Short Story

  • トラコミュとは?
Short Story
いつもの生活の いつもの時間に 
ふと 小さなお話が ありますよね

そんな ポエムにするには 長すぎて
小説にするには 短すぎて。。
たくさん集まると すてきな 絵本が出来ますよ

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

hokulaniさん
  • マノアに架かる虹
  • フラを習っておられる生徒さんからお借りしました。美しい写真とアロハに生きることの素晴らしさが綴られています。フラダンサーにとってはバイブル的な一冊のようですね。...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 徒花
  • 安宅海岸に立ち寄りました僕の周りで、節目はいつも想い出に代わります今日という日もあの日と同様、想い出のひとつにしたいそう思ってここにやってきたわけではないのです...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 12.
  • 地元の男ふたりには帰る様子が全くない。知らず知らずに膝を揺らしている自分に気づく。貧乏ゆすりをしていたのだ。背広姿の男は吸いかけの煙草を灰皿に突っ込むとおもむろ...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • いとをかしひな祭り
  • 朝、起きてくるとテレビの横に飾ってありました。そうか、今日はひな祭りなのですね。 聞けば、こちらは家内の祖母の作品だそうです。祖母は、生前、紙や布でお人形を作...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 11.
  •  「スナック波奈」に着いたのは9時を少し過ぎた頃だった。扉の鐘の音を鳴らして店内に入ると、すぐさま、「いらしゃいませ」のハスキーな声が響いた。声の主である華と目...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 10.
  •  食事が終わる頃になってようやく女将が部屋にやってきた。宿泊客への挨拶回りが長引いてしまったらしい。お食事の時間を見計らって客の部屋に挨拶に出向くのも女将の仕事...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
徳丸無明さん
  • マンガ・四コマ・『犬的生活』
  • 高橋秀実の『人生はマナーでできている』を読んだ。この本は題名どおり、マナーについてあれこれ考察するというノンフィクションなのだが、この中に「時間を守る」ことにつ...
  • 徳丸無明のブログ
三池走次郎さん
  • 錦織圭(にしこりけい)
  •    夏の錦織圭 ある夏の日、錦織圭の母が圭にパジャマを買ってきた。 錦織圭が聞いた。「夏、これけー?」               (ダレナンジャー2014.09/14)...
  • ダジャレ小話大事典
三池走次郎さん
  • 琴奨菊(ことしょうぎく)
  •    大関から陥落した琴奨菊 二場所連続で負け越して大関から陥落した琴奨菊が語った。「今年ぃ〜、厄(やく)」 (2017.01/20)【琴奨菊(ことしょうぎく)】
  • ダジャレ小話大事典
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 9.
  • 華からは、姉の生活ぶりについては多々聞くことが出来た。そのなかにはいくつか自分の知らない情報もあった。今後、捜索を続けていくうえでの足掛かりとなる情報だ。ひとつ...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 8.
  • 華はこちらに背を向け、食後のコーヒーを淹れている。少し喋り疲れたのか 今は大人しい。食事中は、他愛のない話で俄然 盛り上がった。酒や食の嗜好から仕事にまつわる事ま...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 7. 
  • 女に促されるままカウンターの席に腰かけた。5,6人、座れれば満席になるカウンターだ。その上には小さなスリガラスの灰皿とメントールの煙草がひと箱が置かれている。灰皿...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 5.
  • 姉の部屋を出ると空は一段と高くなっていた。コンクリートの路面が明るく照らされている。漆田は徒歩で帰途すると村井に伝えた。街なかを歩いてみようと思ったのだ。街なか...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 6.
  • 「湯涌温泉入口」というバス停留所の前に来た。横手には街の案内図が設置されている。道路を挟んで向かいにバスのロータリー。この停留所を起点に道が左右に分かれている。...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • いつかのクリスマス・イブ
  • 玲子から電話があったのは午後の9時を少し過ぎた頃だった。高2の時から付き合っていた3つ年上の彼と大喧嘩し、たった今 別れてきたと言う。酷く落ち込んだ様子で このま...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 4.
  • 姉は依然と姿をみせていない、そう倉西は言っていた。笑顔で迎えてくれるかもしれないという、宿に着くまでの淡い期待はものの見事に打ち砕かれた。しかしながら、漆田には...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
松皮注さん
  • 新手ウイルス「ランサムウェア」流行中
  •  ある家庭のスジの話。「ママ〜」「なあに?」「『ランサムウェア』って、なに〜?」「……」「『ランサムウェア』って、なになに〜?」「……」「ケッ!だまってるってこ...
  • 風刺チップス
松皮注さん
  • 警察は尿とお茶を間違えるのか?
  •  ある会社のスジの話。「社長」「なんだい?」「ASKAが警察に尿検査された時にお茶を提出したって言い張ってますよね」「そのようだな」「警察でも尿とお茶を間違えるんで...
  • 風刺チップス
松皮注さん
  • おんな城主のはずの井伊直虎は男だったのか?
  •  NHKのスジの話。「会長」「なんだ?」「井伊直虎は実は男だったという史料が出てきちゃいましたけど」「……」「まずいんじゃないですか?来年の大河は『おんな城主』じ...
  • 風刺チップス
松皮注さん
  • 姫路城に攻めかかる自衛隊員
  •  姫路城の近くの家族のスジの話。「パパ〜」「なんだい?」「ジエータイのヒトタチがヒメジジョーでサバゲーやってるよ〜」「あれはな、掃除してるんだよ。すす払い」「い...
  • 風刺チップス
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 3.
  • ロビーは客室棟へと続く廊下の手前にあった。籐製の衝立てにより仕切られている。12畳程度の、その決して広くないその空間には、大きな木目調のテーブル、そしてそのテー...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 2.
  • 「お目覚めでしょうか」襖の向こうから女の声がした。「あ、どうぞお入りください」漆田は声の主に入室を促す。立膝で入ってきたのは大柄で気の良さそうな仲居。「今、お茶...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 雷雪の如く 1.
  • 大粒の霙(みぞれ)がフロントガラスを叩いている。金沢駅を降りてタクシー乗り場へと向かう途中に降りだした雨は霙に変わり、今また急に降りが強くなった。ボンネットに打...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 夜の湯涌
  • 湯涌温泉の夜を歩きました。雪洞の灯りが情緒を醸し出しています。9月の週末には「夢二NIGHT」と銘打ったイベントがありました。アカペラ・コンサートも催され、屋外のカ...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • かなざわ 玉泉邸
  • 金石の本龍寺で父の3回忌のお参りを終えた後、「かなざわ 玉泉邸」で会食しました。外は土砂降り。道路はそのせいもあってかなりの渋滞でした。道を行く観光に来られてい...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 静明寺
  • 材木町へウォーキング。静明寺に立ち寄りました。徳田秋聲の家の菩提寺としても知られ、秋聲の小説にも登場する法華宗の寺。昭和57年に東京で亡くなった秋聲の骨がここに...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • おでかけランチ
  • ANAクラウンプラザホテル「カスケイド」のランチビュッフェにお出かけしました。石川産の食材を使ったお料理、とてもおいしかったです。茄子素麺なんてまさに金沢ならでは...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 夫婦善哉
  • 「茶処 善与門」草餅の善哉白山さんに次女の家族とお詣りした後、ここでお茶してお別れしました。出産前から今日までバタバタとした毎日を過ごしてきましたが、いきなり寂...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 医王山薬師寺、湯涌稲荷大明神
  • 週末、お昼時の湯涌。今日は清々しい日になりました。御影石がスクリーンになって参道へと続く石段を映しだしています。この石の向こう側にはもしかすると天界へと続く?本...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 凛として
  • 陸上競技場の前の公園に寄りました。おばちゃん数名が花壇の手入れをしていました。少し期待していたのですが、残念ながら見頃はとうに終わっていました。見頃・・って、お...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
CAT I LOVEさん
  • Original Short Story  〜イヴの奇跡〜
  • クリスマスイヴに贈られる夢のようなクリスマスプレゼントイヴの夜、ある初老の紳士がカーディーラーのショールームを訪れ、クルマの注文をします。そこにおける一部始終を...
  • わが家の猫10人兄弟がお勧めするお買い得情報
hokulaniさん
  • 麵屋 達
  • 「麵屋 達」の杜の里店に行きました。当店に一番近いラーメン屋さんです。注文したのは「魚介豚骨ラーメン」 魚介と豚骨の旨みが凝縮していて美味しかったです。このタイ...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
スコーピオンZさん
hokulaniさん
  • 木香ばら
  • 木香ばらの蕾が膨らんできました。早生まれの蕾はすでに開いています。毎年、ゴールデンウィークの最中に満開を迎えますが、今年は少し早いようです。木香ばらの花言葉を調...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!
hokulaniさん
  • 埴生護国八幡宮
  • 小矢部の埴生護国八幡宮に行ってきました。源氏の武将、木曽義仲が戦の勝利を祈願した古社です。祭神は八幡の大神。勇ましい姿の義仲像。源氏の一行が戦のさなか、山中で八...
  • カフェ マグノリア へ ようこそ!

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

トゥーサ・ヴァッキーノさん: 幸せってなんだろう?

100人の登場人物による
新感覚ショートショート長編!hokulaniさん: 癒しサロンのオーナー兼セラピストの徒然日記。もくれんの創作小説&詩篇集 しげさん: うつパニック障害発病。生活保護受給中。愛犬と2人暮らしの日々。刹那に綴っているtwittな話かな?
トゥーサ・ヴァッキーノさんhokulaniさんしげさん
サコダアートさん: 日本画・洋画・版画の販売や買取、展示会の開催、作家潤inoue.作品の取り扱いなどを行っております。月あかりの森さん: 朗読・一人芝居とドール・アート。

言葉と人形の織り成す世界へようこそ。

徳丸無明さん: 雑文、マンガ、イラスト、その他
サコダアートさん月あかりの森さん徳丸無明さん
Cocoさん: * こころで描く 絵のない絵本 こころに優しい物語 * 鳳凰-40- ( HOWOW-40- ) 新曲[MV]解禁さん: 世界(主に紛争地域)を放浪しつつ音で絵を描くピアニスト。四季彩を感じる美しき多次元世界へようこそ。山田昇市郎さん: 自作の超短編小説を公開しているブログです。
Cocoさん鳳凰-40- (
HOWOW-40- )
新曲[MV]
解禁さん
山田昇市郎さん

関連トラコミュ

  •  
言の葉綴りつたない言葉伝えたいことば。
言の葉綴りつたない言葉伝えたいことば。
心の詩詩、ポエム創作家の自分記録  
心の詩詩、ポエム創作家の自分記録  
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活日常の小さなできごとを愛する生活Photo Blog
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活日常の小さなできごとを愛する生活Photo Blog
オリジナル小説サーチ!コミュ☆自作小説!!オリジナル小説発表
オリジナル小説サーチ!コミュ☆自作小説!!オリジナル小説発表
短編小説何でもトラックバックOKブログの記事、ブログの話題
短編小説何でもトラックバックOKブログの記事、ブログの話題
何でもブログオールジャンル日記日記・ひとり言 なんでも話題
何でもブログオールジャンル日記日記・ひとり言 なんでも話題
ひとりごと日記、ダイアリー小さな幸せ
ひとりごと日記、ダイアリー小さな幸せ
ポエム(詩)いろんな形の恋愛 結婚写真にことばを添えて
ポエム(詩)いろんな形の恋愛 結婚写真にことばを添えて
こぼれた感情花鳥風月面白い俳句 川柳 短歌 ポエム 詩 
こぼれた感情花鳥風月面白い俳句 川柳 短歌 ポエム 詩 
こころの言葉俳句オリジナル小説を紹介しよう!
こころの言葉俳句オリジナル小説を紹介しよう!
写真俳句(川柳)俳句写真に言の葉をのせて・・♪
写真俳句(川柳)俳句写真に言の葉をのせて・・♪
詩歌伝えたい詩・ことば小説同盟
詩歌伝えたい詩・ことば小説同盟
現代川柳・俳句・短歌
現代川柳・俳句・短歌

新しく参加したメンバー

  •  

Short Storyトラコミュについて

  •