い実現に困り有り金程度で調子に乗り過ぎる鵜呑みの甘...
  • 〜闇と真実の扉〜
仮名吹(かなぶき)さん
  • 街のどこかで
  • この街のどこかで詩人が暮らしているかもしれないこの夜のどこかで詩を書いているかもしれない詩人のなかにはあまり自作を朗読しない人もいるだからこの街のすべての路地を...
  • みんなの夜
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 本音の土壌
  • 本音の土壌名の知れぬ大地に宿木が立つ中いつか視た純白の芽を苅られて草木にも心を置く蕾は痿える中すぐ闇が芽を摘むから進歩せず朽ちて醜く少しずつ抜け落ちる芽が出る前...
  • 〜闇と真実の扉〜
どんぐりのさん
  • 電源を入れる肉じゃができたよと
  • 日に日に寒さや冷えを感じるようになり温かいものが食べたくなりますコンビニのおでんのCMを見るとおでんが食べたくなりお鍋だしのCMが映し出されるとお鍋が食べたくなりま...
  • どんぐりしおり
有沢祐輔さん
  • 詞「トナリ」
  • 「じゃあね」と笑って見送ったのは昔からの意地っ張りのせいね あの子に傾き掛けてるあなた妙な優しさに耐え切れなかったのはわたしか弱き姿勢で縋るあの子みたいになれな...
  • 空虚ノスタルジア
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 人前の責任
  • 人前の責任常に人前に書く事は責任を伴い一度でも心配される事を書けば他人に干渉の筋合いを生み出す一個人は何の権限も有さない中他人は独善的な指図に従わない屁理屈を捏...
  • 〜闇と真実の扉〜
タカマティーさん
  • 傷歎
  • 鉄紺の夜寒に唯独り飲まる季語:夜寒今回は、解説も何もございません、ただただ、題にある通りの感傷を懐くのみです。と言っても、主我と客我の一致という非蓋然的なものを...
  • 白玉楼への一里塚
ナレイさん
  • 孤独の便り
  • 冬の風は毎年 毎年性懲りもなく私に 孤独を告げに来る私は ただ耳を 塞いで堪えるのみやむことを 忘れた雨の 雨音にせめて 孤独の便りをかき消して と懇願するぽち...
  • ネガティブのままでいい
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 闇の交錯
  • 闇の交錯急ぐのは負けるのと似ている中想いだけでは何一つ変わらない狂った幻影に取り憑かれてる中すぐに自由を放却して控えるな勇気で新鮮な行動を魅せてやれ気を遣ってる...
  • 〜闇と真実の扉〜
有沢祐輔さん
  • 詞「美しき人よ」
  • 美しき人よ 君の旋律は男たちの心を無意識に盗むから罪の蜜を垂れ流して男たちの陽を容易く陰に誘う 穢れ無き聖女の顔など嘘だと暴かれるのは最後の一瞬男たちは愚かだと...
  • 空虚ノスタルジア
どんぐりのさん
  • これも宿命百人の中選ばれし
  • いまさら 臨床結果が と言われてもいまさら 統計が と言われてももう流す涙は一滴も残ってはいません私自身にしてあげられることはわたしを大切に扱うことで大切な人に...
  • どんぐりしおり
クチキ&リュウさん
  • 老忍、礫の退四朗の巻4
  • 浅草花川戸町 七軒店老忍、礫の退四朗の巻?4死ねぬから ただ息をしているだけのことだ死
  • ネット文芸館 木洩れ日の里
タカマティーさん
  • 甘藷を叙す
  • 藷堀のひとり 祖父母の畑にて季語:藷堀夕暮の下宿を煮え来たる甘藷季語:甘藷自身にとって身近であること、経験的であることしか俳句に起せないというのは、きわめて健全...
  • 白玉楼への一里塚
ナレイさん
  • 唇あせて
  • ♪いのち みじかし恋せよ 乙女紅き くちびる あせぬ間に♪(ゴンドラの唄)若い頃は自分の 紅き唇に気づかない褪せて 初めて知る紅き くちびる「花のいのちは 短く...
  • ネガティブのままでいい
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 揺らぎを跨ぐ日々
  • 揺らぎを跨ぐ日々一人で過ごすのが気楽で良い中堂々と貫く事も出来ず騙り合い質が悪い不満だらけの八方美人一つの嘘が嘘を呼び塗り固めて少ない周囲を厄介な重りにする脅迫...
  • 〜闇と真実の扉〜
souyさん
どんぐりのさん
  • 疲れたら休む薄日の射す場所で
  • 今日は眼科受診の日でしたあいかわらず角膜の痛みはコンタクトレンズをしていないとむちゃくちゃ痛くて診察のときはレンズをはずし麻酔の目薬をさしてもらいます診察後はす...
  • どんぐりしおり
仮名吹(かなぶき)さん
  • 青空コーヒー
  • いつもの缶コーヒー一滴残さず飲み干そうと缶を180度傾けて天を仰いだら朝の青空がすかっと見えた知らなかったいつもの散歩道いつもの自販機の横で自分がこんな鮮やかな...
  • みんなの夜
タカマティーさん
  • 校庭の四季
  • 校庭を走る軽トラ 風の菊季語:風の菊校庭を走る軽トラ 末枯るる季語:末枯るる学校の校庭に咲く草花というのは、子どもに日本の四季を感じさせるという国民化のため、あ...
  • 白玉楼への一里塚
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 堕落のエゴイズム
  • 堕落のエゴイズム落魄れて人間性まで荒廃する中純白の芽は枯れ汚く変色する心暗がりのラビリンスを彷徨う中意地汚く蠢いて這い回り逃げて好機ごと無にし善意を打ち砕き気狂...
  • 〜闇と真実の扉〜
どんぐりのさん
  • 新米と一年分の汗届く
  • 一年が終わるんだなあと感じるときはいろいろあるけれどその最初が稲刈りの季節かな屋敷を囲んで西と東にある広ーい田んぼを叔父と叔母の二人だけでやっていて80歳近くな...
  • どんぐりしおり
クチキ&リュウさん
  • 老忍、礫の退四朗の巻3
  • 浅草花川戸町 七軒店老忍、礫の退四朗の巻3なあに、何処へ住もうと、どんな仕事だろうと、
  • ネット文芸館 木洩れ日の里
ナレイさん
  • ひとりで生きるということ
  • ひとりで 生きるということそれは吹雪の中に咲く 花を見抜くということひとりで 生きるということそれは流した涙を一滴も 無駄にはしないということひとりで 生きると...
  • ネガティブのままでいい
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん
  • 嘘偽りなき心
  • 嘘偽りなき心貶し褒めの錯乱させる狂気の中唸って逃げる間もなく捕らえる蒼白い不安の伝搬に圧される中有刺鉄線の如き待ち受ける明日襲い掛かる紅い牙が駈り堕とし割り切れ...
  • 〜闇と真実の扉〜
有沢祐輔さん
  • 詞「永遠に近い余白」
  • 虚ろに佇む蛍の夜の先に朝は来ず壊れた僕から零れ落ちる涙は枯れ果てた 長き沈黙にいつまで踏み止まるのか木々の騒めきは問い掛けるけど 千切れたページはとうに消え去った...
  • 空虚ノスタルジア
タカマティーさん
  • 彼岸明迄あと幾時
  • 保育所の裏口 彼岸花の影季語:彼岸花3ヶ月ぶりの更新です。彼岸の明けるまで、残り何時間というところでの投稿となりました。もしかすると、見てくださっている方の中に...
  • 白玉楼への一里塚

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

かおりさん: 南米コロンビアの常春の町・メデジンで日本語教師をしています。せつわえんさん: 一花と一期一会、癒され幸せを感じながら個性や表情を生かした独自スタイルの優しいいけばな伝えます。しるば(またの名を“なお”という)さん: 静岡県沼津市に住むしるばの日記です。 忙しい仕事の合間にいろいろチャレンジしています!(^^)!
かおりさんせつわえんさんしるば(またの名を“なお”という)さん
Takana Keiさん: 言葉の奥にあるもの。
3行の言の葉と写真で綴る
大切なあなたへ捧げる詩。関 節夫さん: 短歌アーティスト・関 節夫の公式ブログです。たましいの叫びと癒しをお届けします。sowyoshizatoさん: 作詞家・吉里爽の歌創りとレーベル経営、ベースボールラヴな日々。
Takana Keiさん関 節夫さんsowyoshizatoさん
xiroさん: やがて終わる世界に、がんばらないようにがんばります。[名なし猫 童話 詩 エッセイ 地味 謎 注目 アート]mikiさん: 大好きな彼のため
美味しい料理やおやつを少しでも沢山作って行きたいと思います!
綾妻さん: みそひともじに想いを籠めて あなたさまへの愛文 日々つらつらと更新しています。
xiroさんmikiさん綾妻さん

関連トラコミュ

  •  
詩歌つたない言葉こぼれた感情
詩歌つたない言葉こぼれた感情
心の詩詩、ポエム伝えたいことば。
心の詩詩、ポエム伝えたいことば。
自分らしく気まま生活!今日のココロ日常の小さなできごとを愛する生活
自分らしく気まま生活!今日のココロ日常の小さなできごとを愛する生活
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活Photo Blog 何でもブログ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活Photo Blog 何でもブログ
オールジャンル日記生きる上で大切なこと魂、心(こころ、ココロ)
オールジャンル日記生きる上で大切なこと魂、心(こころ、ココロ)
日記・ひとり言 なんでも話題最近の出来事日常
日記・ひとり言 なんでも話題最近の出来事日常
日記、ダイアリーひとりごと小さな幸せ
日記、ダイアリーひとりごと小さな幸せ
写真に言の葉をのせて・・♪短歌創作家の自分記録  
写真に言の葉をのせて・・♪短歌創作家の自分記録  
言葉の宝玉写真詩写真俳句(川柳)
言葉の宝玉写真詩写真俳句(川柳)
小説同盟伝えたい詩・ことばこころの言葉
小説同盟伝えたい詩・ことばこころの言葉
ポエム(詩)前向きになれる言葉俳句
ポエム(詩)前向きになれる言葉俳句
俳句自分らしさ・オリジナリティー現代川柳・俳句・短歌
俳句自分らしさ・オリジナリティー現代川柳・俳句・短歌
いろんな形の恋愛 結婚
いろんな形の恋愛 結婚

新しく参加したメンバー

  •  

言の葉綴りトラコミュについて

  •