和歌

  • トラコミュとは?
和歌
和歌に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックしてください。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

かんみさん
  • 風のうしろめたさに
  • 先週、庭の枝垂れの白梅が満開を迎え、窓を開けるとほのかに香りが届くようになりました。ところが、良い季節だなあと思っていたのもつかの間の出来事。その後は強風の日が...
  • 初冠
かんみさん
  • 柞(ははそ)の色
  • 撮影:あめまん(写真素材ぱく...続きを読む >>
  • 初冠
桜田史弥さん
  • 林原美術館(岡山市北区)
  •  平安時代に編まれた初の勅撰(ちょくせん)和歌集「古今和歌集」の古写本「清輔(きよすけ)本」を江戸時代の岡山藩主・池田光政が書き写した完本2件が林原美術館で発見され...
  • 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
かんみさん
  • 九月十三夜
  • 今年の十月十三日の夜は陰暦九月十三夜、後の名月にあたります。陰暦八月十五夜の月を鑑賞する、いわゆる中秋の名月はよく知られた風習ですが、それと同様に陰暦九月十三...
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
かんみさん
  • 萩の露
  • 画像:続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 八月十五夜
  • 今宵は陰暦八月十五夜、中秋の名月にあたります。 続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 秋来れば野もせに虫の織り乱る
  • この頃になると、日暮れと共に我が家の庭のそこかしこで鈴虫などの様々な虫達が鳴き始めます。さあ、秋の開演だと言わんばかりに。...続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
かんみさん
  • 夕づつの星
  •  画像:写真素材足成   右上の白い点は金星 続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
かんみさん
  • 久方の月人男(つきひとおとこ)
  •  本日は新暦7月7日、七夕です。七夕というと現代では夏のイメージがありますが、旧暦七月七日は今年で言うと八月九日に当たり、季節の区分としても秋となります。&nbs...
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
  • 好忠の夏の歌 その二
  •   ※「好忠の夏の歌 その一」から続いて、第二回です。   続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 好忠の夏の歌 その一
  • 夏の歌と言えば曾禰好忠(そねのよしただ)。それ位、私には夏の歌の印象が強い歌人です。和歌において四季では春と秋にとりわけ関心が寄せられる風潮があり、例えば三代集...
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
かんみさん
  • 「思はぬ方」について考える
  • 『蜻蛉日記全注釈 上巻』(柿本 奨氏、角川書店 、1966年)を読んでいて、おやと思うことがありました。今後解釈したい部分と関わるものなので、検討したことをこちらに書...
  • 初冠
かんみさん
  • 梔子こぼれ話
  •  八重咲きのコクチナシ。花径は約5cmほど、葉も梔子に比べ小さいです...続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 梔子(くちなし)の染め色
  •  空気もジメジメとして肌にまとわりつくようなこの時期、庭の梔子(クチナシ)の...続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 昼の月
  • 青空にぽっかりと浮かぶ月を見つけて、幼い頃、昼に月が見えるのが不思議で仕方なかったことを思い出しました。お月様は夜のものだと思っていたのです。でも長じて太陽との...
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
  • 平安朝の和歌に見る夜の桜
  • 以前、元輔の歌を見ていた折、人が夜桜、夜に桜を眺めるようになったのはいつの頃からなのだろうと思いました。平安時代位までの和歌を見たところ、夜に桜を眺めている歌で...
  • 初冠
かんみさん
  • 卯の花こぼれ話
  • 「夏の到来を告げる卯の花」から、卯の花に関するこぼれ話を少々。前回の記事内容を踏まえないと分かりづらいと思いますので、ぜひそちらもあわせてお読みください。...続...
  • 初冠
かんみさん
  • 夏の到来を告げる卯の花
  •  写真素材足成卯の花(別名:空木 ウツギ)※アジサイ科ウツギ属本日5...続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 春と夏に咲きかかる藤の花
  •  写真素材足成四月下旬〜五月にかけて見ごろを迎える藤の花。辺りには甘い香りがた...続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 花の陰たたまくをしきこよひかな
  • 公忠の詠んだ南殿の桜に続いてもう一首、私の好きな桜の散り敷いた光景を詠んだ歌をご紹介します。 続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 桜散る水の面には
  • 桜は散り落ちてからも目を楽しませてくれます。水面に浮かぶ桜の花びらもまた、見事な景色の一つですね。そんな景色を留めておきたいと思うのは、いつの時代も変わらないよ...
  • 初冠
かんみさん
  • 雨降れば色去りやすき花桜
  • ちょうど街の桜が満開になったと思ったら、雨が二日続きました。まだ散ることはないけれど、これでは見頃を迎えたばかりですぐに傷んで色が悪くなってしまうなあとハラハラ...
  • 初冠
かんみさん
かんみさん
  • 京都御苑の染殿井と縣井
  • 「京都御苑の桜」からの続きで、染殿井と染井、縣井(あがたい)の紹介です。 続きを読む >>
  • 初冠
かんみさん
  • 春の田打ちによそえた恋心
  •  写真素材足成    辛夷すっかり暖かくなり、辛夷(こぶし)や白木蓮の花が咲いてい...続きを読む >>
  • 初冠

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

ひなさん: 日本舞踊と長唄を通して、和の世界を楽しんでいます。碧さん: 月を詠んだ歌を中心に、じぶん好みの古典和歌を紹介していくブログです。ときどき自作短歌も詠んでいます。seijinさん: 日本が嫌いな方は閲覧禁止です。また良い子のお嬢ちゃん、坊ちゃんはスルーしてください。
ひなさん碧さんseijinさん
ゐせこさん: 情熱的で、意外とおちゃめ☆な万葉集をひたすら超訳。ライトに、時には深く切り込みます。畝源三郎さん: 本の紹介・書評を中心のブログです。ジャンルは小説,新書,歴史,科学,技術・工学,エッセイ・・・多ジャンルに亘ります。玉坂めぐるさん: 「顔に見えるもの」の写真集ブログ。2000点を越えました。。。「落語台本」の話題も少しだけ。
ゐせこさん畝源三郎さん玉坂めぐるさん
kazuさん: 源氏物語や伊勢物語の和歌や万葉集・百人一首等の古典和歌をわかりやすく紹介しています。どんぐり*ころころさん: [英語+日本語]絵本・児童書読み聞かせの記録^^2人の子どもとコロコロ笑って過ごす毎日。レフさん: 世界を31文字に変えてやるぜ!ただし数をかぞえるのは苦手みたいなっ
kazuさんどんぐり*ころころさんレフさん

関連トラコミュ

  •  
社会問題 現代川柳・俳句・短歌詩、ポエム
社会問題 現代川柳・俳句・短歌詩、ポエム
伝えたいことば。短歌詩歌
伝えたいことば。短歌詩歌
絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学歴史読書好き集まれ〜
絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学歴史読書好き集まれ〜
オススメ本本が好き。書評、レビュー
オススメ本本が好き。書評、レビュー
読書書物、書籍、本テレビ番組(TV番組)
読書書物、書籍、本テレビ番組(TV番組)
ブログの記事、ブログの話題何でもブログ日本史(日本歴史)
ブログの記事、ブログの話題何でもブログ日本史(日本歴史)
歴史好き (ジャンル不問)本・感想・評論・レビュー小さな幸せ
歴史好き (ジャンル不問)本・感想・評論・レビュー小さな幸せ
創作家の自分記録  花鳥風月こころの言葉
創作家の自分記録  花鳥風月こころの言葉
伝えたい詩・ことば言の葉綴り♪生きると言うてくてく歩き旅の途中で
伝えたい詩・ことば言の葉綴り♪生きると言うてくてく歩き旅の途中で
やさしいきもち俳句つたない言葉
やさしいきもち俳句つたない言葉
心の詩前向きになれる言葉俳句
心の詩前向きになれる言葉俳句
写真俳句(川柳)小説同盟こぼれた感情
写真俳句(川柳)小説同盟こぼれた感情

新しく参加したメンバー

  •  

和歌トラコミュについて

  •  
  • テーマ名:和歌
  • 管理人:kazuさん
  • カテゴリー:ポエムブログ
  • 参加メンバー:19
  • トラックバック:253
  • テーマ作成日:2005/03/24(木) 22:28