詩詞180703・・
トーナメント・テーマ
詩あるいは詞を
 短歌を
 俳句を
 あるいは詩をめぐるエッセーを
参加カテゴリー
ポエム, 哲学・思想, その他

参加メンバー一覧

  •  
お萩/篠有里さんのプロフィール退会されましたAlpenさんのプロフィール゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんのプロフィールpoÉmiさんのプロフィール戸田聡さんのプロフィール
お萩/篠有里さん退会されましたAlpenさん゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さんpoÉmiさん戸田聡さん
獅子鮟鱇さんのプロフィール
獅子鮟鱇さん

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

参加記事一覧

  •  
  • 雨音の思い出
  •                 吟遊詩人
  • アルペンの森
  • 深遠なる女の秘め事・男の幻想
  • フリードリヒ・ニーチェから強い影響を受け た思想家で、フランスの著名な哲学者である ジョルジュ・バタイユの有名な言葉に: エロティシズムは死にまで至る生の称揚(しょうよう)である というのがある。 有り体に言えば、性愛の快感に身を委ねられ るなら死んでもいい、と
  • きっと不倫の恋も恋だから  不倫の作法
  • 一七令(宝塔体)・音
  • 一七令(宝塔体)・音 2018.07.04 -51234.  音,響美,人欣,聽仙樂,仰星雲。天姿入眼,玉指彈琴,繆斯來藝苑,會衆喜光臨。神媛笑顏將賣,教材醇酒堪斟。美醉當然求韻事,高歌自若忘塵襟。. 音, 響き美しく, 人は欣び, 仙楽を聽き, 星雲を仰ぐ。 天姿 眼に入
  • 獅子鮟鱇詩詞
  • (再々)Symptom 201670217(№75)(お萩)
  • (写真:萩沢写真館) 文章5  有線放送のBGMがニュース番組の音声と重なり、奇妙な不協和音を生み出していた。それは、そこで診察を待つ患者と、彼らの付き添いや医者、受付の事務員らとの「それ以上歩み寄ることのできない境界」が接して起こる“きし
  • 萩沢写真館 with 「街を歩く」
  • モザイク
  • 透明な液体の波紋の様な 或いは、 琥珀色の冷たい紋様の様な 君は、 どこもまでも自由で どこまでも残酷で どこまでも愛おしい 深く入り込んで迷う森の中で やっと見つけた楽園の 秘密は、 限りなく儚く 飾られた空虚のモザイク どこに どこで 誰が 誰を 失くしたピース ひと
  • Voice of the heart
  • 「現象として」
  •    現象として  神の前で精いっぱい隠し事をせず罪を認め罪人であることを認め思いつく自分の欠点を告白し赦しを求めて癒やしを与えられた人間は 人の前でもあからさまに嘘を吐くことは出来なくなるだろう。あからさまに悪意で行動することも控えるだろう。あからさまに
  • ウソの国―詩と宗教
  • 絶命の輪舞曲
  • 絶命の輪舞曲良くしても良くしても逆戻りして度重なる悪化で軌道に乗り切れず次々と鎮められない不安が襲って乱れ止まない全身が悲鳴を上げる日毎の調子に能率が左右される中逐日に悪くなって退廃が止まらず限界が迫るようで悠長に出来ない全ての積み重ねが足を引っ張る中手本
  • 〜闇と真実の扉〜